2016-04-25

花(櫻)のもとに帰り居たまへり。

訳:桜の花瓶の所に帰ってきてなぁ~~~着席しはってん。

躑躅と遅咲き桜詣で京へ!

西院から市バスで平野神社へ。
IMG_2445_201604242044567b2.jpg
昔奈良の光仁天皇の御所・後宮で高野新笠(桓武天皇生母)が田村宮で信仰していた社を息子桓武天皇の遷都時に山城へ移転した神社です。皇室の厚い庇護のもと桜の名所で平安時代から知られていました。
IMG_2449_201604242045039d9.jpg

IMG_2452.jpg
IMG_2450.jpg
鬱金
IMG_2456_201604242045088b7.jpg

IMG_2463_20160424231506bea.jpg
IMG_2465_20160424231511f7f.jpg
松月
IMG_2466_201604242045147f7.jpg
IMG_2468.jpg
一初
IMG_2469_201604242045191f8.jpg

IMG_2475_20160424204525a89.jpg
普賢象
IMG_2480_20160424204539c0d.jpg
関山
IMG_2513_20160424204624787.jpg
IMG_2470_2016042423154893f.jpg
IMG_2471_201604242315533e6.jpg
おけさ
IMG_2514_20160424204631d38.jpg
IMG_2516_20160424204636b09.jpg
IMG_2517_2016042420464930d.jpg
IMG_2495_20160424231645b48.jpg
IMG_2496.jpg
IMG_2503_201604242317014cb.jpg
平野妹背
平野神社由来の桜
IMG_2518_2016042420465751f.jpg
IMG_2519_201604242047030e0.jpg
IMG_2523.jpg
IMG_2524_20160424204717765.jpg
IMG_2529_20160424204723758.jpg
平野突羽根
京都洛中最後の桜
IMG_2476.jpg
須磨浦普賢象桜

IMG_2479_2016042420453540a.jpg

IMG_2532_20160424204730b08.jpg
平野神社の桜花見を終えたら、北野天満宮近くの「老松」へ和菓子をGETします。
IMG_2531_201604242047378bc.jpg
明治期に創業上七軒にある近くの老いた老木の松が名の由来です。蕨餅をGET

お店の情報は【こちら】

ランチまで時間があったので老松のパティスリー部門グレースセゾンへ。
IMG_2535.jpg
IMG_2534_20160424204752607.jpg
パイナップルのパイ
濃厚カスタードとさわやかな酸味のパイナップル合います!!!

今日の昼食は今出川から地下鉄で京都駅へ。
伊勢丹ザ キッチン サルヴァトーレ クオモ 京都を11:30で予約済みです。
クオモさんが日本にシェフとして来日した時に日本のピザに衝撃を受け、本物のナポリピッツァをとスタートしたお店は今や全国展開のイタリアンです。
昔のピザはアメリカから来たので、ピザは分厚くパンに近い感じそれにタバスコを降って食べるこれ鉄板セオリーでした。
いつの頃か本格イタリアのピッツァが伝来し、いまやイタリアンのピッツァが主流となりました。
さたピッツァも北と南では違います。北は生地が薄くてクリスピー逆に南は生地に弾力がありもちもちしています。
こちらは本場ナポリピッツァが売り~~~
IMG_2538_20160424205641f39.jpg

三度目訪問京都を一望出来、ファーストドリンクはクーポン、前菜スープパンは食べ放題、メインとカフェデザートを選べて1944円
CPは最高~~~~
IMG_2536_201604242056455b2.jpg
前菜1
IMG_2537_20160424205650629.jpg
前菜2
IMG_2539_20160424205654495.jpg
IMG_2540_20160424205658c3d.jpg
メイン
IMG_2541_2016042420570283d.jpg
デザート&カフェ

京都では珍しく(建築物の高さ制限が条例で定められているので)展望を楽しめるこのレストラン南側から一望できます。
IMG_2543_20160424210914704.jpg
お腹いいっぱい~~~~になったら西本願寺行きのバスへ乗り込み風俗博物館へ!
IMG_2545_20160424210903794.jpg
風俗博物館は井筒が光源氏が造営した大邸宅を縮小版にして人形を使い場面を再現、平安時代の貴族生活を紹介した貴重な博物館です。

IMG_2546_2016042421091880e.jpg
示(年2回変更あり・休館月あり)
IMG_2547_2016042421092403c.jpg
展示されている晴れの装束

源氏物語・御法

源氏の妻紫の上は源氏と女三宮との結婚で自身の身の上が源氏にしかたよれない現実に失望し、出家の決意を源氏にあかします。
しかし源氏は出家すると夫婦の生活も出来なくなることから許しません。
紫の上はその束の間六条御息所の死霊に取り付かれ、病に倒れ死にめに合うもなんとか生を取り戻します。
さすがに源氏もせめてものつぐないに御法を主催させ仏の加護を受けさせようとしました。
IMG_2549.jpg
年ごろ、私の御願にて書かせたてまつりたまひける『法華経』千部、いそぎて供養じたまふ。わが御殿と思す二条院にてぞしたまひける

訳:紫の上がなぁ年年に書かせて奉納してたなぁ~法華経千部を急いで供養するねん。
  幼いころに過ごした楽しい源氏との生活をした懐かしい二条院で開催しはんねん。

紫の上は小袿姿

その法要の最後で行われた催しを再現
IMG_2593_2016042421111053b.jpg
普賢菩薩
法華経を受持読誦、書写した者を守護する白象に乗り現れた菩薩
IMG_2595_20160424211554b02.jpg

IMG_2584_201604242116067f3.jpg

IMG_2591_201604242117234a4.jpg

IMG_2589_201604242126176b1.jpg


IMG_2610_20160424211951485.jpg

三月の十日なれば、花盛りにて、空のけしきなども、うららかにものおもしろく、 仏のおはすなる所のありさま、遠からず思ひやられて、ことなり。深き心もなき人さへ、罪を失ひつべし。 薪こる讃嘆の声も 、 そこら集ひたる響き、おどろおどろしきを、うち休みて 静まりたるほどだにあはれに思さるるを、 まして、このころとなりては、何ごとにつけても、心細くのみ思し知る

訳:三月の十日やったから花盛りやねん、空の様子もなぁ、うららかで興趣あってなぁ、仏さんのいてはる極楽浄土の様子がなぁ、身近に想像できてなぁ、格別やねん。
信心のない人までなあ、罪障がなくなりそうやん。薪こる行道の声も、大勢集い響いてなぁ、あたりをゆるがす声が中断して静かになった時でもなぁしみじみ寂しく思わへんでいてはるのにそれ以上に、最近ではなぁ何につけても心細くばかり感じてはんねん。
IMG_2559_20160424211148c6f.jpg
明石の御方に、三の宮して、聞こえたまへる。
 惜しからぬこの身ながらもかぎりとて薪尽きなむことの悲しさ

訳:明石の御方に、三の宮(匂う宮)を使いに出してな、和歌を送りはってん。
 惜しくもないこの身やんけど、これを最後として薪の尽きることを思うと悲しいわぁ
IMG_2560_2016042421113352d.jpg
小袿姿・裳姿

明石の御方の返歌
薪こる思ひは今日を初めにてこの世に願ふ法ぞはるけき

訳:仏道への厚い思いは今日を初めの日にしてなぁこの世で願う仏法のために千年も祈り続けられるでぇ
IMG_2604.jpg
夜もすがら、尊きことにうち合はせたる鼓の声、絶えずおもしろし。ほのぼのと明けゆく朝ぼらけ、霞の間より見えたる花の色いろ、なほ春に心とまりぬべく匂ひわたりて、百千鳥のさへづりも、笛の音に劣らぬ心地して、もののあはれもおもしろさも残らぬほどに、陵王の舞ひ手急になるほどの末つ方の楽、はなやかににぎははしく聞こゆるに、皆人の脱ぎかけたるものの色いろなども、もののをりからにをかしうのみ見ゆ。
IMG_2609_20160424211310bdc.jpg
親王たち、上達部の中にも、ものの上手ども、手残さず遊びたまふ

訳:一晩中、尊い読経の声に合わせた鼓の音、鳴り続けておもしろいねん。
ほのぼのと夜が明けてゆく朝焼けに、霞の間から見えるさまざまな花の色が、なおも春に心がとまりそうに咲き匂っててなぁ、百千鳥の囀りも、笛の音に負けない感じがしてなぁ、しみじみした情趣も感興もここに極まるといった感じで、陵王の舞が急の調べにさしかかった最後のほうの楽、はなやかに賑やかに聞こえんので、一座の人々が脱いで掛けていた衣装のさまざまな色なんか、折からの情景に美しく見えんねん。

親王さんたち(天皇の正式の皇子)、上達部(公卿・もしくはその子息)の中でも、音楽の上手な人はなぁ、技を尽くして演奏しはんねん。
IMG_2588_20160424211704f08.jpg

IMG_2596_20160424211733c99.jpg
楽人、舞人などのことは、大将の君、取り分きて仕うまつりたまふ
訳:楽人、舞人なんかの事は大将の君(夕霧)がめっちゃ取り仕切ってしてはるねん。

IMG_2587_2016042421165866a.jpg
蘭陵王
北斉の蘭陵王長恭は、武勇の誉れが高い将軍であったが、容貌(ようぼう)が美しかったので、味方の兵士が彼に見とれて戦さをしようとしなかった。そこで恐ろしい仮面を着て勝利したという。

IMG_2590_20160424211715b8a.jpg
蹲落蹲落らくそん
右舞 左舞の蘭陵王に対する答舞。両者は番舞でふつうはふたりで舞い、「納曽利(なそり)」が正式な名称、現行では一人で舞うときにかぎって「落蹲」とよびます。


花散里の御方に、
絶えぬべき御法ながらぞ頼まるる世々にと結ぶ中の契りを

訳:これが最後と思う法会なにんやけどなぁ、頼もしく思われんねん。生々世々にかけてと結んだあなたとの縁を」
IMG_2562.jpg
花散里からの返歌
小袿姿
結びおく契りは絶えじおほかたの残りすくなき御法なりとも

訳:あんたさんと御法会で結んだ御縁はわぁ未来永劫に続くやん。
  普通の人には残り少ない命やけど、多くは催せない法会やけどなぁ~~~

やがて、このついでに、不断の読経、懺法など、たゆみなく、尊きことどもせさせたまふ。
御修法は、ことなるしるしも見えでほども経ぬれば、例のことになりて、うちはへさるべき所々、寺々にてぞせさせたまひける。

訳:引き続き、この機会になぁ不断の読経、懺法なんか、怠りなく尊い仏事の数々をさせはんねん。
  御修法は、格別の効験も現れないで時が過ぎたんで、いつものことになって引き続いてしかるべきあっちこっちの寺々にさせてはんねん。


局・女房の日常
色合わせ
平安時代は女房は皆同じ服装なので重ね着でおしゃれをしました。
IMG_2551_2016042421483167e.jpg
IMG_2598_201604242149048c4.jpg
IMG_2600_201604242149178cf.jpg
紅梅の匂い
IMG_2599.jpg
萌黄の匂い
IMG_2553.jpg
松かさね
IMG_2555_20160424214848107.jpg
IMG_2602_201604242149305c8.jpg
藤かさね

IMG_2557_20160424214854620.jpg
IMG_2603_20160424214937605.jpg
花橘かさね

 
IMG_2563_2016042421273078f.jpg
平安時代の身嗜み・黒髪
IMG_2565_2016042421282306d.jpg
伏籠 衣に香り炊きこめる様子
IMG_2567_20160424214040fdc.jpg
綿入れ
黄菊重ね


平安時代の遊び
IMG_2569_20160424212905383.jpg

IMG_2571_20160424212914bff.jpg
すごろく
IMG_2573_20160424212852010.jpg
篇つぎ

平安の年中行事 五月
IMG_2576_2016042421312527d.jpg
端午の節句源氏物語・蛍
IMG_2575_2016042421311789b.jpg

楽玉など、えならぬさまにて、所々より多かり。
IMG_2606_201604242130390e2.jpg
IMG_2579_20160424213232418.jpg

IMG_2578_20160424213226198.jpg
IMG_2579_20160424213232418.jpg
IMG_2582_20160424213258e10.jpg
IMG_2607_20160424213709457.jpg

IMG_2581_20160424213245c1a.jpg

IMG_2608_20160424213321eac.jpg
IMG_2580_20160424213238a87.jpg

IMG_2577_20160424213213ce9.jpg
思し沈みつる年ごろの名残なき御ありさまにて、心ゆるびたまふことも多かるに、「同じくは、人の疵つくばかりのことなくてもやみにしがな」と、いかが思さざらむ。

現在では男の子節句ですが、実は端午の節句は菖蒲の香りや、薬玉と呼ばれる香木入れた飾り、粽を食べで邪気を祓う行事でした。

見学後はタカシマヤ京都経由祇園へ。

生菓子コーナー予約のお菓子をGET
こちらでは老舗京菓子の生菓子が一度に注文出来ます。しかも普段は百貨店に出店していない名店も曜日替わりで購入出来ます。
千本玉寿軒・本家玉寿軒二条若狭屋でGET

虎屋さんで上生菓子を岩根の躑躅~~~今でこそ本社は東京ですが、虎屋さんは京都の老舗菓子屋創業は室町年間後陽成天皇へ献上してから宮中御用達として皇室と共に歩んだ歴史があります。

鶴屋吉信
岩根の躑躅をいただきます。

仙太郎で一枚笹粽をGET

その躑躅を見に行きます。
IMG_2443_20160424221345d83.jpg

祇園建仁寺の塔頭「正伝永源院」が特別公開中です。
IMG_2612_201604242213371e5.jpg
明治新政府の断行した廃仏毀釈の影響で正伝と永源の塔頭が統合「永源庵」は細川家の始祖細川頼有および以後、八代の菩提寺であったため、二院の名をつけて今日に至ります。
織田有楽は信長の弟夏の陣前に大阪離れ京都へ正伝院で茶三昧、趣味に生きその生涯を終えます。
IMG_2613_20160424221341cc9.jpg
お庭の躑躅が美しいようなので拝観します。

建仁寺さんは街中にあるんですが、ここではゆっくりしますね。
IMG_2616_20160424221351b4c.jpg
IMG_2648.jpg
IMG_2618_20160424221410e58.jpg
IMG_2619.jpg

IMG_2620_20160424221424f13.jpg
IMG_2622_20160424221428a4b.jpg
美しい庭園です。
IMG_2644_20160424221753274.jpg
IMG_2647.jpg
IMG_2645_20160424221759355.jpg
IMG_2646.jpg
IMG_2652_20160424221817289.jpg



観光の情報は【こちら】

拝観を終えて、祇園でお買い物お買い物~~~「祇園辻利」で抹茶をGET!
こちらは「建仁寺御用達」~~~の抹茶をGET
建仁寺の開祖は栄西禅師彼は宋の留学当時茶に嗜みその効能と知識を研究し、その茶種を持ち帰り高尾後で栽培し、「喫茶養生記」を著して日本に普及と奨励に勤め日本の茶祖としても尊崇されています。
禅寺で抹茶を嗜むのは

そして「はれま」ちりめん山椒、「土井志ば漬本舗」で漬けものGET。

京阪電車で出町柳へ向かい茶房いせはんさんへ。
IMG_2653_2016042420570607f.jpg
IMG_2655.jpg
春と云えばイチゴ苺イチゴの季節期間限定の「苺パフェ~~~」
ぺろ~~~~り

お腹一杯になったら定番の「京都府立植物園」へ最後の花見桜~~
今の時期は閉園時間が18時30分に!!!
IMG_2657_2016042521355806c.jpg
石楠花
IMG_2714_20160425213624619.jpg
IMG_2715_20160425213633583.jpg
IMG_2717_201604252136401c8.jpg
IMG_2719_20160425213647371.jpg
IMG_2722.jpg
IMG_2723.jpg
IMG_2724_201604252137103b6.jpg
IMG_2725_20160425213716a42.jpg
チューリップ
IMG_2621.jpg
IMG_2625.jpg
IMG_2626.jpg
IMG_2640.jpg
IMG_2729_20160425213903ba0.jpg
IMG_2730_201604252139098d5.jpg
IMG_2733.jpg
IMG_2734_2016042521392100d.jpg
IMG_2737_20160425213928a91.jpg
IMG_2738_20160425213933aab.jpg
躑躅
IMG_2490_201604252140206d5.jpg
芝桜

牡丹園
IMG_2742_20160425214954822.jpg
新八束
IMG_2744_201604252150341fd.jpg
殷富門
IMG_2746_20160425215101d0b.jpg
春霞
IMG_2748.jpg
黒光の司
IMG_2750_201604252152038d5.jpg
黒芳殿
IMG_2752_201604252152312a0.jpg
村松の桜
IMG_2754_20160425215257c2a.jpg
写楽
IMG_2756_2016042521532523c.jpg
扶錦紅
IMG_2758_20160425215356eff.jpg
春彩
IMG_2760.jpg
島の華
IMG_2762.jpg
IMG_2763_201604252155064d9.jpg
紅小町
IMG_2765_20160425215529017.jpg
白鳳
IMG_2766_20160425215549267.jpg

IMG_2656_20160425215612d60.jpg
IMG_2768_20160425215619a93.jpg
アイルランドポピー

すごくいいです。

夕闇の桜もまた風情があり素敵~~~、ライトアップがないので・・・・・でもそれこそ平安時代の貴族達の見た桜かな~~~当時は篝火で見ていたでしょうからね。

ザ・ラスト・チェリーブロッサム
IMG_2661.jpg
福禄寿
IMG_2665_20160425220400d5b.jpg
日暮日
IMG_2678_201604252205508e4.jpg
IMG_2669_2016042522052156e.jpg
IMG_2677_2016042522060235e.jpg
松月
IMG_2690_2016042522083000a.jpg
IMG_2528_201604252216005a2.jpg
万里香
IMG_2692_20160425221006da8.jpg
IMG_2700_20160425221044194.jpg
糸括
IMG_2704.jpg
平野匂
IMG_2707_20160425221242b48.jpg
菊桜
IMG_2713_20160425221507139.jpg
関山

IMG_2769_201604252157014a3.jpg
IMG_2770_2016042521565476d.jpg
IMG_2772_201604252216424a5.jpg
鎌足

IMG_2776_20160425222532202.jpg

梅護寺数珠掛桜
親鸞上人が神護寺で数珠をたけたという逸話からこの名があります。
もしくはその花の様子から数珠を連想するからともいわれています。
IMG_2783_201604252218562bc.jpg
麒麟

IMG_2780_20160425222555416.jpg
兼六園菊桜
金沢の兼六園にあった桜が原木ですが、現在は枯れてしまいました。その再生に京都の桜守佐野氏が協力した桜です。
IMG_2477.jpg
須磨普賢象桜
この桜は須磨にあった普賢象桜ですが、今は国内でも非常に珍しい桜です。

IMG_2448.jpg
ウコン

では桜祭り乱れ咲き
IMG_2488_2016042522271552d.jpg
IMG_2525_20160425222719214.jpg
IMG_2693_20160425222728b60.jpg
IMG_2713_201604252227350de.jpg
IMG_2777_201604252227433f4.jpg
IMG_2662.jpg
IMG_2712_20160425222804c40.jpg
IMG_2713_20160425222816973.jpg
IMG_2695.jpg


いいですよね~~~素敵な花見
ぼんやりと眺める夜桜も風情があって素敵~~~
いつもよりゆっくりとした京草子でした。
IMG_2785_201604242155497fa.jpg

さて帰宅後のおみや~~~
スポンサーサイト

theme : 京都・奈良
genre : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: 初めまして❗

> 平安時代が本当にお好きな方とお見受け致しました。もういい年齢ではありますが、宜しくお見知りおきを…Facebookで記事を書いております。

こんばんわ
初めまして御愛読ありがとうございます。
一気にアップするので誤字やおもいちがいなんかあると思いますが、お好きな時に訪問ください。
お待ちしております。
励みになります。ありがとうございます。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

フリーエリア

プロフィール

mai syonagon

Author:mai syonagon
京都好き、歴史好き、ショッピング好き、温泉好き、グルメ好き。
凝り性な乙女座、A型、金星人、六白金星なわたしです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
宮仕え中につきお願い
宮中出仕中につき、更新は不定期となります。ご理解ください。 又、過去の記事を記載している為に掲載している季節と月日が合っていません。 季節は題名、カテゴリー別の方を優先し、過去分の月日は無視してください。
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ