FC2ブログ

とくゆかしきもの 巻染、むら濃、くくり物など染めたる第三弾その壱紅餅を作る

今年3月にTEZOMEYA京都さんで紅染を体験しましたが、これなら自分で出来るかも今和裁の先生に縫ってもらっている綾織り絹が出来上がるので、入手したらこの冬に染めつけしようと材料を田中染料店さんで入手しました。

唐紅50G 対し500G 
ポイント染なので10倍で
韓紅色一疋 紅花大紅花大十斤 二反→6K  絹80G→紅花500G
購入した材料
DSC_0849.jpg

紅花500Ⓖ2,541円
ワンポイント彫型紙 中判サイズ 正倉院柄 鹿花草文様1826円
ワンポイント彫型紙 小判サイズ 蝶々 550円
銀フィルム 1617円 ホットバインダーMT673円

あと後日二藍色も挑戦したいのでここで簡単調合されているインド藍を購入しました。助剤が入っているのでこの液と添付の助剤を使用すると簡単藍染めが出来るんです。

さて紅染は花びらだけそのまま揉むと染料にできますが、紅餅にする事でさらに赤みが増すのでそうです。
ただ本来は収穫期の6月~7月にかけて行うのでどれくらいちゃんと乾燥するか心配ですが。
染め作業は真冬がよいというのでやっちゃいます。


 
紅餅の作り方
DSC_0850.jpg

①500G紅花を洗濯用ネットに入れ水洗いして汚れをとりのぞきます。
葉とか種とか入ってます。
DSC_0851.jpg

②10CCの酢の入った水で更に黄色色素何度か手でこねる。
ここで黄色の色素をある程度ぬいておく軽く水を切る。何度も水をかえて最後は足で直接踏んで黄色染料をとりのぞく
DSC_0852.jpg

DSC_0853.jpg

③ジブロックに移してベランダの風通しのよい所でむしろを曳いて時々水を掛けながら発酵させます。
 これを2日間放置して紅花を発酵させます。
 葉発酵した紅花は赤みが増していい感じ。
でもここで置きすぎると黒くなり染料として使い物にならないので注意です。

雨の日は部屋へ移動する。

続きはその弐へ
スポンサーサイト



テーマ : きもの キモノ 着物 - ジャンル : 趣味・実用

フリーエリア