FC2ブログ

殿上人の、直衣脱ぎ垂れて、扇やなにやと拍子にして、

訳:(帝のいれはる内裏に上げれる)殿上人が直衣の袖を片方だけ脱いでなぁ~扇やほかのもんで拍子とってん

3月に予約していた黒田装束店の装束体験諸事情で9月に変更
本当は装束の生地を見たいのですが、まさか業者さんでもないのにそれは出来ない。
せめてふれる事が出来る体験はとても貴重です。

本日体験日
珍しい着付け拝見と今後のお勉強の為にやはりここははずせない!


事前に細かいお願いを事前にメールで相談済

今回は男子装束 衣冠OR直衣OR冠直衣

垂えん冠だと冠直衣
烏帽子だと直衣

お色は夏用と冬用の赤色と朽葉色の直衣の三種類を見てから選びます。
単は緋色

指貫は紫を外してもらい。
いくつか選べるようにしてもらいました。ネ包の色と合わせないとね。

そして今回は内着として衵
男子用衵はないので今回は女性物の単 萌黄色をお願いしました。


単と指貫
元々平安時代の指貫は下括り式で足首の中で紐を用いて括り、その紐の先をいろんな留め方で留めるのを本義としています。
現代では引上げ式が主流で黒田装束店さんも神社さんをメイン顧客とされているので引上げ式です。

実は平安時代当時下袴という束帯の大口袴に似た袴を装着していました。
近年では省かれて現在ではどの体験所でも下袴はありません。

すべて正絹なのでそれはそれは美しいです。

今回の直衣
直衣は表白色中が夏の二藍色が正式でこれは違うでしょう?
と思った方それはそれで正解

実は平安時代の中期頃紫式部や清少納言が活躍していた頃の直衣はさまざまな色の物があり、宮中でも天皇から勅許が与えられた者のみ限定で色目の直衣で参内できました。

薄色・桜色・柳色・紅梅色・紫・紫苑色等これに冠をつけて参内するのは最高のセレブリティーの証

初めの参内、春日の使いなどの晴れやかな時には特に衣出しをして華やかにお召しになって殿上しておられました。

衣を出すことは。

衣指貫を着たる上に綿入りたる衣にても打衣にても置きて。裏表の褄を指貫の前より前によく引き違へて帯をするなり。
後ろは高く引上げて。前の褄先は指貫の上に丈に三四寸(9.12CM)たらぬ程に上ぐべし。後ろは直衣にても袍にても着たらんに。襴の裾より縁を置きたる様に見ゆまじきなり

                                                    まさすけ装束抄より




出し衣は本来は袷ですが、今回は無理をお願いしたので女子の単です。
初夏にはひへぎして単もきたようなのでOK

IMG_2658_20180915212557c73.jpg
IMG_2659_20180915212606dd7.jpg

色はなやんだすえに「朽葉色」でも本来の重ね色目の朽葉色ではないようです。
淡いにびろに茶色と紫を足したいような色で着てみると高貴な色目になりました。

ネ包:朽葉色
固地綾織 紋三つ葉葵
 


単 緋色

指貫 無紋 濃浅葱色

衵 綾織 松葉色

指貫は本来紋有で色も紫色系統がいいのでしょうがそうなりと一気に暗くなるのでおもいきって濃い浅葱色にしました。
夏ならこれが瑠璃色になるんでしょうね。
有職故実的には×?
でもこれはこれで、全体のバランスは指貫の寸法が幅セマなのでちょいと悪いですが、平安時代の通りとはいきません。


出し衣は
後ろは壺装束の様にたくし上げて、前を道中着の要領で裾をはの字にとり、のこりを袴の中へずず^^^と入れ込みます。
その上から袍を着せておふくあげ

はぁ~~~いつになったらこんなに手際よくできるのでしょうか?こないかもいや頑張るぞ!!
IMG_2664.jpg
IMG_2671.jpg
IMG_2675_2018091521264594a.jpg
IMG_2678_20180915212657826.jpg
IMG_2692_2018091521270813d.jpg
IMG_2700_20180915212726a20.jpg
IMG_2706.jpg
IMG_2714_20180915212749bfa.jpg
IMG_2725_20180915212800242.jpg
IMG_2732.jpg

下のほうに両側にぎゃく三角に緑の衣が見えますか?
これが出し衣です
肩脱ぎしちゃいます。
IMG_2735.jpg
IMG_2742_20180915212832005.jpg
IMG_2749.jpg
DSC_0090.jpg
DSC_0094.jpg
DSC_0106_20180915212912b2e.jpg
DSC_0115.jpg
DSC_0117.jpg
DSC_0127.jpg
DSC_0127_20180915212957b2f.jpg
DSC_0129.jpg

上からの下賜品を手に
扇を手に
紅葉を手に
胡床に座ったり
美しいことこのうえなし~~~~
扇で煽いだり~~~
扇で拍子をとってみたり
文を手にしたり
酒を飲んで干果物をつまんでみたりと・・・・・

やりたい放題
片脱ぎして舞踏します。

脇息かわりの胡床でまどろんでみる感じ~~~

しとげなし~~~~~はぁ~~~~~

いつもムチャばかりお願いしている黒田装束店さんには感謝です。


次回は赤色・できれば恥ずかしいっですが外出??もかも失礼しました。

スポンサーサイト

コメント

 
> 装束体験で襪まで揃えているとは!
> 本格的ですね。

本来直衣・衣冠の際には着用しないのですが、黒田装束店さんでは平安の雰囲気を感じてほしいの事でこちらが必要ないと言わない場合以外用意されるようです。

装束体験で襪まで揃えているとは!
本格的ですね。

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

フリーエリア

Powered by FC2 Blog

Copyright © 京草子 雅な京都絵日記時々詣で All Rights Reserved.