FC2ブログ

風は嵐・・・・・・・・十月ばかりに、木立多かる所の庭はいとめでたし。

訳:風は嵐に決まってるやん!十月頃になぁ 木立のめtちゃ多い家の庭は、めっちゃ素晴らしいねんでぇ

桂離宮が11月から有料と知り、急遽無料のうちに訪問しなくてはと京詣で

IMG_3090_201810050016212d7.jpg
桔梗が咲きていました。
IMG_3098_201810050017470b7.jpg
その前に洛中入り
親族事情により、因幡堂を訪問します。
丁度五条よりの松原通りにある平等寺にある御堂
IMG_3091_20181005001629e5d.jpg
IMG_3092.jpg

薬師如来信仰のお寺さん
従四位上中納言の橘行平が急病にかかっていた夜夢に僧が現れ「因幡国賀留津の海中に一つの浮き木がある。その浮き木は衆生済度(人々を救って悟りを得させるため)に遠くの仏の国からやってきた。あなたは速やかにこの浮き木を求めて供養しなさい。そうすれば必ず病気は治る。さらに一切のあらゆる願いが成就するだろう」
と言われました。
そこで人をやりその木を見つけるとそれは薬師如来で行平は座光寺を建立してこの像を安置します。
その後病気は平癒し、無事に京に帰った行平の夢告があり
「我は西の天より来て、東の国の人々を救おうとやってきた。あなたには宿縁(前世からの因縁)があるから重ねて事を示す」
目覚めると家人(家来)が来訪を告げ、西の門を開けさせたところ、あの薬師如来の尊像が立っていたそうです。
自宅にその如来像を安置したのがこの因幡堂だそうです。
勿論寺の縁起絵巻の由来


因幡堂
薬師如来信仰は古くて飛鳥時代には入ってきていました。百濟薬師如来像が有名ですよね。
病の仏様です。
こちらはガン封じでも有名
町中でご病気の方の最後の拠り所として、多くの方の信仰を集めてきたそうです。
病気を治してくださる仏様、また、子授け、安産の仏様として特に癌封じのお薬師如来として信仰されてます。

これは、かつて癌が不治の病と思われていた時代、最後に因幡薬師にすがられた方が多かったため、現在まで、「がん封じ」の薬師如来といわれるそうです。
IMG_3093_20181005001647b56.jpg
IMG_3094.jpg
IMG_3095_20181005001713226.jpg
身を清めて・蝋燭で線香を立てて
IMG_3096.jpg
IMG_3097_20181005001732d33.jpg
最近はここのお守りが人気みたいでインコのお守り
病が飛ぶ~~幸せが飛んでくるにかけあわせているようです。御守りと御朱印帳を


観光の情報は【こちら】



11時入場ですから桂へ徒歩15分で桂離宮です。
IMG_3100.jpg

この竹は中間でバキッと折って竹垣にしてあります。いわゆる半殺し状態生命力が強いので枯れないんだそうです。

八条宮家の別邸で月の山荘と知られています。八条宮といえば後陽成天皇さんから譲位の意向を示された弟宮でした。
しかし秀吉亡き後家康に弟宮へ譲位の賛同を得られず、意思に反して息子である後水尾天皇さんへ位をゆずられた経緯のある宮さんです。
なので後陽成上皇さんは実の息子である後水尾天皇さんを嫌っていました。
後水尾天皇さんの中宮和子さんはその経緯から前田家に輿入れした姉の娘を八条家に嫁がせます。
宮家は前田家の持参金と後ろ盾に財政が潤い、荒れ放題だった山荘を改修します。
この離宮は「月の離宮」ともいわれ。御殿から月見台という物見台があって月見を楽しんだといいます。
現在は夜間拝観がありませんから月の夜の風情を楽しめませんが。

池を海に見立てて造られた江戸時代の別荘は風雅そのまま。
現在宮内庁管轄で庭は京で桜守としられる藤植造園さんが担当されています。
IMG_3101_20181005003443616.jpg
IMG_3102_20181005003455ef3.jpg
IMG_3103_2018100500350353b.jpg

日本の風景である山、川、海、池、丘、ほぼすべてがここで見れるでしょう。

まずはアプローチがしゃっれています。
目隠し松
御行幸門
現在の天皇さんがはいられるのもこの御門
IMG_3110_20181005003531d6f.jpg
IMG_3112_201810050035432c0.jpg
IMG_3115_201810050036100f5.jpg
IMG_3116_20181005003622ecd.jpg
IMG_3117_201810050036326f9.jpg
IMG_3118_20181005003640b2e.jpg
IMG_3118_20181005003640b2e.jpg
IMG_3119.jpg
IMG_3120_20181005003701c8b.jpg
IMG_3122_201810050037123d3.jpg
IMG_3131_20181005003722a2d.jpg
IMG_3132_20181005003733796.jpg
IMG_3134_20181005003814d41.jpg
IMG_3135_20181005003826e66.jpg
IMG_3137_2018100500383446c.jpg
IMG_3139_201810050038440a1.jpg
IMG_3141.jpg
IMG_3143_201810050039127be.jpg
IMG_3144_20181005003927d05.jpg
IMG_3146.jpg
IMG_3146.jpg
IMG_3152_201810050039570d1.jpg
IMG_3155_20181005004023ff0.jpg
IMG_3157_20181005004033a8a.jpg
IMG_3171_20181005004152dcc.jpg
IMG_3173_20181005004202e7a.jpg
IMG_3175_201810050042187c3.jpg
IMG_3177_20181005004233ad5.jpg
IMG_3178_20181005004244b37.jpg
IMG_3183.jpg
IMG_3186_20181005004320678.jpg
IMG_3196_2018100500433713f.jpg
IMG_3207_20181005004406b97.jpg
IMG_3185_20181005004416358.jpg
IMG_3213.jpg
IMG_3218.jpg
IMG_3215.jpg
IMG_3223_20181005004548893.jpg
IMG_3224.jpg
IMG_3226.jpg
IMG_3228_20181005004626378.jpg
IMG_3229_20181005004636653.jpg
IMG_3233_201810050046468b0.jpg
点在する建物は茶室や茶屋、屋敷などまさに美の極み



年明けの喪中明けにはいくべし鶴岡八幡宮 御神服見るべし
袿 萌葱花菱亀甲地紋白牡丹丸文二陪審織物
これから装束入手には必然のお題で~~~す。✨な装束~~~



洛茶庵さんの蕨餅をGETこちらは事前予約しないと買えないお店


北山の「嘯月」さんで予約済の和菓子をGET

秋の栗きんとんときんとんです。

そして京都駅へ。
IMG_3237_20181005005537f62.jpg
IMG_3238_20181005005549914.jpg

「ホテルグランディア京都  ルタン

スイート ビュッフェ
「秋の実り」

アフタヌーンスイーツバイキング 和栗やりんご、洋梨など実りの秋を堪能
和栗やかぼちゃ、洋梨にりんごがメイン
IMG_3239_20181005005601683.jpg
IMG_3240_20181005005612409.jpg
IMG_3241_201810050056214ff.jpg

【アフタヌーン限定】
愛しの1ディッシュ
カシスのムース 赤いソースをかけて

目玉の乗ったチョコレートの蓋を温かいフランボワーズソースで溶かして
カシスムースとクッキー、バニラアイス。混ぜて食べれば、冷と温・甘みと酸味が様々なバランスで口の中に広がる新感覚

和栗モンブランパフェ仕立て

リンゴのパイ

かぼちゃモンブラン

紫いもクリーム一口サイズのお化け"シューノワール

竹炭とフランボワーズのロールケーキ

スイーツ / パンケーキ / クレープ / プリン / 和菓子 /
アイスクリーム / ソフトクリーム / フルーツ

ハンバーガー / フライドポテト / カレー /
サンドイッチ / スープ / サラダ など軽食メニュー

IMG_3242_201810050056300a0.jpg
IMG_3243.jpg
IMG_3244.jpg
IMG_3245_2018100500570458d.jpg
IMG_3248_2018100500571694b.jpg
IMG_3249.jpg
IMG_3250.jpg
IMG_3251_201810050057436f2.jpg

まずスイートビュッフェ攻略方法

第一 まずは朝食と昼食はしっかりとること。

第二 始まる前にトイレをすませる

第三 始まったらまずはスイートの確認

第四 野菜&タンパク質をGET 皿はいっぱい盛らない

第五 軽い ムース系アイス系から始め次第に重めにシフト

第六 途中で塩系を入れるカレーなど 飲み物はエスプレッソなど

第七 オリジナルスイートを作ってみる。

いくぞ~~~~~~決戦は木曜日だぁ

お店の情報は【こちら】

この後烏丸御池へ
この日は予定外に齋藤專商店を再訪問いたしました。

前回直衣の御相談をと御主人とお会いしましたが、現在縫い子さんが不足されていて、ご主人様も神社さんのお仕事がお忙しく、他に手つかずの仕事もあり・・・・なかなかすぐには難しいとのお話で。

その後にやはり自分の手の遅さに・・・・・・・・・自問自答しやはり早めに装束は必要だという見解に・・・・・・
価格的には夏用化繊でしかたないかと・・・・・・・・。
前回に二藍色の夏直衣が一着残っているというお話だったので、もうこれでと考え直し電話した所。
「夏直衣在庫ないんです。」との事。

それでも衣冠用と直衣の生地についてお話を伺えることになり遅めの訪問をお許しいただきました。

オカダヤ新宿店さんで無地の綾風紅梅色と濃き色を見つけ、これは!!!
でも紋有ほしいし、正絹は保管と手入れ、価格がどうしてもネックになり・・・・・・・。

出来れば
①紅梅色文様有

②深紫色文様有


でもやはり紅梅色直衣がほしいなぁ~~~

生地も高すぎて、無理なら指貫の「八藤丸紋 萌黄色指貫」を内金だけでもいれておこう。
最終的に紅梅色か紫色無地にした場合は指貫はなにがいいか?要検討です。
でも文様有なので、有職故実的にはあかん・・・・・・はぁ~~~マニア世界には厳しい現実です。

衵やその他の装束や物具の在庫もお聞きした後、失礼しました。
本当に今は秋まつりの忙しい中で時間外に受けていただきありがたいです。

IMG_3254.jpg
IMG_3255_20181005005817f28.jpg
帰宅後のおみや
スポンサーサイト

テーマ : 京都 - ジャンル : 旅行

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア