舞少納言「有馬詣で」第四段の巻き



御存じ毎年恒例の有馬温泉に行ってきました。
あれ~~去年は行ってませんから毎年ではないですね~~~失礼しました。

今回は三田で所用をすませてからの有馬IN

今日は丸殿(最近家族に丸太郎と呼ばれているので)とその北の方が一緒なのでそのまま定宿「かんぽの宿有馬」に直行します。

きれいだし、スタッフもしっかり教育されているし、食事も美味しいんですよん。
丸殿と北の方を下し、夕刻に小君と「太閤の湯」へ。
IMG_2769_20140302162536bec.jpg
はずせませんね。かんぽはいいですが、露天風呂がないしここはいろんな温泉がいっぺんに楽しめて面白いです。
銀泉、ラジウム泉、金泉、炭酸泉、まったり温泉三昧~~~~ぷは~~~~極楽極楽~~~
この22日に改装オープンしたばかりさらにきれいになってます。
かなりラッキー~~~~~

で!宿に戻ります。
IMG_2771_20140302162555f4d.jpg
お部屋はこんな感じです。
広くて綺麗で本当に文句なし!!!間違いなし!!!

今夜の食事は「宝舞プラン 伊勢海老&牛&鮑」といった豪華プランです。
ここは意外と本当に料理が美味しいンですよ。
IMG_2772_201403021626151a3.jpg
前菜
IMG_2773.jpg
お造りとふぐのお寿司と蒸し物
IMG_2775_20140302162626e10.jpg
海老と蟹のチーズ豆乳鍋

IMG_2776_20140302162632965.jpg
蟹の爪サラダ

IMG_2777_20140302162958a34.jpg

肉と鮑の焼き物
IMG_2778.jpg
牡蠣のお茶漬け

どれも美味しく栄養バランスOKでも~~スタッフがたらないのか忙しそうでいつもより気配りが???
まあしかたないですね。スタッフのせいではありませんから。

お風呂でひとっぷろ~~~ここは金泉しかないんですが、しかも内風呂のみ、まあしゃあないか???

鉄分が多いので空気に触れると酸化して黄土色です。


温泉後はお部屋でごろごろ~~~自宅では味わえないまったり度~~~

翌朝の食事はビュッフェの朝食です。
いろいろ楽しめていいですね。
IMG_2780_201403021632390fd.jpg
三田にある「エスコヤマ」へ。

ケーキ店、パン屋、コンフェチュール屋、チョコ屋いろいろカフェまでまさにコヤマビレッジと化してますね。!
IMG_2781_2014030216324468d.jpg
外で軽く飲食出来るスペースに暖炉が!!!

IMG_2782.jpg

とりあえずブランジュリーを目指します。
クリームパン列はまだ出来ていません。今回はチョコクリームパン狙いです。この時期だけの限定~~~
今回の目的の一つ特製クリームパンチョコ味は冬限定の人気商品で焼く傍から売れていき、あっというまに完売です。
まずは列に並びます。
寒いけど・・・・我慢我慢~~~
IMG_2784_2014030216330386e.jpg

IMG_2785_20140302163309c6e.jpg

IMG_2786.jpg
クリームパンとチョコバナナ

ではで高速を飛ばし「神戸三田」で高速を降りて三田プレミアムアウトレットへ。昼食休憩してから、有馬へ。
IMG_2783_201403021632581a5.jpg

4月消費税アップマジかです。消耗品はGETしておかないといけません。

全体的にりんくうよりも規模は小さいですが、三田にしかないお店があります。
そして神戸っ子を消費対象にしているので内装も売っている商品もかなり良い上品で見やすく好印象です。


そして帰途へ~~~あっという間の有馬詣で楽しい日は終わるのも早いです。

枕草子でも「湯は有馬」とありますが、なるほど~~~とうならせますね~~~。 

清少納言は有馬へ出かけたという記録はないので実体験で書かれたかどうかは不明ですが、当時すでに有馬は温泉地として平安京の貴族の間でも知られていました。

宮中に出入りする殿上人の意見を参考に記述されたとも言われています。


エスコヤマのケーキ達
IMG_2792_20140302184106df6.jpg

IMG_2794_20140302184113221.jpg
いたずらシュー(キャラメルショコラバージョン)

IMG_2806_20140310181351e03.jpg

IMG_2804.jpg

ダニエルズカカオバーム
エクアドルを訪れた小山氏と出会ったカカオ農園の少年ダニエルへの交流で生まれたチョコバームクーヘンです。
ふぁっふぁで軽いバームにフランボワーズの酸味の利いたカカオが印象的なバームこれは美味しい!
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

フリーエリア

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 京草子 雅な京都絵日記時々詣で All Rights Reserved.