七夕祭りここにては

例よりも近う見ゆるは、ほどのせばければなめり。

訳:七夕祭りをここやったら毎年見るんより近くに見えたんは、見る場所が狭いか らやんか。
今日は七夕7月7日。
旧暦では8月7日に祝う節句ですが、旧暦通りの暦ですると今は梅雨です。
元々お盆の宮中行事女性の裁縫の上達を願う行事と織姫とヒコ星の悲恋のお話と合わさって誕生した祭りが民間に広まったのだそうで江戸時代に今の様な形になったそうです。
笹に願いを書いた短冊や折り紙で作った飾りを外に掲げて、最後には川に流します。
まあ今は環境問題と重なり、紙は新聞紙と一緒にリサイクル、笹は土に返す?

とにかく夏の伝統行事の始りにまちがいないでしょう。
ここに日本の夏スタートなり。

織姫ヒコ星伝説
織姫(琴座のベガ)が美しく機織名人だったのを喜び父の天帝は働き者の牛飼いヒコ星(わし座のアルタイル)との結婚を許しました。二人は生活があまりに楽しいのでそのうち仕事をしなくなったのを天帝が怒り、天の川をはさんで引き離してしまいました。その後少しかわいそうになった天帝は二人を7月7日の年に1回だけ会う日事を許します。その日にはサギが橋をかけ、二人は再会を喜んだといいます。
しかし天の川の洪水の時は会う事が出来ず、その悲しみで地に降る雨の事を催涙雨というそうです。
今日は曇り後晴れ、時々雨。でも夜は半曇り二人は再会できたでしょうか?
この日ほとんど天の川の織姫、ヒコ星は見たことがありません。まあ天の川自体どこ?という感じに平安の昔にくらべると空もどんよりしているわけです。本来旧暦の七月は新暦の8月です。ひと月違うと天体の位置もだいぶ違うでしょうし、7月初旬はまだ梅雨です。
今日は観光とは別に私用で京都に来ましたが、せっかくですから京都で七夕を楽しんでみる事にしました。

ひこ星の行(ゆき)あひをまつかささぎの渡せる橋をわれにかさなむ 菅原道真
訳:ひこ星の会いに行くのを待つかささぎの渡した橋をうちにかさなるんや

北大路のグルメ御存じ嘯月に行きました。

IMG_4576.jpg

まずは織姫にちなみ、京都伝統技術「西陣織会館」見学。
西陣は応仁の乱で山名氏が本陣を置いた場所です。西の陣で西陣。昔から織物業が盛んでした。今でも町家から機織りの音が聞こえます。
西陣会館はそんな歴史と工芸をまじかで無料で体感できる施設です。
IMG_4578.jpg
着物ショーしていました。七夕飾りと共に。
IMG_4581.jpg
昔の織り機「空引機」というそうです(模型)
IMG_4584.jpg
実物です。(再現)
観光の情報は【こちら】

お昼に用をすませ任務完了!
IMG_4575.jpg
すぐ近くの教えてもらった西陣の和菓子屋[かま八老舗]に立ち寄りました。
鶯豆の抹茶カステラをGET
お店の情報は【こちら】

で今出川に出て、まずは老舗和菓子店巡り。
しかし和菓子店の水曜日休みは多いのです・・・・。
IMG_4577.jpg
鶴屋吉信本店です。
IMG_4585.jpg
塩芳軒です。
鶴屋吉信塩芳軒で七夕の生菓子をGET。
七夕の御菓子をGETして晴明神社へ行きます。

IMG_4594.jpg
★つながり。
IMG_4601.jpg

晴明神社
IMG_4597.jpg

IMG_4604.jpg

平安時代の陰陽道の★阿倍晴明は今でいう占星術師、祈祷師、天文学者、数学者、易学者、風水学者を合わせもったスーパーマルチ問題解決公務員(ってかあ???)古代から陰陽寮という官庁まであったんですよ。なんせ物の怪のせいで不幸があると言われた時代です。なんでも式神という神様(見た目若干怖い神様)を一条戻り橋に隠し、事あらばその力を借りて魑魅魍魎の退治したそうです。
IMG_4587.jpg

当然今は存在しませんが、一部の宗教で影響をあたえている様ですね。
阿倍晴明は平安中期(村上、花山、円融、一条天皇時代)に活躍し、道長も一目おいた当時実力1番の陰陽師でした。
ドラマ、漫画、映画などで御存じの方は多いはず。

ここは元邸跡の一部を神社としてお祀りしています。
まず驚くのは神社の紋です。
そう★型、ダビデスター★ってキリスト繋がり????
これは晴明紋又は五芒星というそうで木へんをとったら吉更(更に吉)=桔梗に由来するそうです。
IMG_4600.jpg
IMG_4590.jpg
境内に桔梗が植えられています。
かなり不思議異次元オーラ満載。今はやりのパワースポットです。宮中奉仕に疲れ気味の毎日、パワさて今の時期に期間限定なお守りは二種類。
IMG_4605.jpg
夏限定の七夕おまもりと桔梗の時期だけの桔梗おまもりが一押し。
ーもらいましょう。
IMG_4593.jpg
手前のベンチでたまらずいただきました。
朝の露と思い草です。思い草は中がピンクの餡と外は道明寺粉をあしらい、寒天で固めた菓子。よくみると撫子の花の形をしています。すごく素敵!!!

観光の情報は【こちら】
そして今回の七夕メインイベント

IMG_4607.jpg
白峯神社の精大明例祭、別名七夕祭り
この神社の祭神は崇徳、淳仁両天皇。
そう崇徳天皇は前回京草子で紹介した待賢門院腹の天皇。保元の乱で讃岐へ流刑後その地で崩御。
淳仁天皇は仲麻呂の乱の後、廃位させらて淡路島へ流刑後やはりその地で崩御した。共に祟神となって祀られた神様。

IMG_4608.jpg
枕草子で有名な「飛鳥井」の井戸と同じ境内に潜龍井戸があります。
特に飛鳥井は「井は飛鳥井!冷たくて最高!」と清少納言も絶賛!
二つを飲みくらべると・・・飛鳥井は冷たくまろやかで甘ささえ感じました。潜龍井戸はそれにくらべてすっきりした味わいでした。好き好きですね。
名水はこんこんと今も昔を語りつつ。
お茶用の水は飛鳥井を確保する。
IMG_4611.jpg
今回の主役「精大明神さま」
IMG_4612.jpg
七夕繋がりですね。
神事の後は奉納
IMG_4613.jpg

IMG_4617.jpg
山城舞楽の舞

境内に祀る精大明神は蹴鞠道、和歌の宗家「飛鳥井家」が鎮守神として代々信仰していました。
蹴鞠は一時期衰退しましたが、明治天皇の意思により、保存会が結成され今も神事に奉納されます。
蹴鞠は中国から来たあそびですが、日本流サッカーでしょうかね。
IMG_4638.jpg
キックオフ!
IMG_4647.jpg
IMG_4660.jpg
この日は奉納の為保存会の方が披露

主役のひこ星、織姫、小町達
IMG_4666.jpg
IMG_4665.jpg

最後は七夕小町おどり
大きな七夕飾りと織姫、ヒコ星の周りを輪になり、歌に合わせて太鼓をたたいて踊ります。
IMG_4673.jpg

七夕の縁行事のうち、宮中行事「きこうでん」の中で和歌を届ける文使いのお供の童女が道中で舞った踊りを起源としているそうで、元禄時代今の様な派手な西陣の着物で舞うようになったそうです。確かに元禄のハデハデ感満載ですね。これぞ歌舞伎者(かぶく)が転じて歌舞伎(かぶき)!
IMG_4686.jpg
IMG_4692.jpg
織姫、ヒコ星も加わり行事は最高潮!
IMG_4697.jpg

観光の情報は【こちら】

その後高島屋で若菜屋で星ずくしの干菓子と緑寿庵清水のサイダーをGET
IMG_4703.jpg
左から若菜屋の干菓子、生菓子は左が塩芳軒、右が鶴屋吉信。共に星願い。感性が似ています。
帰宅後、七夕和菓子と飛鳥井の井戸水でたてたお茶で七夕の茶会なのです

次回京草子の更新は8月の後半[真夏の洛中花の嵐そして涼を求めて]を予定しております!
訪問御待ちしておりますぅ。








スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

フリーエリア

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 京草子 雅な京都絵日記時々詣で All Rights Reserved.