FC2ブログ
2019-11-01

舞少納言の大和詣で第十段

実は隣の県なのですが奈良意外と行きません。
今回は ご即位記念 第七十一回正倉院展

いくしかないでしょう!!!ヤフオクで券をGTEしてお得にチケット入手
午前は意外と並びます。
その前の前に奈良散策です。

まずは吉野行きの電車に乗り六田で降りてスイート巡りLa Pecheさんへ。
このド田舎なのに超人気店しかもお値段お手頃価格パンも美味しそうです。
IMG_5827_20191101205626d38.jpg
IMG_5828_2019110120563529b.jpg

ここでしかないそして舞好みのいろいろGET
噂のモンブランと🍎と🌰のタルト・赤のベリーとマスカルポーネーのタルト
焼き菓子いろいろとパンです!!
IMG_5829.jpg
ナッツのクロワッサン
IMG_5830_20191101205658651.jpg
IMG_5831_20191101205710fa9.jpg
IMG_5832_20191101205719d60.jpg
噂のモンブラン
2種類の和栗を贅沢に山盛りなんとオーダーしてからの盛り付けされる栗たちこれは速攻とすぐ食べました。
開けた瞬間から栗の甘い香りIN栗の波にさらわれてONTHE 栗

IMG_5833.jpg
アンバターこちらの餡はこしあん
少し薄い感じでよくいえば上品な・・・・・・。

お店の情報は【こちら】

吉野線から橿原神宮経由西大寺経由近鉄奈良へ
IMG_5835_20191101205740104.jpg
以前に訪問した奈良ならではの食品をはんばいしているお店。
酒粕とシイタケGET
IMG_5842_201911012057537fb.jpg
IMG_5841_20191101205802cfa.jpg

奈良公園のアイス
今日は暑い~~~

まずは正倉院の外構を見学
IMG_5844_201911012058148a8.jpg
IMG_5845_20191101205836b82.jpg
IMG_5846_2019110120584734a.jpg

途中の遺構
東大寺の建築物の跡でしょう。

実は初めて校倉造
屋根は寄棟造、瓦葺存する奈良時代の倉庫としてはもっとも規模が大きく奈良時代の「正倉」の実態を伝える唯一の遺構として、建築史的にもきわめて価値の高い建築物
IMG_5847.jpg
IMG_5891_20191101205925e1e.jpg
IMG_5895.jpg
IMG_5902_20191101205956ab4.jpg
IMG_5903.jpg

奈良・平安時代の中央・地方の官庁や大寺には,重要物品を納める正倉が設けられていました。
多くは消失し現在までは東大寺の正倉 北倉、中倉、南倉のみしか現存しません。

1952年に鉄筋コンクリート造の東宝庫、1962年には同じく鉄筋コンクリート造の西宝庫が完成し、翌1963年、宝物類はそちらへ移れ現在、宝物の大部分は西宝庫に収納、東宝庫には修理中の品や、西宝庫に収納スペースのない、大量の染織品が収納され、現在、勅封はこの宝庫に施されていいます。

ここにはまさにタイムカプセル
害虫止め、湿気や保存に適した建物、劣化もありますが、1300年以上前の品が保存され現在も目にできるのは貴重そして。
これらの品があることで失われた技術や研究が可能になるのです。
奈良時代の品がこれほど保存されているのはこの倉の構造がよかったというよりも。厳重に何箱にも封印されていたことが保存に役立ったそうです。

宝物の意匠や文様にはペルシャなど西アジア起源のものが多く、用いられている素材にもアフガニスタン特産のラピス・ラズリなどがある。ただし、宝物自体が西アジアで制作されたものは、ガラス器(白瑠璃碗、紺瑠璃坏)を除くとほとんど見当たらない。
つまり、西アジア風の意匠や文様をもつ宝物は、ペルシャなどから直接日本へもたらされたのではなく、中国や日本で異国風を取り入れて制作されたものばかり素晴らしい
IMG_5856.jpg
IMG_5854_20191101210053a66.jpg
IMG_5855_20191101210135525.jpg

IMG_5853.jpg
現在も封印されていますね。

IMG_5863_20191101210259089.jpg
IMG_5881_20191101212517e48.jpg
IMG_5882_201911012124535f6.jpg


IMG_5882_20191101212438703.jpg
IMG_5881_2019110121251901b.jpg

IMG_5872.jpg

IMG_5887.jpg
IMG_5837_20191101210648b89.jpg
IMG_5840_20191101210702ba0.jpg
IMG_5838_201911012118093cc.jpg

IMG_5836_20191101210558d65.jpg

IMG_5838_201911012118093cc.jpg

からの国立博物館へ。
756年(天平勝宝8歳)6月21日、光明皇太后は夫である聖武太上天皇の七七忌に際し、天皇遺愛の品約650点、及び60種の薬物を東大寺の廬舎那仏(大仏)に奉献し東大寺はその宝物をこの倉庫に納品します。

それらの宝物は時に使用されまたそのまま行方不明になったり戻されたりと今残った品々が現在も目にするとこができます。
とう

赤漆文欟木御厨子
正倉院の中で最も由緒のある厨子
飛鳥時代の天武天皇まで遡る天武天皇の遺愛の品でした。

質素なつくりのタンスですが飛鳥時代から奈良時代の歴代の天皇(天武天皇→持統天皇→文武天皇→元正天皇→聖武天皇→孝謙天皇)と天武系男系皇位継承者へ受け継がれ、孝謙天皇が東大寺に献納したことから大切にされてきたのがわかります。

この中に聖武天皇筆「雑集」、元正天皇筆「孝経」、光明皇后筆「楽毅論」、王羲之書法20巻、刀子、笏など天皇の身の回りの宝物が大切に納められていたそうです。

中に納められたていた尺
紅牙撥鏤尺 こうげばちるのしゃく
緑牙撥鏤尺 りょくげばちるのしゃく

一つの象徴な調度品です。

七條刺納樹皮色袈裟
聖武天皇遺愛の品の献納聖武天皇の仏教への帰依(きえ)を象徴する品
赤・青・黄・緑・茶などの平絹(へいけん)を不規則な形に裁ち、これらを刺縫(さしぬ)いの技法で継ぎ合わせて作られているそうです。

紅牙撥鏤尺
象牙を染め、表面を浅く彫って文様を白く彫り表す撥鏤(ばちる)技法で装飾された華麗なものさし。
金銀平文琴 きんぎんひょうもんきん
琵琶がよく出るのですが琴は久々?1999年以来です。

鳥毛立女屏風 鳥毛貼りの屏風
正倉院に納められた中でも一級品の屏風
昔はさらに華やかな装飾だったでしょう。

国家珍宝帳に記載される聖武天皇遺愛の宝物
女性の着衣などに鳥の羽毛日本特産のヤマドリの羽毛が飾られていました。
今日ではほとんど脱落してしまっており、三枚目の女性の肩部分にわずかに残る最大のメインです。
しかも六扇全部出品されますよん。

金銀山水八卦背八角鏡 きんぎんさんすいはっけはいのはっかくきょう
鏡ですね。細工が複雑で美しい

礼服御冠残欠 らいふくおんかんむりざんけつ
ご即位で被る礼服用の冠の飾りの再現に役立てられたそうです。
大仏開眼の際に聖武天皇・光明皇后が着用した冠の残存
すごく繊細な冠で大変高価。
礼服はすべてが豪華な細工がされているのでなかなか新調されずにぼろになっても着ていたのだそうです。
今年の御大礼は江戸時代までは唐風つまり中国風の衣装「礼服らいふく」で臨んでおられました。
その際に被っていた冠の装飾の一部です。

衲御礼履 のうのごらいり
礼服の靴
大仏開眼会にて、聖武天皇(当時は太上(だじょう)天皇)が履いたものと推測されています。

袈裟付木蘭染羅衣
羅という珍しい衣です。
縦糸で文様を描く古代からあった織物室町から昭和初期まではまさに幻の織物でした。
これらの織物があったおかげで羅の再現が昭和中期になり再現が可能になったのです。

天平宝字二年十月一日献物帳 藤原公真(藤原不比等)跡屏風帳
光明皇太后が亡き父不比等の真筆の屏風を納めた目録

「妾珍宝」と明言する父の直筆の屏風の目録
屏風は行方不明です。
不比等はメジャーな政治家ではありませんが、実は後の藤原氏断頭の基礎を築いた人物。
鎌足の方が有名ですが、実はメジャー化させたのは何を隠そう不比等なのです。
業績を盛ったんですね。
日本書紀で鎌足だけでなく天智天皇も持統天皇によって業績を盛られています。
二人の父の業績を日本書紀という正史で業績を盛っちゃった悪くいえば捏造しちゃったんですね。
と舞は妄想しています。



ありがとう光明皇后ありがとう東大寺編!!!

紺玉帯残欠 こんぎょくのおびざんけつ と螺鈿箱
奈良平安時代中期のは今のベルトタイプの帯で締めていました。
平安時代後期に装束が大きくなり、ベルトで締める事が出来なくなったために前を紐にして後に帯を垂らてうはめ込み式になったのだそうです。アフガニスタンが主産地であるラピスラズリを用いた紺玉帯は皇族あるいは高位の貴族の所持した最高級の帯と考えられています。
ラピスラズリは今でも霊力のある石として、守り石としてアクセサリーなんかに使用されます。

IMG_5674_20191015113756e72.jpg
このベルトが現在の石帯です。

このタイプのベルトは黒田装束店さんが再現されて束帯体験時に装着してくださいますが、かなり年季が入っていて現在の物で引退だそうで、その後は現在の前紐型の通用帯になる予定だそうです。

印籠蓋造の円形の箱。
ヒノキ材を轆轤(ろくろ)で挽(ひ)いて成形しており、表面には黒漆を塗布し、螺鈿や、小四弁花文などの伏彩色を施した水晶を用いて、唐花文様や雲、鳥を表しています

四分律 巻第二十三 しぶんりつ 光明皇后御願経

紫檀金鈿柄香炉今回はご即位という事で大変珍しい品が勢ぞろいでございました。

子日目利箒
箒ですよ箒しかも1200年以上も前の!!!!テンション上がる。


IMG_5906_20191101210747d50.jpg
IMG_5908.jpg



観光の情報は【こちら】

夕食はこれ柿の葉寿司
IMG_5909_201911012108208c0.jpg
IMG_5910_201911012108397c3.jpg
IMG_5911_201911012109035a6.jpg
IMG_5912_2019110121091900d.jpg
IMG_5913_201911012109336e9.jpg
IMG_5914_20191101210947e73.jpg
IMG_5915_20191101211001c44.jpg





スポンサーサイト



theme : 京都・奈良
genre : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア

プロフィール

mai syonagon

Author:mai syonagon
京都好き、歴史好き、ショッピング好き、温泉好き、グルメ好き。
凝り性な乙女座、A型、金星人、六白金星なわたしです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
宮仕え中につきお願い
宮中出仕中につき、更新は不定期となります。ご理解ください。 又、過去の記事を記載している為に掲載している季節と月日が合っていません。 季節は題名、カテゴリー別の方を優先し、過去分の月日は無視してください。
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ