2011-11-25

男山の峰のもみじ葉、さぞ名は立つや、さぞ名は立つや。

訳:男山の峰のもみじの葉じゃあないけど めっちゃ有名になるでぇ~2

京都の名所が紅葉の赤に染まる頃、いざゆかん京へ上らん。男山ではありませんが京都の紅葉名所に行きます。今年は少し見ごろが遅かったのでちょいと色付きが心配です。

今回は阪急の桂で下車して、「桂離宮」を特別拝観します。事前予約要、大好きな所です。

桂離宮は後陽成天皇の弟宮八条宮智仁親王が元和元年(1615年)頃に建築させた山荘です。
八条宮は一時期太閤秀吉の養子とし後継ぎとして考えたものの秀頼が誕生した為、宮家を設立し政治とは無縁の世界風雅に生きた人物でした。
その山荘をその子智忠親王が前田藩主の息女富姫と婚姻した事で財政的に豊かになった際、復興、増築しました。
寛文2年(1662年)に今の中書院、新御殿、月波楼、松琴亭、賞花亭、笑意軒等が完成します。後水尾上皇も離宮建築の際には行幸して参考にしたと言われています。
長く八条家の山荘であったのをその血筋が絶えた後、明治16年(1881年)宮内庁管理となり今日にでは私達も拝観出来る様になりました。

現皇室の皆さまも時折訪問し、お楽しみになるそうです。

書院内部は公開されていませんが、一部建物を外から拝観ながら歩くお庭は素晴らしくまさに「日本の美」に相応しいといえます。

桂離宮は建築物として海外での評価は高く、名高い建築家達は設計する建物を桂離宮の様式を取り入れたりもするそうです。
それはひとえにドイツの建築家ブルーノ・タウトの著書でその美しさを紹介した「日本美の再発見を」等で世界から注目された為でした。

ドイツ人20世紀初めに活躍したこの建築家は近代住宅建築の先駆者の一人であり、一時期日本に亡命し長期間滞在しジャポニズムに触れた数少ない文化人でした。
彼は桂離宮を「泣きたくなるほど美しい」と絶賛しました。
確かにこれほど完璧な美の集合体は多数の文化遺産を持つ古都でも飛びぬけているのは間違いありません。
IMG_9156.jpg
表門
現在の表門は皇族が訪問した際にしか開門されません。

IMG_9157.jpg

IMG_9160.jpg
離宮の周りは竹垣に囲まれた松林に苔、静寂と風雅が同居する場所です。
IMG_9159.jpg

IMG_9161.jpg
色ずく紅葉
IMG_9164.jpg
御幸門
IMG_9165.jpg

桂離宮の正門、普段は開門されず天皇上皇達が行幸した際に使用されたといわれる。その柱は丸太のまま加工されずに利用され茅葺屋根という風流な門です。後水尾上皇行幸時に建築されたといわれています。
IMG_9162.jpg
手前に御所車の車寄せがあります。
IMG_9166.jpg
まだ青紅葉
紅葉山
IMG_9176.jpg
外腰掛
茶席の際の待合場所、隣に砂のせっちん(御手洗い)があり、正面には島津家献上の蘇鉄山がみえる嗜好の庭。
IMG_9171.jpg
冬じたく中の蘇鉄
IMG_9174.jpg
その前には自然石と加工石を匠に配列させた石畳が続きます。
IMG_9177.jpg
洲浜
黒い小石を敷き並べえて浜の様に再現し先端に灯台に見立てた灯篭が置いてあります。
IMG_9179.jpg
天の橋立
遠い海に憧れ名所天の橋立を池を海に見立てて作られています。なかなか旅行できない時代です。その思いは大きかったのでしょう。この桂離宮にも海を感じます。
IMG_9238.jpg
松琴亭
IMG_9178.jpg
IMG_9181.jpg
IMG_9185.jpg
茅葺屋根入母屋造りの茶室です。襖絵が白と青の市松模様で斬新なデザインです。ここからの書院の眺めも素晴らしいですよ。
IMG_9190.jpg

松琴亭から書院と月波楼を望む。
IMG_9184.jpg

IMG_9198.jpg
賞花亭
IMG_9192.jpg

IMG_9193.jpg

IMG_9194.jpg

IMG_9195.jpg

IMG_9196.jpg

IMG_9197.jpg

IMG_9199.jpg

IMG_9202.jpg

桂離宮の一番の展望地にあります。上から桂離宮を見ている感じです。
IMG_9203.jpg

園林堂
持仏堂現在はなにも安置されていません。
IMG_9201.jpg
額は後水尾上皇筆です。

IMG_9204.jpg

IMG_9216.jpg
笑意軒
IMG_9205.jpg
額は良恕法親王筆です。
IMG_9206.jpg
IMG_9207.jpg
IMG_9213.jpg

IMG_9208.jpg
田舎風茶室その内部はとてもしゃれていて子舟をイメージした内装が本当に風雅ですね。
IMG_9218.jpg
古書院、中書院、新御殿。

IMG_9220.jpg

IMG_9223.jpg
古書院の前には月見台があります。ここからの庭の眺めは素晴らしいにつきます。桂離宮は月を眺める為の庭といってもいいでしょう。
IMG_9222.jpg

大海に映える満月の夜に月見台からそして子舟に乗り込み、灯篭の光だけで進む姿はまさに平安貴族の御遊びそのままにさぞ雅でしたでしょう。

IMG_9249.jpg
月波楼
IMG_9247.jpg

IMG_9226.jpg

IMG_9227.jpg

IMG_9228.jpg

IMG_9230.jpg

IMG_9233.jpg

IMG_9234.jpg

IMG_9235.jpg

IMG_9241.jpg
さざんか
を海に建物を船に見立て設計された茶室です。ここでもやはり海への憧れが感じられますね。
IMG_9243.jpg
御腰寄
書院の玄関口
一枚岩の沓置き場は6人の沓が置けるので「六つの沓」と呼ばれているそうです。
IMG_9244.jpg

IMG_9245.jpg

舟遊びや歌の会、月見など当時の宮の風流な遊びをしていたのだと想像すると本当に素敵です。
IMG_9242.jpg

IMG_9250.jpg

IMG_9251.jpg

IMG_9248.jpg
すべての行程を終えるとだいたい1時間ほどで終了します。

観光の情報は【こちら】

IMG_9252.jpg
中村軒

観光後は京都市内に向かい「パティスリーS」と近くのロトス洋菓子店でお菓子をGETした後はフレンチ ラ プレーヌ リュヌで予約ランチです。
IMG_9256.jpg

IMG_9257.jpg

IMG_9258.jpg

IMG_9259.jpg
二―ス風茶碗蒸し 天使の蝦
IMG_9260.jpg
牛蒡のスープ
IMG_9261.jpg
牛のアーモンドソース
IMG_9262.jpg
アプリコットのタルトとキャラメルとバニラのアイスクリーム
このところイタリアンが多かったのですが、久々のフレンチ!!!さてどんなでしょうか?

お店の情報は【こちら】

食後おなかいっぱいになった後は北山の京都府立植物園を訪問します。
IMG_9263.jpg

IMG_9264.jpg
IMG_9265.jpg
ここは良く紹介していますね。府立なので安いのですがとても広範囲に季節の花々が楽しめる植物園です。
今は菊と紅葉でしょうか?
IMG_9266.jpg

IMG_9268.jpg

IMG_9271.jpg

IMG_9273.jpg

IMG_9274.jpg

IMG_9276.jpg

IMG_9279.jpg

IMG_9282.jpg

IMG_9285.jpg

IMG_9288.jpg
IMG_9291.jpg
IMG_9292.jpg
IMG_9294.jpg

IMG_9296.jpg

IMG_9299.jpg

IMG_9301.jpg

IMG_9303.jpg

IMG_9309.jpg


IMG_9304.jpg

IMG_9310.jpg

IMG_9313.jpg

IMG_9318.jpg

IMG_9322.jpg

IMG_9323.jpg
観光後は北大路の嘯月で予約の和菓子と四条でケーキをピックアップします。

小君と祗園の辻利で待ち合わせて帰宅します。
IMG_9327.jpg
時計まわりでパティスリーS、ロトス洋菓子店の焼菓子
IMG_9328.jpg
中村軒栗まろ
IMG_9329.jpg

IMG_9331.jpg
IMG_9332.jpg
薔薇とフランボワ―ズのソースのムース
IMG_9337.jpg

ではいつものお茶会です。

スポンサーサイト

theme : 京都
genre : 旅行

フリーエリア

プロフィール

mai syonagon

Author:mai syonagon
京都好き、歴史好き、ショッピング好き、温泉好き、グルメ好き。
凝り性な乙女座、A型、金星人、六白金星なわたしです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
宮仕え中につきお願い
宮中出仕中につき、更新は不定期となります。ご理解ください。 又、過去の記事を記載している為に掲載している季節と月日が合っていません。 季節は題名、カテゴリー別の方を優先し、過去分の月日は無視してください。
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ