2010-08-05

舞少納言のあてなる物 ローゼンタール

舞少納言の優雅な物 ローゼンタールアンティークコレクション

京草子本紙は中休みです。今回はあてなる物シリーズ第2段。

アンティークローゼンタールコレクションの一部を紹介します。

ローゼンタ―ルはドイツの陶磁器メーカーでその規模は三大磁器メーカー(ビレロイ&ボッホ、フッチェンロイターそしてローゼンタール)にたとえられるほどの巨大企業。
しかし、近年の世界的金融危機と多様な生活スタイル、またデザインを似せた安価な食器の弾頭の為、事実上の経営破綻を受けました。
一応ドイツ本国では店舗も経営しているそうですが、以前のような勢いは商品に感じられません。
日本も撤退し、残念です。

そこでローゼンタール全盛期の一部の作品を紹介します。

まずは歴史、ローゼンタールはユダヤ系ドイツ人フィリップ・ローゼンタールがアメリカデトロイト州で陶磁器会社のバイヤーとしてキャリアを積んだ後、故郷ドイツに戻り1879年にゼルプエーアカ―スロイトに開いた工房から始まります。
ゼルプは当時鉄道網が完備され、近くに良質のカオリンの生産地があった事もあり一大磁器生産地として発展しつつありました。

初めは窯をもたずに絵付けをした物を保養地で販売し、細々と経営していましたが、これではいけないと1886年に煙草の休憩所という灰皿を発売しました。
なんとこれが大当たり!!特にその頃の中産階級のイギリスや新興国アメリカの圧倒的支持を受け、
みるみる内に会社は大きくなりました。
ついには磁器生産工場を持ち近くの磁器会社の数々を傘下に収め、ゼルプにローゼンタールありという巨大企業になりました。

現存する過去の工業は博物館としてゼルプにあり、今も昔の生産工程を体感出来、地下には美術館も備えています。

さて初代亡き後、会社を引き継いだのが、ジュニアの同名フィリップ・ローゼンタール2世。
この人がまた革新的で若い頃、アメリカに亡命していた事もあり。磁器に革命的発想を取り入れた人物。
後に国会議員にもなります。

当時敗戦ムードただようドイツと大戦により疲弊していたヨーロッパ大陸で、ゆいつほぼ打撃が少なかった国々に目をつけます。
北欧三国です。その国の文化人や芸術家、また時に建築家などの他分野のデザイナーと組み、多くの作品を世におくりだし、美と用という生活スタイルにも影響を与えます。

ビョルン・ビンブラッド、タピオ・ビルカラ、ヘンリー・ムーア、ワルター・グロピウス、サルバトーレ・ダリ、レイモン・ペイネなどなど。

残念なのは80年代後半でその勢いが停滞した事。
イギリスのウエッジウッドが買収するもその後持ち直す事なく、親会社が破綻するとそのあおりを受けて現在再建中の状況だそうです。
この所も白磁ばかりで生産コストを抑えた商品が多いのが寂しい限りです。

さてでは全盛期の中から特にお気に入りを紹介!!

当時は王侯貴族の没落の後を受け、企業家がその担い手となった中産階級の人々向けに生産していました。
彼らは王侯貴族が愛したセーブルやマイセンを望みますが、なかなか手にはいらず、変わってローゼンタールがその特徴をした商品を販売していました。

バックはロワイヤルプリュ―(王室の青)と呼ばれるコバルトで覆い、中は24金でコーティング。
絵付けも花模様やジュエル仕上げが人気でした。

IMG_4737.jpg

特に舞少納言のあてなる物はこれ、トルコ石に見立てたジュエルがなんとも優雅です。
IMG_4740.jpg

さて20世紀は科学の進歩の幕開けともいえる時代です。
磁器メーカーはなんとここにも切り込みます。
下の作品はシルバーオーバーレイと呼ばれる手法で、これは貼り付けている訳でもはめ込んでいるのではなく。
時期に銀を電気分解で密着させて作られています。
そう科学の授業であちましたね、ビーカーに溶液を入れて、+-の電極を入れて実験したあれです。
しかも銀はほぼ純銀でその工程も非常に手間がかかり、ある一時期しか生産されていません。

IMG_4741.jpg

IMG_4744.jpg
さてこの右側なんだかどこかでみたことないですか?
イメージはロイヤルコペンハーゲンなんだそうで、ロゴにも波マーク付きです。
アールヌーボ様式、淡いブルーの色合い。

特に舞少納言のお気に入りはこれです。
シノワズリーの傑作!
IMG_4743.jpg

磁器にも当時のトレンド、情勢など大きく影響を受けた事がわかります。

機会があればゼルプのローゼンタール施設や、イベントの写真追加したいです!

ローゼンタールの情報は【こちら】








スポンサーサイト

theme : アンティーク
genre : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア

プロフィール

mai syonagon

Author:mai syonagon
京都好き、歴史好き、ショッピング好き、温泉好き、グルメ好き。
凝り性な乙女座、A型、金星人、六白金星なわたしです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
宮仕え中につきお願い
宮中出仕中につき、更新は不定期となります。ご理解ください。 又、過去の記事を記載している為に掲載している季節と月日が合っていません。 季節は題名、カテゴリー別の方を優先し、過去分の月日は無視してください。
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ