FC2ブログ

あてなるもの 

訳:上品な物

大低気圧が日本を縦断していたその日京都へ行っていました。
京都の装束店さんが販売されている小物のポーチが入荷するとしりいてもいられずにGO

京都御苑南にある黒田装束店さんは京都の大規模神社さんの装束や葵祭りや時代祭りでお装束を扱っておられる江戸時代から続く幕末に岩倉家へ納品されていた老舗です。
現在の女将さんが新しい物に挑戦したいと望まれて「七平」さんという新ブランドを立ち上げられて装束で使用される反物の一部を使い小物を製作されたのがはじまりだそうです。
まさに「用と美」の精神
美しいからと言って保管するのではなく、用途に応じて現在でも使えるようにという精神は私の好きなローゼンタールの精神と同じです。
でこの子は
三角ポーチ意外と大きいですよ。
IMG_2478_2018070623375068e.jpg
IMG_2479_20180706233756078.jpg
IMG_2480_20180706233802cda.jpg
IMG_2481_2018070623380852a.jpg
IMG_2483_20180706233814324.jpg
正絹綾織薄色
二藍色
小葵文様 金糸伏蝶丸紋様

文様もしっかり合わさってます。完璧な美~~~~お仕事用ですよん。^^Vそれより技術さきでしょ!!!
ですよね~~~。

お店の情報は【こちら】

さて黒田さんからお別れして扇が壊れてしまったので、烏丸御池の「白竹堂はくちくどう」さんへ。
享保年間創業あの吉宗さんの時代です。
創業300年というので!!なんと偶然出会いました。
新作七平さんんとのコラボ有職生地で扇

扇 正絹 二藍色 米紗?小葵文様 竹の丸紋様
ちょっと織物の事はわからないですが、竹の文様が凹んで見えるのでちょっと珍しいさすがに黒田さんちの有職生地

正絹を片側だけ張ってあるので一見蝙蝠風です。
しかも紗なので超すけ感半端ない~~~~~
「私を連れ帰ってね」と呼ばれて即買いでした。
いい感じです。暑い夏乗り切れそうです。


お店の情報は【こちら】
スポンサーサイト

テーマ : コレクション - ジャンル : 趣味・実用

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア