舞少納言と清少納言VS紫式部

舞少納言の私と清少納言殿は一条帝の中宮藤原定子様に仕える女房です…テレッ
女房といっても奥さんではありません。

平安の御世、女房というのは貴族の方々にお仕えする部屋付きのお世話係。
それぞれ部屋(房)を持っていたので、こう呼ばれています。

私は清少納言殿のお隣。キラキラ

さて私達がお仕えしている定子様は関白藤原道隆と北の方(正妻)の高階貴子三位の方の大姫様。
御従姉弟にあたる(関白様の妹君東三条院様と円融帝の間にお生まれになったのが、今上帝)一条帝の正妻様でいらっしゃいます。

良妻賢母といいますか、風流風雅な御方で一条帝の御寵愛この上ない御方でございますアイコン名を入力してください

その中宮様にお仕えするのですから、それは大変。
清少納言殿は清原元輔殿の御息女で、清原家は歌人を輩出した家柄だけに清少納言殿は古文、漢詩、和歌にたけた才女でおられます。

けれど栄耀栄華が極めた道隆様が亡くなると中宮様の身の上も不幸が重なります。
兄上の追放、母上の死家の没落と、叔父道家の姫彰子様が入内なさいます。
それでも一条帝の御寵愛が途絶える事はなかったものの、中宮の地位が追われむりやり皇后位をあたえられてしまわれます。
 本来中宮と皇后は同じ意味であり道長殿の屁理屈このうえない

その後ですが・・・・ここだけの話、とある某巫女に祈祷させ占わせた所・・・・汗
あまりの悲遇とたびかさなる出産の後、御崩御なされるそうでございます。
私は定子様の御産みになった内親王様にお仕えする事になるそうですが、清少納言様は喪が明けて宮中をさられるそうでございます。

その後は道長殿の世界、「この世をば 我が世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば」
などと詠むなどあつかましい限りでございます。

彰子様にお仕えしたのが、VS紫式部殿めらめら

紫式部殿は藤原北家に繋がる、いわば道長殿の遠縁
まあ道長様と道隆様の御兄弟なので、このあたり親戚喧嘩とももうしましょうか?
でいらした藤原為時殿の息女で、やはり才女でいらしたと聞きます。

 聞きますというのは、彼女の出仕は清少納言殿が宮中を退出されてから」なのでございます。
面識もないのに清少納言殿の事を日記で批判するなど性格に問題ありやなしや。
けれども彼女が書いた源氏物語はそのような事をなしにするくらい面白い物語でございます。

このような背景にて日々の京のありなしを「京草子」に書きとめて参ります。本








 





スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

フリーエリア

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 京草子 雅な京都絵日記時々詣で All Rights Reserved.