衣のなかに細長はさもいひつべし

訳:(女性の着る)衣の中になぁ 細長っていうんのがあるんやけど、そう呼んでぴったりやねん。

IMG_4931.jpg
平安時代の装束のうち女性貴族が着る衣は主に小袿姿、十二単、細長などがあります。
源氏物語で正月の衣裳を源氏が選んだものの縮小再現した衣裳が下記の写真です。
奥の左の白い衣裳と右奥の衣裳が「細長」左が明石の姫君、右が玉蔓、中央が「小袿」で紫の上の物です。
中の簾にあるのが「小袿」明石の上、右側が「小袿」花散里、左手前空蝉の衣裳です。

IMG_4942.jpg
左の二人の女房が着ている衣裳が小袿(平安末期鎌倉期の宮中衣裳)中央が十二単、右が細長です。
色あわせは上着は細長、衵、単に張袴をはいて当帯と扇

変なのですが、身分が高いほど略式化した衣裳を着るのが一般的で、小袿姿は十二単から唐衣と裳を外した様ないで立ちです。
十二単は主に宮中行事で天皇が同席するなどの正式な際にしか位の高い女性は着用しませんでした。
赤い袴をはき、下着の着物の上から単、袿、打衣、表着、唐衣を重ね最後に裳を腰に巻きます。

今有名な皇室の伝統的な十二単は主に女房達が普段着に身につけ女房装束とも言われます。
高位の女性は正装時以外は小袿姿(十二単に裳と唐衣をはずした姿)ですごしていました。
なんか変ですね。
身分の下の人が沢山衣服を身につけないといけないなんて・・・・。
平安時代は中国との交流がなくなった為日本独自の文化、風習、風俗が育つ国風文化の花ひらいた時代でした。
と同時に衣裳にも大きな変化が出てきます。
唐時代の様な衣裳は主に絹で製作されていました。しかも唐ではその生産方法を極秘にしていた為に日本に絹が入ってこなくなりました。
さあ冬は寒い日本。しかも今よりとても寒かったそうですからたまったものではありません。当然沢山着る!しかてだてはありません。その重量や平均15KGという重さだったといいます。お姫様方は大変な思いをしたくないって事でしょうか?皆同じ様な衣裳なので、季節や合わせなどで帝や上皇、中宮や皇后、女御やに仕える後宮の女性達はセンスを競ったそうです。
IMG_0307.jpg
ってことでそんな衣裳の体験を京都で
IMG_0270.jpg
今回は2年ぶりに大覚寺で紫の縁「源氏物語」が開催されます。
本当に久しぶり・・・・井筒企画さんの協力で京都市観光協会さん主催のイベントです。
今年の映画「源氏物語」のおかげでしょうか?源氏物語=平安時代=十二単体験
IMG_0258.jpg
受付は普段は入り口ではない明智門から入ります。

3月25日の開催に予約を入れていざゆかん京嵯峨へ。
IMG_0248.jpg
大覚寺道を歩くと茅葺の民家が・・・意外とまだひなびてますね~~
午前中に大覚寺に到着します。

IMG_0253.jpg
式台玄関
銅板葺きの唐破風を備えています。妻飾りは木連格子懸魚附きです。この玄関は東福門院の女御御所、長局の一部と考えられています。
IMG_0255.jpg
また玄関の部屋は「松の間」には狩野永徳伝筆といわれる松に山鳥図が豪華に描かれています。

ここは嵯峨天皇が即位後に離宮を造営した嵯峨離宮が始まりで上皇崩御の後、娘の正子内親王が寺院とし嵯峨天皇の孫桓寂入道親王に初代門跡を務めさせた事に始まる京都でも代表的な門跡寺院でした。
京都近郊で大規模な寺院でしたが、応仁の乱で跡かたもなく消失しようやく江戸前期にほぼ今の姿で再興された大型寺院です。
又京都の代表的な生け花の流派である嵯峨御流の家元でもあります。
IMG_0256.jpg
生け花は仏花として発展したといってよいでしょう。始め仏に捧げる花はその性質上仏教の理念の上に成り立ちました。故に流派は違うものの定義が同じという共通点もあります。京都最大の池坊流、円照寺流などがそうですね。

嵯峨御流は嵯峨天皇が始め大沢池で船遊びした時に小島に咲く可憐な菊(嵯峨菊元になったの自生の菊)を摘んで花瓶に挿された姿が「天、地、人」の三才の法、仏教の世界にかなった事に始まるとされています。

IMG_5168.jpg

IMG_5149 (0)
その菊を品種改良した嵯峨菊

正寝殿は安土桃山時代の書院造りの建築物で12の部屋で構成され、「剣璽の間」「御冠の間」「紅葉の間」「竹の間」が中央列は、「雪の間」「鷹の間」が、西列は「山水の間」「聖人の間」を並べ、その南と東に狭屋の間を
配置されています。
IMG_0274.jpg
東列の上段の間「御冠の間」は後宇多上皇が院政を行った所です。

宸殿は後水尾上皇の中宮にして徳川家康の孫東福門院和子の女院御所の一部を寄進した寝殿造の建物で廊下、広縁はうぐいす張りをほどこしてあります。
IMG_0523.jpg
辰殿前の紅梅

右近の梅(平安時代初頭までまだ唐の影響で桜ではなく梅が植えられていた古事に由来)
左近の橘(蜜柑の木ですね。)
左右が私達から見て違うのは家臣がこの御殿を見た際に左右が違っているのでこういいます。
家臣から見て左、右です。

勅使門
朝廷からの使者が来た時にしか開かない特別な門

霊宝館


IMG_0529.jpg
梅とメジロ
IMG_0531.jpg

辰殿と中庭の梅
まさに平安時代雅の再現には相応しい場所ですね。


IMG_0475.jpg
到着後、予約していた「細長」を選んで着用していきます。
今回は若菜上女楽の演奏時に紫の上が着用していた細長を井筒さんが再現した物を選びました。

濃袴を履き、単、袿、その上に細長を着用して帯を結び扇を持ちます。

だいたいは十二単を同じなのですが、最後に唐衣の裾が細く長くたれさせています。なんか大きな烏賊の足みたい~~一般的には当時の貴族の若い女性の衣服とか?そんな事はないとかあまりはっきりといわれのない謎の装束です。清少納言の枕草子にも登場しますが、詳しい説明や解釈がありません。
又紫式部は源氏物語の中で玉蔓や明石の姫君、紫の上、明石の君、女三の宮に着せたりしています。当時の設定は紫の上、明石の君共に三十代半ばです。昔でいうと年配の女性、でも紫式部は彼女らに細長をきせる設定をしています。?????じゃあ年齢は関係ないかも???
源氏物語だけでみると、だいたい高位の女性、しかも宴や女楽、正月用の衣裳といった設定できせているのでどうやら準正装では???

細長の記述

源氏物語 正月の衣裳を源氏が「玉蔓」に選んだ衣裳と合わせ
曇りなく赤きに、山吹の花の細長は、かの西の対にたてまつれたまふを、上は見ぬやうにて思しあはす。「内の大臣の、はなやかに、あなきよげとは見えながら、なまめかしう見えたる方のまじらぬに似たるなめり」と、げに推し量らるるを、色には出だしたまはねど、殿見やりたまへるに、ただ
ならず。「いで、この容貌のよそへは、人腹立ちぬべきことなり。よきとても、物の色は限りあり、人の容貌は、おくれたるも、またなほ底ひあるものを」

源氏物語 正月の衣裳を源氏が「明石の姫君」に選んだ衣裳と合わせ
桜の細長に、つややかなる掻練取り添へては、姫君の御料なり。

源氏物語朱雀院の宴の時に「女三の宮」が柏木に見られる際にきていた衣裳
紅梅にやあらむ、濃き薄き、すぎすぎに、あまた重なりたるけぢめ、はなやかに、草子のつまのやうに見えて、桜の織物の細長なるべし。御髪のすそまでけざやかに見ゆるは、糸をよりかけたるやうになびきて、裾のふさやかにそがれたる、いとうつくしげにて、七、八寸ばかりぞ余りたまへる。御衣の裾がちに、いと細くささやかにて、姿つき、髪のかかりたまへる側目、言ひ知らずあてにらうたげなり。

源氏物語六条女楽の宴の時の「女三の宮」の衣裳
宮の御方を覗きたまへれば、人よりけに小さくうつくしげにて、ただ御衣のみある心地す。匂ひやかなる方は後れて、ただいとあてやかにをかしく、二月の中の十日ばかりの青柳の、わづかに枝垂りはじめたらむ心地して、鴬の羽風にも乱れぬべく、あえかに見えたまふ。
桜の細長に、御髪は左右よりこぼれかかりて、柳の糸のさましたり。

源氏物語六条女楽の宴の時の「紫の上」の衣裳

葡萄染にやあらむ、色濃き小袿、薄蘇芳の細長に、御髪のたまれるほど、こちたくゆるるかに、大きさなどよきほどに、様体あらまほしく、あたりに匂ひ満ちたる心地して、花といはば桜に喩へても、なほものよりすぐれたるけはひ、ことにものしたまふ。

源氏物語六条女楽の宴の時の「明石の君」の衣裳
柳の織物の細長、萌黄にやあらむ、小袿着て、羅の裳のはかなげなる引きかけて、ことさら卑下したれど、けはひ、思ひなしも、心にくくあなづらはしからず。

しかしどういう時に着たとかどういう身分の人が着たとか良くわからない不思議な衣裳だそうです。

細長の紹介は【こちら】

「中宮様の晝の御出掛」

清少納言さんのお仕えする中宮さまというのは時の天皇一条帝の皇后定子さまです。時の関白藤原道隆とその北の方高階貴子の長女として誕生します。祖父兼家を腰結ぶをつとめ着裳の式すると正暦元年(990年)従姉弟の一条天皇(兼家の娘詮子)の後宮に入内し、登花殿に住まい女御、次いで中宮に冊立します。
入内した定子は和歌、音楽など風雅を好み、和漢の才に秀いでいながら、明朗快活な性格で父道隆の権勢で他に后もなく一条天皇の寵愛を一身に受けていました。

しかしその栄華も永遠ではありませんでした。父道隆が長徳元年(995年)に祖父兼家、叔父道兼が死去するとその
立場が一転してしまいます。伯父である道長が一条帝の生母であり、定子の叔母で、弟道長を溺愛した詮子の政治介入を受け朝廷での地位を確固たるものにしていきました。

しかも定子の兄弟伊周、隆家が花山院奉射事件(伊周が通っていた女が花山院が横恋慕していると勝手に勘違いして花山院に矢を撃ち撃った事件)を起こし、妊娠中の定子の目の前で検非違使に逮捕された後、左遷され都落ちしてしまいます。するとショックを受けた定子は衝動的に髪を切り出家し里内裏で過ごしていました。

ところが出家した定子を忘れられない一条帝は定子を内親王を産んだ後、強引に内裏に呼び寄せます。

しかし出家した中宮を元の内裏に迎える事はできず、しばらくは中宮職の役所の一部が中宮殿にあてられるという冷遇ぶり、しかも天皇も夜おそくにしか訪れないといったこそこそ通いの状態でした。

それでも天皇の寵愛はうすれず長保元年(999年)第一皇子敦康親王出産、これに危惧をいだいた道長は長女彰子を一条帝に入内させ(当時12歳くらいまじこれでお手付きとなれば平安時代といえど一条天皇はロリコン変態)、強引に定子を皇后、娘彰子を中宮にしてしまいます。当時皇后と中宮は同じであり一帝二后という奇妙な構図でした。(当然一条天皇は子供の彰子に興味なし!当然夜渡りなし妊娠なし)

皇后定子は再び懐妊したもののこの出産の負担で長保2年(1000年)帰らぬ人になってしまいます。
陵は鳥辺野に設けられ土葬されたといいます。

亡くなる前に定子が一条天皇に贈ったといわれる和歌

夜もすがら契りしことを忘れずは恋ひむ涙のいろぞゆかしき
訳:あたしが死んだら後に恋しいいうで泣くあんたの涙の色を知りたいねん。

一条天皇が定子に返歌した和歌
野辺までに心ばかりは通へども我がみゆきとは知らずやあるらん
訳:おまえが行く鳥辺野には行かれへんけどこの魂は追っていくんをおまえはしらへんのか?

一条帝はその権威を叔父道長にうばわれ宮中で苦痛の日々を虐げられ、定子の死を深く悲しみました。
悲しすぎて定子の内親王の世話役として宮中にあがっていた定子の妹御匣殿に手をつけてしまう始末、しかもその妹も妊娠中に死去するという悲劇ぶり・・・・・悲しすぎ。

最愛の女性を二人も亡くした一条天皇は悲嘆にくれますが、そのうち彰子が成長すると道長は中宮の女官に紫式部、和泉式部、赤染衛門、伊勢大輔、小式部内侍など才女を彰子の女房として出仕させて教養人だった一条天皇の気をひきます。折も折内裏で火災が起こった際に天皇自らが彰子の手を引き災難を避けた事もあり、天皇の彰子への関心も深まり夜の渡りも増えていきました。入内9年後彰子との間に敦成親王を出産、翌年にも敦良親王が誕生します。(この2人後に帝位につきます。しかも中宮は道長の娘つまり叔母)が出来、政治は道長の時代へ突入します。

後一条天皇(敦成親王)に娘威子の立后が叶った日に詠んだ宴での和歌
この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば
訳:この世の中は自分のためにあると思うんやぁ 満月のかける事もない!

まさに俺様な道長!
この人末っ子に男子にありがちな俺様キャラ。
みんなで天皇家の行幸の際でもお着替えで皆を待たせたり、皇后定子が出産の時や天皇の身の周りの世話をしないといけない公卿まで連れだして別荘へ出かけたり、賄賂で国司の職を与えたりとやりたい放題。娘の彰子にもあきれられるほどだったとか。
ここまでは平安時代の御説明です。


ではここからは平安時代一条天皇の御世の世界へGO

IMG_0454.jpg

IMG_0457.jpg


IMG_0468.jpg
宮使えのさまざまな様子
IMG_0480.jpg

宮使えする女房達
宮使いは和歌を読みあったり、読み物のお話をしたり、世間ばなしや公卿の方々の噂話など中宮さまにお伝えしたり、季節さまざまな行事の準備を女嬬に指示したりなかなか大変なんですよん。
IMG_0340.jpg
IMG_0335.jpg
日頃の日常をご紹介いたします。

枕草子の誕生について

「これになにを書きまし。上の御前には史記といふ書をなむ書かせたまへる」などのたまはせしを、「枕にこそは侍らめ」と申ししかば「さて得てよ」

訳:(関白さまが献上された紙を中宮さまが)「これで何を書いたらいいんやろ。帝は歴史書をかかせはるんやぁ」といいはるので、私が「枕がいいんちゃいますか?」というたら「じゃああんたにあげるから書いてみてやぁ」
IMG_0439.jpg
この冊子、目に見、心に思ふことを、人に思うことを、人やは見むとすると思ひて、つれずれなる里居のほどに書き集めたるを、あいなう、人のために便なきいひ過ぐしもしつべきところどころもあれば、ようかくし置きたりと思ひしを、心よりほかにこそ漏り出でにけれ。

訳:「この本は私が普段に目にした事やぁ、心に思った事とか、どうせだっれも読めへんやろぅと自宅に帰ってた暇をもてあました時にあ~だこ~だと書いてあったのんをどうせ人にみせないしと詠まれてまずい所もあったのに見つかって世に出てめっちゃ困ったもんやん。」

なんで見つかったかって言ったら。

左中将まだ伊勢の守りときこえしとき、里におはしたりしに、端のかたなりし畳をさし出でしものは、この冊子載りて出でにけり。まど取り入れかど、やがて持ておはして、いとひさしくありてぞ返りたりし。それよりありきそめたるなめり。

訳:左中将がまだ伊勢守だった時、自宅に来て畳にあった本を見つけてパクって、勝手に宮中に持っていってから長い事~~手元になくなっていたんが戻ってきたやけど。それから知られるようになってんなぁ~一般に読まれる様になっってん。
IMG_0265.jpg
特別公開の「庭湖殿」で平安のしつらえにて非公開のお庭も素晴らしいです。
IMG_0266.jpg

IMG_0271.jpg

つれずれなぐさむもの双六。

訳:暇つぶしは双六に限るやん。
IMG_0447.jpg
唐菓子を頂く

御几帳と脇息に携帯用机

平安時代特に高貴な人々は直に会ったりしませんでした。
それでも親しい人や身近な人に会う時には後ろの御几帳で姿を隠して会ったりしたんですね。
どんだけはずかしがりやねん?

IMG_0438.jpg
御几帳のほころびよりはつかに見入れたり。

訳:御几帳の隙間からちょっとだけ見れてん。(ってかいっぱい見えてる。)

IMG_0440.jpg
琴の琴を演奏される宮さま
IMG_0444.jpg
かしら洗ひ、化粧じてかうばしうしみたる衣など着たる。

訳:顔を洗ってなぁ、化粧して着物を着んねん。
IMG_0269.jpg

IMG_0461.jpg

IMG_0466.jpg
部屋からの庭

IMG_0432.jpg

IMG_0434.jpg
昼食離宮嵯峨御膳を頂きます。いかにも精進料理風京料理ってお味です。
カツ風高野豆腐ととうがらしの素揚げ梅たれ付き、水菜、あげ、麩、海藻入り麺の豆乳鍋、胡麻豆腐、茶碗蒸しに炊き込みご飯とお味噌汁など!

再び着つけをしてから、大覚寺内を散策します。
IMG_0275.jpg

まだ大殿籠りたれば、まず御帳にあたりたる御格子を、碁盤などかきよせてひとり念じあぐる、いと重し。

訳:(中宮様が)まだ寝てはるから、まずは御格子をあげようとしてなぁ、踏み台をこしらえて一人で上げんねんけど、めっちゃ重いねん。
IMG_0410.jpg

IMG_0415.jpg

IMG_0302.jpg
宮はいとやすらかにいますこしおとなびさせたまへる御けしきの、紅の御衣にひかりあはせたまへる、なほたぐひはいかでかと見えさせたまふ。

訳:中宮様はなぁ。めっちゃ落ちつてて、ちょっと年上でいはるから
紅の衣裳が映えてようにおうてはるんは比べられへんわなぁ。

IMG_0413.jpg
うへなる人人のかぎりは出てゐ、下りなどして遊ぶに

訳:(中宮さまに)仕えてはる女房達は皆、簀子縁までなぁ、出てきて庭に出たりして遊んでたら

簀子の高欄に手をついて庭を眺めし所。
IMG_0332.jpg
渡殿への移動

IMG_0370.jpg

細殿いとおかし

訳:細殿はすごい素敵~~~

五大堂は 江戸時代の中期の創建です。不動明王を中心とする五大明王を安置し大沢池のほとりに位置し、正面には吹き抜けの広縁があり、大沢池に面する東面は池に張り出すように広いぬれ縁が大沢池の眺望がすばらしい。

IMG_0383.jpg


IMG_0388.jpg

IMG_0352.jpg

大沢の池を望むぬれ縁で風景を楽しみました。
笛の演奏でしばし平安の世界を体感しました。
単を一枚ずつきせていく、小袿を着て唐衣をはおり裳をつけて女房装束の出来あがり
13時30分からは辰殿で衣紋道実演を観賞してから御殿内で記念撮影しました。

ここは普段は立ち入り禁止!すごいラッキ~~~襖も狩野派の牡丹が美しい~~~東福門院和子さんがいたであろう~~~場所~~雅やねぇ~~~
<IMG_0519.jpg

IMG_0513.jpg
東福門院さん???

なんだかあわただしいか?ゆったりか?な一日でした。

今回は御所車や舟の遊覧はなかったのが残念ですね。まあぁ次回あればっていう事で!

観光の情報は【こちら】


帰りに桜川の人気店ルシェルシェさんで予約のケーキをGETです。
前から気になっていた食べログでも高評価のお店です。

お店の情報は【こちら】

IMG_0535.jpg
タルトショコラ、キャラメルのクッキーに胡桃ブルント
IMG_0540.jpg
タルトフレーズ
IMG_0544.jpg
オペラ
帰宅後茶会です!!!
スポンサーサイト
フリーエリア

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 京草子 雅な京都絵日記時々詣で All Rights Reserved.