FC2ブログ

武蔵国詣で 衣紋道への道第二十六段

先月は諸事情により不参加の勉強会
今月はどうにか末に参加出来ました。!!!
天皇時にカフェ兼本屋さんでカフェで売り物の本を読みながら、飲食ができます。
伺いました。
IMG_5397_20190826085610320.jpg
IMG_5396.jpg

前日に夜行バスで東京IN
バスタ新宿に到着後、身支度を整えていつもの果実園へ。
IMG_5398_20190826085641ad7.jpg

モーニング久しぶり~~~~今日は初心にかえりフレンチトースト・・・・・初心??(*'▽')

美味しい~~そりゃね

事前に勉強と復習を

今日はヤフオクで購入済のチケットを手に
IMG_5370_20190821215738247.jpg
IMG_5371_201908212157599d2.jpg

「みんなのミュシャ展」
IMG_5402_20190826085707a85.jpg
IMG_5444_20190826085723938.jpg

IMG_5438_20190826090402a79.jpg
IMG_5440_20190826090437733.jpg

アルフォンス・マリア・ミュシャ
オーストリア帝国のモラヴィア(現在のチェコ)に生まれ二十代後半にミュンヘン美術院に入学しパリでイラストレーターとして活動していました。
舞台女優サラ・ベルナール主演の『ジスモンダ』のポスターの依頼があったものの主だった画家が休暇でパリにおらず、印刷所で働いてたミュシャに飛び込みでポスターの発注が出世作となります。
一夜にして彼の当時流行していたアール・ヌーヴォーの旗手として不動の地位を確立、仕事の依頼が続続きと入ります。
サラ・ベルナールの他、煙草用巻紙(JOB社)、シャンパン(モエ・エ・シャンドン社)、自転車(ウェイバリー自転車)などの多くのポスターの制作を手掛けます。

大成功を収めた後、故郷にもどり活動していたもののナチスのドイツ帝国に故郷を支配され、彼のチェコでの活動が民族主義を掻き立てるという名の元逮捕され厳しい尋問を受け、かろうじて釈放されるも体調を崩しそのまま死去してしまいます。
死後再度評価され日本でもファンがおおい芸術家です。
IMG_5372_201908212158141e2.jpg

舞も若いころから彼の作品が大好きで原画やシルクスクリーンも欲しいですが高価なので・・・・・・・。
画集で我慢していました。
地元に作品を多く展示しているので博物館があるのですが、アクセスが悪くてなかなかいけなくて!
今回は渋谷で開催中ミュシャだけでなく彼へのオマージュ的な漫画家の作品も同時に展示しています。


今回渋谷で展示会があるとの事なのできました!!
大好き~~~~~
IMG_5407_201908260858303b6.jpg
IMG_5409.jpg
IMG_5410_2019082608590011a.jpg

IMG_5422_20190826090148971.jpg
リトグラス
IMG_5417_20190826090112dc7.jpg
IMG_5426.jpg
IMG_5429.jpg
IMG_5423_20190826090227ad1.jpg

珍しい肉筆
IMG_5431.jpg

IMG_5426.jpg
IMG_5423_20190826090227ad1.jpg
IMG_5429.jpg

ぺこちゃんのミュシャコラボありました。のでペコンミュシャ

観光の情報は【こちら】

からの待賢殿の勉強会
忘れてるし~~~やばい~~~やばしーー~~~

今日は指貫の腰当てをGETしにオカダヤ新宿店さんへ。

からの果実園~~~どんだけ好き??
IMG_5448.jpg
IMG_5449_20190826090511d79.jpg
IMG_5459.jpg
IMG_5464.jpg
IMG_5466.jpg

ナシゴレンと東京駅限定クレープくるみのパンケーキのフルーツのせストロベリー&メロンアイス
からの東京駅

夜行で関西へ~~~~
スポンサーサイト



テーマ : 和風、和物、日本の伝統 - ジャンル : 趣味・実用

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア