無料レンタル
京草子 雅な京都絵日記時々詣で

「舞少納言の難波詣で第十三段の巻き」

久しぶりの難波詣で~~~今日は女子会なので~~す。
難波といっても梅田なんで・・・・ちょっと力が入ります。
極め込んでドレス


谷町線に乗って谷町6丁目で下車してルアイさんへ。
IMG_8477_20170326182345417.jpg

前回に訪問したものの早すぎてナポレオンパイを見逃した!のでリベンジです。
定番ナポレオンパイをGET
4月の福井武生訪問の際に着付けの先生へのお土産としてお渡しする品を物色しにというのは名目で久しぶり~~~
「上本町」へ。

7・8年くらいこちらで住んでいました。
市内ですが、お寺が多くて意外と住みやすいんですよ。
IMG_8482_20170326182400ddc.jpg
まずは「パリゴ」さんからせめます。
IMG_8483_20170326182404bf2.jpg

食べログ順位ではそんなにランキング高くないんですが舞は好き
デニッシュ系とハード系のバランスがいいんです。

まずは土日祝限定アップルパイこのサイズなら納得のお値段

抹茶のディニィシュ

キャラメルのディニィシュ

あとは気になったパンをGET
IMG_8478_20170326182350a9d.jpg
IMG_8480.jpg
IMG_8484_20170326182408203.jpg

その足で上本町の名店「なかたに亭」さんへ。
チョコレートが美味しいと評判のお店、ブログ始めてからは初めての訪問~~~
チョコケーキって重くてあんまり食べられないし・・・・・・HPで他のケーキが美味しそうだったので再訪問!!!
IMG_8485_20170326182412fcb.jpg

この時期はやはり苺~~~
お店の情報は【こちら】


実は朝からいきなり砂糖をとりすぎないように、少し前野菜を食べました。
IMG_8486.jpg

IMG_8487_201703261824242e4.jpg
IMG_8488.jpg
IMG_8489.jpg
ルアイさんのナポレオンパイ
出来たてホヤホヤ~~~パリパリ&サクサク&苺の酸味とカスタードの甘さ~~~~超あいかわらずの美味しさ~~~

IMG_8490_20170326182437f37.jpg
これ美味しい
IMG_8491_20170326182441bd2.jpg
IMG_8492_20170326182445bd5.jpg
ナカタニ亭のイチゴのミルフィーユ&キャラメルプチシュー
苺は甘かったけど、パイはもう少しパリパリが好き~~~クリームもあっさり~~~舞はルアイが好き

この後、11:30から梅田のルクア10階「vivi verde」で女子会スタート~~~~

こちらはラッベットラオチアイの落合務氏監修のパスタ専門店前菜とパスタがついて2000円でお釣りがくる。
オチアイのパスタは本当に美味しい~~~こちらで味の再現は出来ているのかな??
限定30食の「一日の野菜パスタ」が気になるけどもうないかな???
IMG_8493_20170326182449ac2.jpg
前菜の盛り合わせ
IMG_8494_201703261824562d0.jpg
メインのパスタ
春野菜のオイルパスタ

お店の情報は【こちら】

女子会解散後は大丸梅田店と阪急百貨店でお買いものお買いもの~~~~

ヨドバシカメラでテレビをチェック!部屋のテレビPC内臓なんですが、おかしくなって受信できなくなってるんです。
もう潮時~ってかPCも潮時~~~~出費大

IMG_8495_201703261825020ab.jpg
IMG_8496_20170326182507ee9.jpg
IMG_8497_20170326182513f5d.jpg
IMG_8498_20170326182518666.jpg
パリゴさん
IMG_8499_20170326182524c18.jpg

ルアイさん
で帰宅後のおみや

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

武蔵国詣で衣紋道への道第一段

黒田装束店での装束体験を通して私もその道に携わりたい。
と思っていた所「待賢殿」の勉強会メンバーの募集を見て、これだ!!!
と思ったんです。

関西でも衣紋道を教えている所は沢山ありますが、せっかく技術を習得しても活躍出来る場所がなければ意味がありません。
その点待賢殿さんでは井筒さんとのコネクションで全国のお祭りに衣紋者として参加出来ます。

衣紋道を通じて人に喜んでもらいたい精進して頑張ります。

武蔵国詣で月1の勉強会の際には続編あり

テーマ : 歴史大好き!
ジャンル : 学問・文化・芸術

春は空のけしきのどかにて、うらうらとあるに

訳:春はなぁ~空の景色がのどかやねん。うららかやねん

それでもまだ寒さの残る
今日は天候に恵まれて青空です。

家の用事で京詣で~~~到着!!!
早々と用事を済ませ、7月に体験をお願いしている黒田装束店さんんへ打ち合わせに伺います。
メールではなかなか細かい所が伝えきれないので、それと調度品も見たかったのでお電話すると快く時間を作ってくれることになりました。
よかった!

黒田装束店さんの装束は「なえ装束」平安朝のお仕立てで、なめらかなで流線的な曲線が特徴です。
大好きです。
優美でなんか「はんなり」している様子がいかにも平安時代の雅を感じさせます。
現在なえ装束をされている体験所は少なく他はほぼ強装束です。
強装束は平安時代末期に鳥羽上皇(後白河上皇の孫)と源有仁が生地を厚くしたり、糊をきかせて着付けした装束以降主流となります。

すると着付けにも変化が現れます。
生地が重く、一人では着付け出来なくなり衣紋道という着付けを専門に行う者が現れます。
またそれより以前女性の場合は裳をつけてから上に唐衣を装着していたのが、生地が厚くなった事で唐衣を押える必要が出て着装が逆になりました。
男子の場合はその他の装着付属品の改良、また男女問わず中に小袖を着る様になりました。
IMG_8193.jpg
前日小物を製作しました。髪に付ける「総角結びの髪紐」です。
紐が短くて短い紫紐を繋げて繋げて、髪に結ぶ様に別紐をつけて作成しました。
平安時代の殿上童は髪を結い紐を結びます。
この髪形を美豆良といいます。
平安時代幼いうちは男子も女子も髪をのばし、少し成長すると男子は左右の髪を両耳の上で輪にして結っていました。
「美豆良」、「角髪」、「総角」などといいます。
古墳時代の埴輪の髪形といえばよくわかると思います。
輪にした後に残りの髪を下にさげるのを「下げ美豆良」といい、下げずに上で結ぶのを「上げ美豆良」といいます。


今回の京草子目的NO2
さて話をもとに戻して、黒田さまと打ち合わせ
まず

IMG_8205 - コピー
源氏物語竹河の玉鬘邸家女房姿の完コピーをお願いします。
すると大丈夫との事、後日画像を送信するようと承諾いただけました。

7月の体験汗衫は
「宿直装束」風の着付けにつまり、前記の裳をはずしその上に汗衫を着せてもらい両側の前みごろを後ろ前にしてから袿に重ねます。
これもご理解いただけて2パターンの装束を体験できそうです。
丁度七夕の頃ですから、「乞巧奠」用の小物を用意しようと思います。

で調度品を拝見出来ました。
IMG_8422_201703182146356a4.jpg

IMG_8423_20170318214641974.jpg

IMG_8424_20170318214649f52.jpg

IMG_8425_20170318214657d96.jpg

IMG_8427_20170318214706754.jpg

IMG_8428_20170318214714b64.jpg

IMG_8429_20170318214723ea4.jpg
すごく素敵優雅な屏風です。京都御所にでも飾ってもおかしくないでき!ぜひ用意していただきたいけど・・・・・・。
その時にお願いするかどうかは予算次第・・・・・・・・かなし。

打ち合わせが終わり丁寧に(自分ではそう思っているが・・・)お礼を言って失礼しました。
IMG_8260.jpg
IMG_8261.jpg
京都御苑の黒木の梅丁度満開
IMG_8245_201703182150145d3.jpg
IMG_8246_20170318215019016.jpg
IMG_8247.jpg
IMG_8250_20170318215027f9f.jpg
IMG_8253.jpg
IMG_8255_201703182150362b5.jpg
IMG_8255_201703182150377d0.jpg
IMG_8259_20170318215042631.jpg
今年は春が遅かったのでまだ梅が楽しめますね。

さて昼食はプチ腹ごしらえ以前から気になっていた「フリッツケイ」さんへ。
途中で軽くカップ野菜スティック&野菜ジュースをいただきます。
IMG_8430.jpg
フリッツケイさんは簡単にいうと揚げピザ天門店で以前テレビでとりあがられていて気になっていましたが未来店でした。
今回はアフタヌーンビュッフェの為に軽めにこちらに訪問!
ナポリ伝統のピッツァの一つである「揚げピッツァ」
大変こだわりのあるお店で特に生地に手間暇をかけているそうです。

なににしようかな???シンプルにマルガリータ・メキシカンも気になるし・・・・・・・・・・・NNN~~~ん
「フンギ」にしました。
きのことハム、チーズです。
IMG_8431_20170318214740996.jpg
IMG_8433_20170318214806e10.jpg
生地がもちもちで表面はサクサク中はもちもち美味しい~~~
美味しい!せっかくならランチをしてほしい~~~~夜はバールで食事もできるようです。

お店の情報は【こちら】

ここから京都駅へ。
今回の京草子の目的3 苺ビュッフェ

3月といえば苺の季節
この時期ホテルで行われるスイートビュッフェ「苺」となるとなんだか行きたいモード点滅
4月にはセンチュリーで予約済みですが、3月訪問時にもチャレンジしてみます。
IMG_8436_201703182156034da.jpg
IMG_8439_20170318215610716.jpg
IMG_8441_20170318215616429.jpg
事前にグランディア京都のHPでアフタヌーンティービュッフェを予約しました。
IMG_8442_201703182156224ef.jpg
IMG_8443_2017031821562874b.jpg
「カフェルタン」

こちらは約1時間の短め設定 効率良く食べないとね。
Very! Lovely! Strawberry!


ここでビュフェ鉄則
苺は勿論軽食もちゃんとありますよ。

朝昼は軽めにすませておきました。
①まずは軽食コーナーへ
絶対苺ゾーンは混むので時間がもったいない!!!先に空腹時の胃に負担の少ない物を摂取
IMG_8444_20170318215646b4d.jpg
IMG_8449_20170318215636f61.jpg
IMG_8445_20170318215654399.jpg
IMG_8447_2017031821570824c.jpg
IMG_8448_20170318215715d6d.jpg
IMG_8455_201703182202440b9.jpg


IMG_8460.jpg
果物の前に野菜をきちんと摂取

サラダから食事の血糖値を下げてくれます。

IMG_8452_20170318220441b72.jpg
IMG_8453_201703182204471ea.jpg
IMG_8454.jpg
いざ苺を!!!
女峰 
紅ほっぺ
さとのか?
IMG_8451_201703182211515ab.jpg
まずは苺三種を豪華に盛り付ける~~~食べ比べ~~~贅沢ですね。
美味しかったのは女峰
苺も品種で味が違います。甘くてジューシーだったのは「女峰」でした!!!

IMG_8456_20170318220615ab2.jpg
IMG_8457.jpg
IMG_8459.jpg
IMG_8461_201703182206379a4.jpg
軽いムース系を軽めに徐々にしっかりとした濃いめの苺スイートへ。
MYオリジナルデザートメイド

オリジナル苺パフェ
苺、アイス、ソフトクリーム、タルトショートケーキを乗せて

オリジナルベリーパンケーキ
パンケーキ、苺、ブルーベリー、アイス、ソフトを乗せて
苺ブリュレ / 苺とチョコレートのタルト /
チョコレートムース 赤いフルーツとクリームチーズのクネル /
苺のタルト / 苺とアーモンドの焼き菓子 /
ヨーグルトのムース 苺のソースと共に

パンケーキ / クレープ / プリン / 和菓子 /
アイスクリーム / ソフトクリーム / フルーツ

②カレーライス、寿司、パスタ、ポテトなどの炭水化物はさけるべし

途中であきない為にハンバーガーカレーをMYオリジナルメインで!
ハンバーガー / フライドポテト / カレー /
サンドイッチ / スープ / サラダ

③食事途中の飲料を最小限にすべし

消化を助ける為に珈琲系

④原価償却の高い苺単体、サラダ、沢山苺ののっているケーキをGETすべし。

腹パン後には伊勢丹京都店へ。
地下2階の食料品売り場
土井の志ば漬け本舗~~~試食品をたらふくGTE、甘さの次はしょっぱさでしょ。でしょ。
&桜フェスINKYOTO
IMG_8462_20170318220817a95.jpg

京詣で終了~~~帰宅後のおみやの数数


お知らせ 今後の平安装束体験予定 後半編

4月福井県武生 藤波亭十二単・重ね袿 桜と共にをテーマに

昨年は紅葉の時期にと思い計画していましたが
諸事情により中止、桜の時期にと考えて予約しました。

7月京都市    黒田装束店 汗衫 宿直装束体験 宮中行事乞巧奠
                       袿+裳 玉鬘邸家女房
            アスニー京都 狩衣 藤原行成

10月徳島県   社ノ森 十二単・重ね袿 重陽の節句

 

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

舞少納言の「茶草子二十三段」

まだ寒さが残る早春から本格的な春にかけて~~~~楽しいお茶の時間スタート

93)キャラメル&ラム フレバーティーティーバック ルピシア製

IMG_6655_20170225183707121.jpg

IMG_6656_201702251837131fb.jpg
袋を開けただけで香り立つラムの良い匂いに美味しさが伝わります。

IMG_6658_2017022518371729f.jpg
あふれてみました。
色からしてアッサム系かと思います。香ばしいキャラメルの甘い香りと大人なラムの香り美味しい~~~

お菓子はローソンのプレミアムシリーズ「リンゴとキャラメル」
IMG_4918_20170225184056542.jpg
IMG_4919_20170225184100ad4.jpg
合わないはずはないでしょう!鉄板の組み合わせ


94)THE AU LAIT ルシピア製BOP
IMG_8210_201703021102467a8.jpg
「テ オレ ティー」ミルクティーに合うブレンドされた紅茶です。
IMG_8211.jpg

葉はBPOでアッサムかセイロン系のブレンドかなぁ?
IMG_8214_201703021101558e2.jpg

溢れてみました。
濃い赤褐色、ミルクを流していただきます。
IMG_6621.jpg
IMG_6622.jpg

お菓子は石屋製菓の「美冬」ブルーベリー・柚子・ミルクチョコ
渋めの味が甘いチョコとよく合います。

95)UNION JACK ルピシア製 ティーバック
IMG_8215_20170302110250cc0.jpg
古典的なイギリス好みの葉をブレンドしたティーバック
IMG_8216.jpg

IMG_8217.jpg
IMG_8218.jpg
溢れてみました。
確かに味にくせがなくどんなお菓子とも合いそうです。
IMG_8194_20170302110814d60.jpg
お菓子はNYキャラメルサンド季節限定のストロベリーキャラメルサンド
IMG_8195.jpg
IMG_8196.jpg

やはりストロベリーとチョコの組み合わせは鉄板の美味しさ

96)ルイボスティー ピッコロティーバック ルシピア製
ベリー、アプリコットとハニーが甘く香るルイボスティー

IMG_8223_2017030318122969b.jpg
昨年の年末福袋に入っていた中から、選んでみました。
溢れてみます。
IMG_8224_20170303181233530.jpg
これがとても美味しい~~~甘さと甘酸っぱさがなんともいえずすごく美味しいです。
IMG_6623.jpg
IMG_6624_20170303181747257.jpg
お菓子は石屋製菓の美冬 マロン・抹茶美味しい~~~

テーマ : 紅茶、日本茶、中国茶、、ハーブティー
ジャンル : グルメ

枕草子の謎「平安時代後宮女房の姿」

平安文学の中で源氏物語と二分するベストセラー枕草子をチョコっと草子

枕草子

①なんで枕草子なのか?
文中にヒントとなる一節があります。

 宮の御前に、内大臣の奉り給へりけるを、「これに何を書かまし。うへの御前には、史記といふ文を書かせ給へる」などの給はせしを、「枕にこそはし侍らめ」と申ししかば、「さば得よ」とて賜はせたりしを、あやしきを、こよや何やと、つきせずおほかる紙の數を、書きつくさんとせしに、いと物おぼえぬことぞおほかるや。

つまり、内大臣(この内大臣が誰かはおいておりて)が中宮定子に紙を献上したので、中宮が清少納言に何を書いたらいいかと相談した所、清少納言が「枕草子」がいいでしょう。と言った事に由来します。
では枕とは?何を意味したのでしょうか?
いろいろな説がありますが、その前の「史記」(歴史書)からひっかけた説
つまり史記→敷き⇒枕
その他に夜に日常のあれやこれやを書いたそのままずばりの枕説などいろいろあります。

「世の中のはらだたしう、むつかしう、片時あるべき心地もせで、いづちもいづちも行きうせなばやと思ふに、ただの紙のいと白う清らなる、よき筆、白き色紙、檀紙など得つれば、かくても暫時ありぬべかりけりとなん覺え侍る。
本文に清少納言が「いやな事があっても良い紙と良い筆があれば気が晴れる。」的なニュアンスが含まれているので定子も清少納言の文学すきを知って下賜したと思われます。

さて源氏物語が物語であるのに対して枕草子は随筆集です。
なので文体に連続性はありません。
それゆえに各項目がいつ頃、記述されたのかあいまいさが残ります。
つまり、記述順番が年代ではなく、その内容も連続性がありません。

作者の感性がそのまま文体にあらわれ、あった出来事を記述したり、回想したりてんでバラバラです。


春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。(いとあはれなり。)
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。

頃は、正月、三月、四・五月、七・八月、九・十一月、十二月。すべてをりにつけつつ。一年ながら をかし。

と最初にある所を見れば
史記」→「四季 を意識したものとわかります。

②書かれたのはいつごろか?
また回想録としての記述が多いのも興味深いです。
もしこの草紙がまだ中宮定子の恵まれた環境であった後宮時代ならもっと栄華の時代を記述したように感じますが、なんとなく苦しい境遇の頃の話が多いのが気になります。
つまり中宮から下賜された紙はすでに中関白家が没落した後と推測されるのではと思わせるのです。
そうなると紙を献上した内大臣が伊周ではなくなる可能性があります。
清少納言の殿上人の記述は官職名が中心で本名で登場する人物は極めて少ない。
殿上人は年と共に出世して官職が上がるので、同じ官職でも違う人を指す可能性あります。
となると内大臣が誰か?

誰もが定子の近辺にいる内大臣はすぐに伊周だと確定するのですが、実は違う説も出てきます。

この草紙は、目に見え、心に思ふ事を、人やは見んずると思ひて、徒然なる里居のほどに、書き集めたるを、あいなく、人のため便なきいひ過しなどしつべき所々もあれば、きようかくしたりと思ふを、涙せきあへずこそなりにけれ。
清少納言が実家に里帰りしている頃に書いた。とあります。

伊周が内大臣であった頃は
正暦5年(994年)8月28日~長徳2年(996年)4月24日という極めて短い間です。
かつ草子の内容がどちらかといえば栄光の頃が回想の様に記述されているのでやはり伊周が政争に敗れた後とするのが妥当な気もします。
では内大臣は誰かというと
その後に長期間官職にあった藤原公季ではないでしょうか?
長徳3年(997年)7月5日~長和6年(1017年)3月4日
この時期ですと中宮定子が二条宮、職の御曹司に入った頃から梅壺へ移った時期や大進生昌邸で出産した頃で合うように思います。

③何故超自慢話が多いのか?
紫式部が嫌った清少納言
「清少納言こそ したり顔にいみじうはべりける人 さばかりさかしだち 真名書き散らしてはべるほども よく見れば まだいと足らぬこと多かり」
これは紫式部日記にある清少納言の評価です。ちなみにこの二人は同時に内裏にいたわけではありません。
紫式部が内裏へ上がった頃には清少納言はすでに出仕をやめていました。
なので式部は内裏での噂や枕草子などの話を聞き、そう評価したと推測出来ます。
この二人の女性の性格はどうやらまったく反対の様で、唯一の共通点は主人が特に重用していたという所でしょう。

わが心にもめでたくも思ふことを、人に語り、かやうにも書きつくれば、君の御ためかるがるしきやうなるも、いとかしこし。

では清少納言は何故こんなに自慢話を記述したのでしょうか?これはやはり確かに性格的な事もあるでしょうが、当時の定子のおかれた状況も大きくかかわっていると思われます。
後宮で一条天皇のみをたよりにしないといけない環境、中宮から皇后へ理不尽な扱いを受ける様子を清少納言は彼女なりに自慢話をあげる事で定子の内裏での華やかさを演出しようとしたのではないでしょうか?

しかしさすがに自分でも書きすぎたなと思ったのか、
されど、この草子は、目に見え心に思ふことの、よしなくあやしきも、つれづれなるをりに、人やは見むとするに思ひて書きあつめたるを、あいなく人のため便(びん)なき言ひ過ごしつつべき所々あれば、いとよく隠しおきたりと思ひしを、涙せきあへずこそなりにけれ

あんまり書きすぎたので、隠していたのに思いがけずに外に出てしまったと書いています。

左中将のいまだ伊勢の守と聞こえしとき、里におはしたりしに、端の方なりし畳をさし出でし物は、この草子も乗りて出でにけり。まどひ取り入れしかども、やがて持ておはして、いと久しくありてぞかへりにし。それより染めたるなめりとぞ。

これが内裏に出た理由です。


④清少納言の里帰りの秘密

内裏の女房が里下がりをするのはよくある話で、清少納言も頻繁に里帰りをしています。
しかしかなりの長期間に渡って内裏に帰らない時期がありました。

故殿などおはしまさで、世の中に事出でき、物さわがしくなりて、宮又うちにもいらせ給はず、小二條といふ所におはしますに、何ともなくうたてありしかば、久しう里に居たり。御前わたりおぼつかなさにぞ、猶えかくてはあるまじかりける。

例ならず仰事などもなくて、日頃になれば、心細くて打ちながむる程に、長女文をもてきたり。「御前より左京の君して、忍びて賜はせたりつる」といひて、ここにてさへひき忍ぶもあまりなり。人傳の仰事にてあらぬなめりと、胸つぶれてあけたれば、かみには物もかかせ給はず、山吹の花びらを唯一つ包ませたまへり。それに
いはで思ふぞ
と書かせ給へるを見るもいみじう、日ごろの絶間思ひ歎かれつる心も慰みて嬉しきに、まづ知るさまを長女も打ちまもりて、「御前にはいかに、物のをりごとに思し出で聞えさせ給ふなるものを」とて、「誰も怪しき御ながゐとのみこそ侍るめれ。などか參らせ給はぬ」

世の中騒がしくなりなんとなく定子から離れて里下がりが長引いている頃の話
実は関白道隆亡き後伊周が左遷されると太政官は道長が制します。
なんと定子の周りの女官の噂で清少納言が道長にとりいっているというが流れたんです。
これは道長の猶子源 経房(道長の妻の一人源明子の弟)と親しく交際していた事もあって時期も悪くて宮中にいずらくなったと思われます。
ちなみに枕草子を宮中に広めた人物がこの人です。

たんなるやっかみか陰謀か?主人の定子は清少納言に絶大な信頼を寄せていたので以降も大いに頼りにしたといいます。

三條の宮におはしますころ、五日の菖蒲輿など持ちてまゐり。藥玉まゐらせなどわかき人々 御匣殿など、藥玉して、姫宮若宮つけさせ奉りいとをかしき藥玉ほかよりも參らせたるに、あをさしといふものを人の持てきたるを、青き薄樣を艶なる硯の蓋に敷きて、「これませこしにさふらへば」とてまゐらせたれば、
みな人は花やてふやといそぐ日もわがこころをば君ぞ知りける
と、紙の端を引き破りて、書かせ給へるもいとめでたし。

⑤清少納言の和歌下手世説

枕草子では和歌にちなむ逸話が多く出てきます。
白き色紙(しきし)おしたたみて、「これに、ただ今覚えん古き事、一つづつ書け」と仰せらるる。

外に居給へるに、「これは、いかが」と申せば~

~などさは臆せしにか、すべて面(おもて)さへ赤みてぞ思ひ乱るるや。


その月、何のをり、その人の詠みたる歌は、いかに』と、問ひきこえさせ給ふを、かうなりけり、と心得たまふも、をかしきものの、ひがおぼえをもし、忘れたるなどもあらば、いみじかるべき事と、わりなう思し乱れぬべし。

「何か、この歌すべて詠み侍らじとなん思ひ侍るものを、物のをりなど人のよみ侍るにも、よめなど仰せらるれば、えさぶらふまじき心地なんし侍る。いかでかは、文字の數知らず、春は冬の歌をよみ、秋は春のをよみ、梅のをりは菊などをよむ事は侍らん。されど歌よむといはれ侍りしすゑずゑは、少し人にまさりて、そのをりの歌はこれこそありけれ、さはいへどそれが子なればなどいはれたらんこそ、かひある心地し侍らめ。露とり分きたるかたもなくて、さすがに歌がましく、われはと思へるさまに最初に詠みいで侍らんなん、なき人のためいとほしく侍る」などまめやかに啓すれば、笑はせ給ひて、「さらばただ心にまかす。われは詠めともいはじ」とのたまはすれば、「いと心やすくなり侍りぬ。今は歌のこと思ひかけ侍らじ」などいひてあるころ、庚申せさせ給ひて、内大臣殿、いみじう心まうけせさせ給へり。
夜うち更くるほどに題出して、女房に歌よませ給へば、皆けしきだちゆるがし出すに、宮の御前に近くさぶらひて、物啓しなど他事をのみいふを、大臣御覽じて、「などか歌はよまで離れゐたる、題とれ」とのたまふを、「さる事承りて、歌よむまじくなりて侍れば、思ひかけ侍らず」「異樣なる事、まことにさる事やは侍る。などかは許させ給ふ。いとあるまじき事なり。よし異時は知らず、今宵はよめ」など責めさせ給へど、けぎよう聞きも入れで侍ふに、こと人ども詠み出して、よしあしなど定めらるるほどに、いささかなる御文をかきて賜はせたり。あけて見れば、
もとすけが後といはるる君しもやこよひの歌にはづれてはをる
とあるを見るに、をかしき事ぞ類なきや。いみじく笑へば、「何事ぞ何事ぞ」と大臣ものたまふ。
その人の後といはれぬ身なりせばこよひの歌はまづぞよままし。
「つつむ事さふらはずば、千歌なりとも、これよりぞ出でまうで來まし」と啓しつ。

清少納言は和歌が苦手説があります。
苦手というかおそらく和歌の得意な一族としてのプレッシャーがあったのではないかなとおもいます。
父は梨壷の五人と呼ばれ、高祖父は夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを 雲のいづくに 月宿るらむで知られる歌人。
下手な和歌は詠めない。

ただ文中にこれは旨く詠めたという和歌もあります。
一番有名なこれ!
夜をこめて鳥のそらねははかるとも世にあふ阪の關はゆるさじ

テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー
ジャンル :

フリーエリア

プロフィール

mai syonagon

Author:mai syonagon
京都好き、歴史好き、ショッピング好き、温泉好き、グルメ好き。
凝り性な乙女座、A型、金星人、六白金星なわたしです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
宮仕え中につきお願い
宮中出仕中につき、更新は不定期となります。ご理解ください。 又、過去の記事を記載している為に掲載している季節と月日が合っていません。 季節は題名、カテゴリー別の方を優先し、過去分の月日は無視してください。
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ