舞少納言の「優雅な茶草子」第十四段


49)朝宮茶冠煎茶 千紀園製

朝宮茶???と思われる方多いでしょう。
実はこの朝宮茶は日本五大茶の一つに代表される日本茶の産地です。
宇治(京都)、狭山(埼玉)、川根(静岡)、八女(福岡)そして朝宮(滋賀)だそうです。

俗唱に「色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめ刺す」というのがあるそうです。

近畿圏内なのにあんまりメジャーではないですね。宣伝がへたなのかな???
残念ですね。
舞は依然、滋賀の土山へ詣でた事がありそのないこの朝宮茶頂きました。
気温が低く盆地にある朝宮地区は茶の栽培に適し、良質なお茶を生産しています。
この朝宮は奈良時代に聖武天皇が遷都した宮殿があった場所でもあり、山間部ながら由緒ある場所でもあります。

今回は江戸時代末期創業のお茶の販売会社「千紀園」さんの朝宮茶を溢れてみます。

IMG_3421.jpg
荒々し感じの印象です。
IMG_3422.jpg
溢れてみます。
いかいも煎茶という感じのお茶は頂と深い旨みとしぶみがおしおせて来る和菓子にぴったりなお茶でした。

お店の情報は【こちら】
 

お菓子は一心堂さんのフルーツ菓子「オレンジ大福」
IMG_3424.jpg

IMG_3425.jpg

IMG_3426.jpg

酸味のきいたジューシーなオレンジに白あんをコーティングし、やわらかいぎゅうひで包まれた一品です。

お店の情報は【こちら】

IMG_3429.jpg
二代目仙太郎

お茶菓子は仙太郎さんの御存じもなか
もなかあまり好きではないんですが、仙太郎さんの看板お菓子でもありますし。
もなか実は和菓子の多くは中国から伝来した物が多いのですが、このもなかは日本で江戸中頃出来ました。
IMG_3430.jpg
自家製のあずきに北海道の甜菜糖で出来た氷砂糖、天草の糸寒天で作られたもなか~~~聞くだけで美味しそうです。
実際美味しい~~小豆のしっかりした味に甘さにかえめ~~いや~~~鉄板!!!

お店の情報は【こちら】

50)スリランカティーディンブラティーバック ムレスナー製

スリランカの紅茶生産地ディンブラ地区ハイグロウンティーで生産される紅茶です。
他のスリランカティーの中で、個性の弱い紅茶ですが、逆にゆうと飲みやすい紅茶の一つです。
IMG_3576.jpg

溢れてました。
IMG_3575.jpg

お茶菓子は「アッシシンドラー」さんのサントノーレキャラメルバナナ
IMG_2852_20140603204036bee.jpg

IMG_2853_20140603204042ec1.jpg
濃厚なキャラメルにバナナの甘さ~~~最高!!!

51)ギャバロン茶 台湾 紫金園農園製

阿里山に茶園を持つ茶農家が自社のお茶を市内で販売しています。
その中で珍しいギャバロン茶
ギャバはgamma-aminobutyric acid(ガンマーアミノ酸)の事でみ取った茶葉を、窒素ガス、ヘリウムガス、炭酸ガスなどの不活性ガスの中に数時間放置して窒素処理します。
その後製茶したものです。
元々は日本の独立行政法人食品総合研究所で開発した物で「血圧降下」作用のほかに抗ストレス作用もあるといわれるまさに現代ストレス社会の救世主です。
IMG_3689.jpg
赤茶色の茶葉です。
阿里山の金萱茶を使用しています。

溢れてみます。
IMG_3693_20140604150915c34.jpg
香りはそう~かんろアメの匂い~~~好き嫌いははっきりしそう。
健康のためなら舞はOKです。
IMG_3690.jpg

IMG_3691.jpg
お菓子は台北といえば「パイナップルケーキ」の食べ比べ

52)高山烏龍茶 林茂森茶行製

台湾茶の現在のトレンドは標高の高い山で生産される烏龍茶だそで、その最高峰が「大禹嶺」と呼ばれている地区は高値でとりひきされるそです。
この林森茂茶行さんは卸を主にされている茶行さんもちろん一般販売もされています。
こちらは標高1000M以上の高山で生産された若い茶畑で育った茶葉だそうです。
IMG_3710.jpg
香りも豊かで試飲せずに購入しました。
溢れてみます。
IMG_3712.jpg
茶葉を多めに入れるととても良い香りと濃い味わいが楽しめ、何杯も楽しめます。
IMG_3711.jpg

お茶うけはハイビスカスのがくの砂糖漬け
甘酸っぱくて美味しい夏にぴったりですね。

53)宇治新茶2014 柳桜園製

6月ようやく京都に行くことができて新茶を手に入れました。
柳桜園は明治八年、三重県多度出身の開業医をめざして入京した伊藤勝冶氏が創業した京都では新しい茶屋です。
創業当時から、茶道関係に精通し評判を得て三千家御家元や茶の湯ゆ かりの大徳寺に贔屓にされてその名を知られています。
いわるるおのぼりさん的なお客より、ごひいき筋や京都通の間で信頼出来る茶屋です。くしくも本店の場所は一保堂本舗のすぐそば。場所柄茶関係のお道具屋が多いからかな。
IMG_4016.jpg
では「最高級宇治新茶」
いぶし銀な光沢のある茶です。期待大!!!
IMG_4019.jpg
錦市場の錦天満宮の御神水でいただきます。
きれいなお色、お味も新茶ならではのすぱっとした切れのある後味にしっかりとうまみもあり大正解の一品です。
IMG_4017.jpg

和菓子は仙太郎さんの七穀ぼたもちと抹茶あずき寒天
おいしゅうございます。

お店の情報は【こちら】
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

フリーエリア

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 京草子 雅な京都絵日記時々詣で All Rights Reserved.