無料レンタル
京草子 雅な京都絵日記時々詣で 2014年04月

舞少納言「美濃国淡墨桜詣で」

「身の代と 遺す桜は薄住よ 千代に其の名を栄盛へ止むる」 

                                                       継体天皇詠

訳:わしの代わりに(この地に)残す薄墨桜なぁ~。永遠になぁ~あんたの名前を残しやぁ~咲き続けんねんでぇ~

さて今回は是非に三大桜を見ようと岐阜まで詣でます。
日本三大桜の樹齢は1000年以上

山梨県神代桜
福島県三春桜
そして
岐阜県淡墨桜

関西から近いので岐阜にある「淡墨桜」を見に行きます。
IMG_3030_20140409172518625.jpg
今回活躍するのは「JR西日本関西おでかけ切符」3600円これで米原まではフリーパス~~~

大阪駅経由で花見にかかせない弁当を調達するために草津にある「近鉄百貨店草津店」の食品売り場でお弁当と団子などを吟味!

1階の食品売り場で「下鴨茶寮」を発見!!!
京都の地で江戸時代晩期安政三年(1856年)創業の料亭の味をお弁当で!
三大桜にふさわしいお弁当をGETします。

お店の情報は【こちら】

桜といえば「花見のだんご」です。
さらに和菓子売り場へ。
大彌さん発見!
この和菓子店は滋賀の甲賀にある和菓子さんで洋菓子のテイストを入れながらもしっかりと地元のお菓子を作っておられます。
いろいろGETです。

お店の情報は【こちら】

そして米原行きの電車まで時間があるので舞のお薦め滋賀の茶朝宮茶をGET。

朝宮茶の歴史は今から1200年の昔、嵯峨天皇御代に岩谷山(現在の仙禅寺一円:信楽町朝宮)に茶の実を植えられたのが起源と言われています。

しかも実は日本五大銘茶の一つが朝宮茶です。
狭山(埼玉)
宇治(京都)
朝宮(滋賀)
川根・本山(静岡)

だけど全国的には知メードはいまいちながら「なかなか美味しい茶の産地」で以前ご紹介しましたが、宇治茶並みの美味しさにして宇治茶よりもリーズナブルです。

そして草津駅から米原経由大垣経由さらに樽見鉄道へ
IMG_3031.jpg
片道一時間で普通単線だいたい20分くらい民家の間を抜けた後山へと分け入り、途中に山々と透き通った根尾川の風景が牧歌的です。
IMG_3032.jpg
いい所です。途中下車もよかったかな~~~
IMG_3033.jpg
桜が満開です。
IMG_3038_2014040823210964d.jpg

IMG_3039.jpg

IMG_3040.jpg

IMG_3041.jpg

IMG_3043.jpg
まだ雪の残る白山

終点「樽見」で下車します。徒歩15分で「薄墨公園」に到着です。途中が坂道で結構悪路です。

IMG_3098.jpg
薄墨公園は「淡墨桜」を守るために整備された芝生広場(4500平方m)や、野外ステージのある公園です。

それでは尾谷淡墨桜のご紹介

この桜は樹齢1500年と言われ一つの伝説があります。
この桜が継体天皇お手植というのです。

継体天皇は現天皇家の初代皇統の天皇です。
ではなぜ継体天皇なのか???
その樹齢1500年と尾張一宮であった真清田神社の古文書「真清探當證」に由来します。

五世紀の中頃、雄略天皇の時代。 二十代安康天皇が歿すると、皇位をめぐって大和朝廷は一大混乱に陥った。 億計・弘計二皇子の父、市辺押磐皇子は、大泊瀬幼武王(雄略天皇)に謀殺された。 二人は、従者たちと共に丹波国(京都府)を経て、尾張国(愛知県)へ逃亡する。 そして尾張国の一宮、真清田神社の近くで三十年あまりの辛苦にみちた歳月を過ごした後、清寧天皇の時に迎えられて都に還り、やがて皇位に就く。
 一方、男大迹王は、二皇子が尾張に潜伏していたとき、弟の弘計王の子として誕生する。 だが、雄略天皇の執拗な探索をおそれて、生後まもなく養父母に託され、美濃の山奥、根尾に隠れ住むことになる。 そして二十九年後、億計王が即位した時、はれて大和に上がるのである。

その人物が継体天皇

この内容はその他の記述にはなく(日本書紀・古事記)
日本書紀では

男大迹天皇更名彥太尊、譽田天皇五世孫、彥主人王之子也、母曰振媛。振媛、活目天皇七世之孫也。天皇父聞振媛顏容姝妙甚有媺色、自近江國高嶋郡三尾之別業、遣使聘于三國坂中井中、此云那、納以爲妃、遂産天皇。
天皇幼年、父王薨。振媛廼歎曰「妾、今遠離桑梓、安能得膝養。余歸寧高向高向者、越前國邑名奉養天皇


夫なき後わが子と共に出身地である越前へ帰ったとあるだけで一文も美濃国のかかわりが出てきません。

しかも 顯宗天皇、仁賢天皇とも丹波国に潜伏していたのでこれまた尾張・美濃国にはまったくかかわりが出てきません。

これは神社の作り上げた伝説だと言えます。

この桜が当時かなり大木で有名だった事でその荘厳で優美な姿が天皇家に結びつけたと考えていいでしょう。

継体天皇の妃の一人
尾張連草香女曰目子媛更名色部がいた事も大きいです。
尾張氏は美濃国から近い尾張国の豪族です。そこで尾張に近い美濃国根尾の桜が結びついたのでしょう。
また継体天皇が即位前に統治していた越前国も近かったからもあると考えられます。

伝説はあくまで伝説です。

その美しさは時代が流れ人々の価値観が変化していく中で変わらない証と思えばいいでしょう。

その伝説によると継体天皇は大和朝廷の重臣達の招きにより皇位を継承するため屋敷を焼き払い王子の産殿跡に1本の桜の苗木を植えられて和歌を詠まれたそうです。

・・・・・あくまで伝説ですがその逸話にふさわしい風格を備えた老桜です。


IMG_3045.jpg
根尾谷淡墨桜

品種 彼岸桜

大正11年10月12日 内務省天然記念物指定

蕾のときは薄いピンクで満開になると白色へ。散りぎわには特異の淡い墨色になります。
淡墨桜の名はこの散りぎわの花びらの色に由来します。
IMG_3046.jpg

中央の幹部分がさすが樹齢1500年超え風格が違います。
樹高16.3m、幹囲目通り9.91m、枝張りは東西26.90m、南北20.20m
古木もこれぐらい古いとなんもしないと枯れてしまいます。
事実この淡墨桜も何度も枯れる危機にさらされました。

まず近年1913年大雪の為、幹の一部に亀裂が発生し樹勢が衰えだすと1948年文部省で3年以内に枯死と判断され、翌年医師前田利行氏により行われた治療はシロアリの駆除と共に、近くの山から山桜の若根を採取して、僅かに活力のある残根に、特殊な方法でできる限り多く根接ぎを施し再生に成功します。

またこの間に降雪がありこれを除き、施術部の凍結を防ぐと共に、土壌の入れ替えや肥料を施すと、施術後の淡墨桜は異常なほど発育繁茂したそうです。往年の盛観をよみがえらせます。

しかし1959年に発生した伊勢湾台風で被害に合い太い枝が折れ葉や小枝は殆どもぎ取られ無残な姿になってしまいました。その惨状に作家宇野千代が保護に乗り出します。

雑誌にこの桜の惨状を訴え県知事が保護に動きます。

岐阜大学教授堀武義先生に桜の診断を依頼し保護の方法の指示を願うと堀教授は以下の通り指示されます。
幹周辺をこれまでより広く柵で囲み根を守る
支柱を増やして枝を守る
白いカビを削り取って幹を守る
大量の肥料を与えて若返りをはかる
その他細部にわたって根尾村に指示をだすと以来、作業に対し国・県から補助金が交付されます。
また地元や有志の浄財とも合わせて保存に努めておられるそうです。

近年では技術の進歩により、平成元年に延命手術を施して以来、8年度までに4回の手術を行われます。
保護増殖を目的とした手術で、桜本来の生命力を甦らせ樹勢を回復させるものでその内容は、腐朽部除去・殺菌剤散布・木質強化剤塗布・ウレタン充填等の方法です。
今後は、主幹部や枝部の空洞に発生している不定根を地面にまで導く技法が検討されているようやく保護され人々の尽力で現在も毎年花を咲かせてくれています。

IMG_3049.jpg

IMG_3050.jpg

IMG_3051.jpg

IMG_3067.jpg

IMG_3075.jpg
IMG_3082_20140409172113ccc.jpg

IMG_3075_20140409172126a6e.jpg

IMG_3091.jpg

IMG_3101.jpg

IMG_3103.jpg
枝の部分
IMG_3086.jpg

IMG_3102.jpg
満開の花
今年は例年になく花付きがよかったというお話しなのでラッキーです。
IMG_3077.jpg
隣に植えられた二世と共に親子共演です。

IMG_3057.jpg
その桜を見ながら下鴨茶寮のお弁当と和菓子を頂きます

IMG_3058.jpg
春の行楽弁当 二段重ね
IMG_3060.jpg

IMG_3061.jpg

IMG_3062_20140408232714444.jpg

IMG_3063.jpg

IMG_3064_20140408232728197.jpg

お菓子は和菓子で「苺大福」「桜大福」「桜餅」

今年は例年になく花が多く咲いたそうです。
やったね~~~遠いので頻繁にこれませんが、2時間近くゆっくりしました。

サクラは、バラ科サクラ属サクラ亜属に分類される落葉広葉樹です。
春に白色や淡紅色から濃紅色の花を咲かせ、古くから日本に自生植物で、現在は品種改良により固有種・交配種を含め600種以上存在します。
古い桜は主に山間部に存在していますので、人に荒らされる事なくかと言って人の手を借りながら永遠に繋いでいく。
「絆」を感じます。

さすが風格と威厳に満ちた姿は圧巻です。

しばし時を止めて~~~宮廷人の気分に~~~

ぐるっと一周します。
IMG_3065.jpg

IMG_3070_20140409173147a45.jpg

IMG_3076.jpg

IMG_3078.jpg

IMG_3081.jpg

IMG_3104.jpg

IMG_3106.jpg

IMG_3110.jpg

観光の情報は【こちら】

IMG_3111.jpg

IMG_3112.jpg

IMG_3113.jpg

IMG_3115.jpg

IMG_3116.jpg

IMG_3117.jpg

さてでは帰宅、又揺られて一時間景色を楽しみながら~~~のーんびり~~~
スポンサーサイト

テーマ : 桜めぐり
ジャンル : 旅行

フリーエリア

プロフィール

mai syonagon

Author:mai syonagon
京都好き、歴史好き、ショッピング好き、温泉好き、グルメ好き。
凝り性な乙女座、A型、金星人、六白金星なわたしです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
宮仕え中につきお願い
宮中出仕中につき、更新は不定期となります。ご理解ください。 又、過去の記事を記載している為に掲載している季節と月日が合っていません。 季節は題名、カテゴリー別の方を優先し、過去分の月日は無視してください。
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ