FC2ブログ
2019-11-02

源氏藤袴の会藤袴の葉を摘む



預けておいた紅染の単が仕上がったというので装束の加工を施すために材料を購入しに京都へ。
事前に在庫を確認してストックしてもらっていました。
田中染料店京都さんへ。
京都といえば伝統工芸品産業が盛んな町でもあります。

紅花染を中紅色で染めて装束を仕立ててもらいましたが、無紋の綾織なのでこのままではあじけない。
平安時代の色ゆるされぬはの方へのリスペクトとして型紙使用の染め物をしようと思案しました。
そこで紅花染と銀泥で模様をステンシルすることにしました。
染は冬に行うのがよいというので寒いうちに訪問です。

購入予定は
紅花500G
型紙2種類
泥絵用の絵の具か箔かラミネート
その他細々した必要な物を準備しました。

素人なので店員さんにいろいろ聞きながら材料を決めてゆきます。

お店の情報は【こちら】

DSC_0827.jpg

近くのパティスリーS
本当に久方ぶりモンブラン

センチュリーホテル京都
ランチビュッフェ

DSC_0828.jpg

ラジョウ

前回と同じ内容のメニュー
DSC_0832.jpg
DSC_0834.jpg

DSC_0829.jpg
DSC_0831.jpg
DSC_0836.jpg
DSC_0836.jpg
DSC_0837.jpg

【土日祝限定メニュー】
・フライドポテト
・ミニハンバーグ
・唐揚げ

その他
ドリンクあり


ここはオリジナルずくしで
割とコンスタントに入れてくれるのでお肉系は先にいっとく焼いて終わりって感じで後半になると出てこないので。
サラダにONでローフトビーフサラダ&野菜ずくし
並ぶのもローストビーフから時間的ロス解除で!!!



今日は源氏藤袴の会で藤袴の会で藤袴の葉を回収する作業に!!
革堂さんに集合
DSC_0840.jpg
DSC_0841.jpg
この刈り取った葉は乾燥させて香袋やお風呂の入力剤になります。
10月中旬に満開に咲いた藤袴の葉を摘んで乾燥させて保存する作業です。
DSC_0843.jpg
DSC_0844.jpg
いただきました。
これをさらに乾燥させて香袋にしてお装束に香りをうつします。
















スポンサーサイト



theme : 山野草
genre : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア

プロフィール

mai syonagon

Author:mai syonagon
京都好き、歴史好き、ショッピング好き、温泉好き、グルメ好き。
凝り性な乙女座、A型、金星人、六白金星なわたしです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
宮仕え中につきお願い
宮中出仕中につき、更新は不定期となります。ご理解ください。 又、過去の記事を記載している為に掲載している季節と月日が合っていません。 季節は題名、カテゴリー別の方を優先し、過去分の月日は無視してください。
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ