舞少納言「優雅な茶草子」第二段

IMG_2516.jpg
今日はクリスマスに相応しいお茶の時間を草子します。

本年のクリスマスケーキは近くの美味しいお家のケーキ屋さんとして大人気の「YAMAO」さんの物です。

大阪南部の若いスタッフがお手頃なお値段でかわいくて美味しい作品を作ります。
IMG_2517.jpg
今回は「生チョコクリスマスデコレーション」です。

チョコと生クリームに苺そりゃ美味しいでしょう!

③中国紅茶 祁門 

紅茶といえば英国の飲み物!しかしそれはインドで栽培された物を輸入品です。
元々中国で作られたお茶は大航海時代のポルトガルへ輸入品として持ち込まれた嗜好品です。
当時のポルトガルからチャールズ2世の王妃としてイギリスへ嫁いだキャサリン オブ ブラガンザが持参品の一部として持ち込んだ品です。
彼女はその恵まれたとはいえない容姿、外国人で英語が得意ではない、また新教徒が多かったイギリスでカトリック教徒の王女、夫は浮気者という不幸な王妃の一人でした。
しかしこの持参品のお茶はめずらしさもともない貴族達を彼女のサロンに通わせる名目になるほどでした。
アフタヌーンティーの初期、彼女がイギリスでお茶の習慣を始めに行ったといっていいでしょう。
しばらくはこの高価なお茶は王侯貴族達や新興勢力ブルジョア層のステイタスという時代が続きますが、19世紀末ヴィクトリア女王の時代植民地であるインドでお茶の原種が発見されると一気に庶民の間で普及し価格も安価になり、イギリスの飲み物として定着しました。

今回は中国茶の祁門紅茶をご紹介。

祁門紅茶は中国の安徽省黄山で6月から9月に栽培されるお茶です。こちらの紅茶は世界的にも三大紅茶といわれるほど人気があります。ダージリン、ウバそして祁門・・・でも日本ではあまりメジャーではありません。
ティーバックで販売している事はあんまり聞いた事ありませんし、紅茶専門店か百貨店でかろうじて見る程度です。
何故???ん~~~~でも舞は好きなんですけれど。
着香でなく、お茶自体にスモーキーな香り、上質の物は8月で摘まれた物は蘭や薔薇の香りがし、ゴールデンチップという若芽の葉がはいった物はとても良いです。
ヨーロッパでは大変好まれ、英国王室ではアフタヌーンティーで出されるのはこの紅茶です。
欧米人はフレバ―ティーを好む傾向にあるようです。中国ではジャスミンティー、紅茶はアールグレー、台湾茶の東方美人。日本茶は昨今の日本食ブームでだいぶん消費されるようになりましたが、食生活の違いでしょうか?

このお茶ダージリンと同じ様に需要と供給のバランスの悪いお茶で高額な物から安価な物まで等級が非常に多く又かなりの目利きでないと痛い目に合うというお茶の一つです。
IMG_2519.jpg
今回は緊急だったので、家庭用の安価な等級の祁門です。

近くの紅茶専門店での購入だったので、人気がやはりないのか。少し乾いている感じ???で茎部分も目立ち形も均等ではないかな~
ん~~~まあぁ今回はケーキがメインと言う事でOK
IMG_2525.jpg
色目は澄んだ赤みがかった琥珀色なんですが・・・香りも少し弱い色ももう少し赤いんですが・・・。
まあぁケーキへGO!!!
IMG_2518.jpg
クリスマスケーキデコレーション
この雪だるまと女の子は砂糖菓子で出来ています。すっごくかわいい!やるね~~YAMAO
IMG_2521.jpg
&カットケーキ
チョコのほろ苦さと苺の甘酸っぱさにクリームの甘さGOODJOB!  


お店の情報は【こちら】


④台湾茶 阿里山金萱茶

台湾で品種改良された台茶12号というお茶の品種のお茶です。その名は品種改良の父・呉振鐸博士の母の名前からとられたそうです。
2000Mを超えるたとえば梨山大禹嶺の様な標高の高すぎる地区では栽培出来ないそうです。
その特徴はココナッツのような、バニラのような甘い魅力的な香り「乳香」台湾旅行される日本人にも大変人気のあるお茶です。しかしその分、質の悪い偽物の着香をつかまされる事の多い難問なお茶でもあります。

今回は台湾でも国立公園に指定さえている風光明美な場所「阿里山」で栽培された最高級の等級を台北興華名茶さんでを購入しました。
IMG_2529.jpg
茶葉の状態
すでに封を切って匂いたつ乳香すごく甘いけどひつこくない美味しいよ~~~と言ってます。
鼻をつくようなきつい香りではありません。

IMG_2531.jpg
3煎目のお茶
匂い立つほのかな甘い香り~~~癒されます。
4.5煎目まで甘い香りはしっかりと出ていました。着香ではない証し、しかも阿里山の名に相応しい品の良い味わいでした。


④ 花茶 玫瑰


薔薇茶と良く呼ばれますが、本物の薔薇ではなくハマナスの蕾で作られるお茶です。
分類としてはフレバ―ティー、茶ではありません。しかし大陸圏ではたとえば菊茶の様に花のお茶があり効能別に良く好まれ、お湯を注ぎお茶のかわりに飲みます。
この玫瑰は特にビタミンCが豊富で「美肌」効果の高いお茶として女性に人気です。

IMG_2527.jpg
ほのかに花の香り
IMG_2528.jpg
色も遠慮がちに出ています。
味わいよりも香りを楽しむお茶ですが、花粉症の方には不向きです。

次は年末年始に年越し&年明け初茶!とうご期待~~~ 
スポンサーサイト

トラックバック

フリーエリア

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 京草子 雅な京都絵日記時々詣で All Rights Reserved.