舞少納言の東国詣で第一段江戸遍

「舞少納言東国詣で」

平安の昔、東国は「都の東」今の静岡から南関東地域と甲信地方を指し、古代から渡来人の移民地であり東北地方に住む蛮族(当時の都人の認識)への防御地でもありました。
その地位はあくまで都の東国という位置ずけで文化的にも未発展な地方でした。

その後鎌倉時代に源頼朝が幕府を置き、安土・桃山時代太閤秀吉の命で徳川家康が駿河から江戸へ移りその後江戸幕府が置かれて以降の日本の都です。

特に京都に対して東の都という意味で明治時代から「東京」と呼ばれました。

東国詣では前篇江戸遍、後篇子之国篇と分けてご紹介します。


関空から成田
IMG_1566_2013111723111518f.jpg
初ジェットスター関空11時発成田12時15分着で東京へ!
今回は一日だけのセールに見事的中して飛行機代往復所経費込で一人¥7180-でGETです。
これで東京5日間の足、ホテル、ディズニーチケットを合わせると夢の5万後半に抑える事が出来ました。

IMG_1569_20131117231129134.jpg
機内新しいので綺麗です。
IMG_1568_20131117231122d1d.jpg
空弁は関空にあった蓬莱の日替わり弁当御茶付!やはり安くて旨い大阪のシンボル美味しいです。


成田から1時間で東京駅に到着です。

到着後、「東京駅は電車の乗車下車、乗り換え」という行為意外に最近は観光スポットになっています。
何故ならこちら昨年10月リニューアル工事を終え注目のお買い物スポットです。
IMG_1571_201311172311424c7.jpg
丸の内南口を斜めから撮影したベストアングルです。 IMG_1570.jpg
南ドーム内部
IMG_1572_20131117231149f40.jpg
皇室専用出入り口・お召列車を利用する際に使用される時だけ開けられる門IMG_1573.jpg
北口

東京駅は大正三年辰野金吾が設計した駅舎ですが、太平洋戦争でアメリカからの爆撃で一部損失した後、戦後若干建築やデザインを変更して復元されていました。
しかし今回の工事で創建当時の大正時代の姿を復元しました。

食後は東京駅に戻り地下1階のキャラクターストリート「東京おかしランド」へ
IMG_1574.jpg

「グリコ」「カルビープラス」「森永のおかしなおかし屋さん」がテナントに入っているお薦めお買い物スポットです。
こちらでしか購入出来ない限定のお菓子がお出迎えです。

小君を表参道まで連れて行き解散後、東京食べログケーキ部門NO1「アテスウェイ」へ向かいます。
IMG_1577.jpg
アテスウェイは吉祥寺の東京女子大の傍にあるケーキ店で、オーナーパティシエ川村秀樹さんが腕をふるっているお店です。

川村氏は国内の洋菓子店で修業をしながらコンクールで腕を磨き本場フランスのブルターニュ地方四つ星ホテルグランドホテル テルメスマリーンで働き国際コンクールでも賞を得て活躍をした実力派パティシエです。
伝統的なフランス菓子に、自身のインスピレーションを生かしたガトー、独創的な細工菓子やデザイナーとのコラボ菓子の製作と注目のパティスリーショップです。
IMG_1579.jpg
サントノーレマロン&タルトシブーストショコラキャラメル&ロールマロン
IMG_1580.jpg
特にこのサントノーレマロンが最高に美味しいです。

お店の情報は【こちら

IMG_1583_201311172313021a6.jpg
今日の遅めにイタリアン「ラ・ピッコラ・ターヴォラ」へ。
ピッツア!いつ頃からでしょうピザをピッツアろいう様になったのは・・・・・。
子供の頃ピザの生地はパンぽかった。なんというか・・・そうパン生地に味はなくてそうイタリアンじゃなくアメリカンな味だった。だからタバスコなんかふってたんだな。
大人になりバブルの頃、ピザはクリスピーがぼちぼち出始めえ~~~ピザはイタリアンなの~~~~しらなかった~~~事実が判明した。
それでもやはり家庭ではデリバリーピザが主流だった。
しかしここ数年でピザは大きく変化する。
ピッツアの名が本流となりそのトレンドはナポリだ。
ナポリピッツアの特徴はまさに生地にあります。モチモチで弾力のある食べ応えのある生地に濃厚なトマトソース&これまた塩気の利いたチーズいろんな具材を高温の石窯で焼くと黒く焼けパリモチの王様が出来あがる。

こちらは東京でも食べログ上位のお店もちろんナポリピッツアが頂けます。
IMG_1584_2013111723131173f.jpg
サングリア
IMG_1585.jpg
今日のお薦めピッツア
旨い旨すぎる
IMG_1586.jpg
手長海老のクリームトマトリングイネ
これはソースにパンチがないです。塩と胡椒が効いていない。手長海老とパスタ自体が美味しいだけに残念。
IMG_1575.jpg
そしてホテルへ(昼に撮影)

古いビル(構造上多分以前はラブホ)をリノベーションしてリーズナブルながら清潔で接客が丁寧と人気のプチホテルです。
IMG_1587.jpg

お部屋はこんな感じです。シンプルイズベスト!




江戸詣で二日目

本日は夕方近くまで東京ディズニーシ―で過ごして、疲れたのでホテルで休んでから渋谷へ
IMG_1581_201311172312523e3.jpg
渋谷に去年お目見えした「渋谷ヒカリエ」ショッピングビルファッションから雑貨、食品までおしゃれなアイテムがめじろおし!特に「サダハルアオキ・トシヨロイズカファーム・パン・ジョエルロブション」スイートは見逃せません。
雑貨屋さん、セレクトショップが多いビルです。バックを購入しました。
IMG_2113_20131117233652527.jpg
夕食は「横鍋ジャパン」でコラーゲン鍋を頂きます。
IMG_2115.jpg
「うぐいすとまり」梅酒です。
とろ~り甘酸っぱいのが美味しいです。
IMG_2117.jpg
コラーゲンです!
IMG_2118_201311172337360cf.jpg

IMG_2119.jpg

さっぱり二度目の具材を投入後はとても美味しかった。しめはラーメンで!!!

お店の情報は【こちら】



江戸詣で三日目


今日は下町「浅草」&おしゃれスポット自由が丘巡り

小君が「スカイツリースカイツリー」とうるさいので行ってきました。
浅草まで!
IMG_2120_2013111723442059f.jpg
IMG_2122_201311172344265df.jpg
浅草で見る東京スカイツリー

IMG_2123_20131117234432697.jpg
雷門
IMG_2124_201311172344387b0.jpg
浅草といえば浅草寺
IMG_2126_201311172344459eb.jpg

IMG_2127_20131117234451058.jpg
東京スカイツリーと浅草寺の五重塔
今昔物語
IMG_2128_20131117234457a6c.jpg


自由が丘で雑貨店巡り&スイート巡りです。


自由が丘といえばおしゃれで落ちついた町並みが良いです。
おしゃれ人気町です。
IMG_2129_20131117234504478.jpg
パティスリー「パリセヴェイユ」へ。自由が丘といえば「モンサンクレール」ですが駅から徒歩15分以上かかりしかも高い~~~。

個人的には駅地下のこちらの方が好みです。
食べログでの順にはそうでもありませんがこちらのお店は名パティシエ達からも一目置かれる存在!
人気パティシエが選んだ第一位に輝やいた事もあるケーキ店です。
しかもオーナーシェフはテレビや雑誌に紹介する事を良しとしない方のようでブログHPなし、テレビ取材も名前非公開という徹底ぶり、なので残念ですが店内撮影禁止の為お菓子の撮影はありません。
外見だけ楽しんで!


自由が丘は雑貨店やアンティークショップ、セレクトショップ、ケーキ店が多いエリアです。
今日は時間もありませんから事前にチェックしておいたお店を訪問します。
IMG_2131_201311172345195db.jpg
「ケルセン」
ポーリッシュポーセリンの専門店
ポーランドの陶器はかわいい絵柄でぽってりとしてすごく好みです。
やはりここは使いやすいマグかな~~~

IMG_2130_20131117234512839.jpg
雑貨屋さん


今日のランチは高田馬場フレンチ「ラミティエ」さん。
IMG_2136.jpg
東京のフレンチの中では珍しいリーズナブルドか盛り系のビストロフレンチ店です。
IMG_2133.jpg
ロレーヌキッシュ
IMG_2134_2013111723453141c.jpg
たらば蟹とほたてのクリームグラタン仕立て
IMG_2135_20131117235152c86.jpg
フランボワ―ズのシャーベット

大変美味しくて安い東京にはありましたこのフレーズ

八重洲へ!
そうもう帰りの日、成田まで高速バスです。

では帰らん「大阪へ」あっという間の夢の国&江戸&詣ででした。


帰りの飛行機で空弁だったんですが、ケーキになっちゃいました。
IMG_2138.jpg

IMG_2139_20131117234600a99.jpg

IMG_2140.jpg


本当に美味しいですここのケーキ~~~最後まで食べつくせ!!!東京!!!

今回の自分用の御褒美
IMG_2141.jpg

IMG_2142.jpg

IMG_2145.jpg
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

フリーエリア

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 京草子 雅な京都絵日記時々詣で All Rights Reserved.