舞少納言のデザートレシピ第三段

夏の果物といえば桃7月から8月にかけていろんな品種が順番に実ります。

桃は中国大陸原産の薔薇科モモ属の落葉小高木でその実を言います。

春先に五弁、八重の桃色の花を咲かせて夏に収穫します。
実は甘く芳醇な香りがし、皮は柔らかく果肉は水分、糖分、カリウムを多く含んでいます。

昔からとてもおめでたい果実で古くから邪気を祓うと言われ愛されてきました。

今年は早い桃は糖度が低くショッピングを控えていましたが。7月後半から8月初めに猛暑がやって来たのと、昨年の福島の桃ミスピーチを本年も販売すると聞いて購入しました。

到着は丁度お盆の頃です。

では桃といえばピーチメルバです。このお菓子の誕生はイギリスの名門老舗ホテル「サヴォイホテル」
当時の料理長オ―ギュスト・エスコフィエがオーストラリアの女性歌手ネリ―メルバがレストランを利用した際サービスされた時から始ります。
メルバはこの珍しいお菓子をシェフに問いかけると、オ―ギュストは迷わず「ピーチメルバと呼ばせていただければ光栄です。」と答えたという逸話が有名です。
バニラアイスの下地にバニラシロップ漬けの桃を乗せて、ラズベリーソースをたらしアーモンドスライスをトッピングした夏のお菓子です。


「舞風ピーチメルバ」
IMG_1981.jpg

IMG_1992.jpg


桃の実         3個
蜂蜜          このみ
ワイン         500ml
(今回はなかったので梅酒)         
ゼラチン        2袋
レモン         適量
バニラクリーム     このみ
アーモンドスライス   適量
ベリージャム      適量
ヨーグルト       適量


①桃の皮をむき、両側から包丁を入れてふたつにし酸化しないようにレモンをふりかける。

②種の周りの実は角切りにしてレモンを振り、冷凍庫でシャーベットを作ります。

②皮はお酒をいれた鍋を煮立てさせて桃の実を投入し、コトコト煮ます。
IMG_1984.jpg

③20分くらい弱火で煮て熱をとったらそのまま冷蔵庫で一晩寝かせます。

④翌日鍋のシロップを再び熱して火を止めゼラチンを2袋投入しかき混ぜて又桃を投入して冷蔵庫で冷やします。

⑤2時間ほど冷蔵庫で冷やしゼリー完成。

⑦十分固まったら取り出して、グラスの下に当日角切りにした桃を入れて、桃アイスクリーム、そしてゼリーとバニラアイス、アーモンド、ベリージャムを何層にも交互に盛り付けて一番上に桃のシロップ煮を置きます。
上からベリーソース、アーモンドをトッピングして出来あがり~~~

IMG_1993.jpg
バカラのグラスで頂きました。美味しい~~~夏にぴったりなデザートでした。今度は赤ワインでやってみよう

そのあとは桃ゼリーを楽しめます~~~ワインはお好みで白でも赤でも良いです。甘いワインがお好きな方はドイツ産をさっぱりとした味がお好みでしたらフランス産(ドイツ国境近くの物はさけるべし)でどうぞ!!!
スポンサーサイト

トラックバック

フリーエリア

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 京草子 雅な京都絵日記時々詣で All Rights Reserved.