無料レンタル
京草子 雅な京都絵日記時々詣で 2011年05月

木木の木の葉、まだいとしげうはあらで、わかやかに青みたわたりたる

訳:木々の葉がなぁ。
まだ覆い繁るほどじゃないねん。若若しくてなぁ空に青が渡ってる感じやねん


今年の季節は冬と思っていたら春が短く夏?と思っていたら、また春?なんて思える変な季節でした。
あっというまに5月も終わろうとしています。
この季節は青葉と皐月の季節の京都を楽しみましょう。と思ったらいきなり台風接近で悪天候・・・
さあ気分を変えて!京都へGO 雨でも楽しめるをテーマに、そのつもりはなかったのですが、「お茶」縁の京巡りになりました。


電車で七条下車、智積院を訪れます。
IMG_7554.jpg

真言宗智山派総本山智積院は本山比叡山から和歌山根来へ移された後秀吉に寺院を焼かれた高僧玄宥が京都にのがていました。秀吉没後に洛北で過ごしていたのを、徳川家康が慶長6年(1601年)に東山の豊国神社を与えられ、再興された一時は大寺院になりました。
現在は金堂、大書院と庭園、、明王殿、講堂、大師堂、密厳堂、収蔵庫、智積院会館が残っています。
IMG_7557.jpg
特に有名なのは利休好みといわれる庭園でしょう。玄宥と親しんだ千利休にちなむ庭に相応しい。
現在の場所は祥雲禅寺を前身としているので、この庭園はその頃の物を修復し、東山でも名勝として名高い地です。土地の高低差を利用し、手前に池を掘り、中腹と山裾に石組で変化をつけています。どことなく清水寺の成就院の庭に似ている様な気がします。お庭もトレンドがあったのでしょうか?今は皐月の花が見ごろです。
又、大書院の長谷川等伯一門による障壁画は京都らしい雅で豪快な安土桃山時代の片鱗を垣間見れますがこれはもちろんレプリカです。本物は宝物殿で拝見しました。大変すばらしい物でした。
IMG_7561.jpg
上の座
IMG_7565.jpg
IMG_7579.jpg
庭園左側
IMG_7580.jpg
庭園右側
IMG_7562.jpg
右斜めから
IMG_7574.jpg
左斜めから
IMG_7575.jpg
石組の滝
IMG_7576.jpg
石橋
IMG_7586.jpg
咲き始めの皐月
IMG_7578.jpg

IMG_7592.jpg
中庭の枯山水庭園
IMG_7593.jpg


観光の情報は【こちら】

お腹がすいたので、今日は動物園前近くの山元麺蔵にB級グルメの巻き!
IMG_7601.jpg
お蕎麦屋いなか風の外装、昼少し前、台風後雨、月曜平日!なのに大変な繁盛店。
メニュー選択に大変苦労しましたが、牛と土牛蒡のおうどんの香味油付きにしました。
IMG_7599.jpg
わあぁあ~むちむち、もちもち、しこしこのおうどんとスープがラ―ユ、大蒜、コチュジャン、葱、鰹、昆布、醤油の大洪水に黙々と食べてしまいお腹いっぱいになりました。京都ではやわらかなはごたえのない麺屋が多いなかここは讃岐風のごん太麺、かなり高評価です。

お店の情報は【こちら】

その後は東山二条近くの新間之町通りにある新洞食糧老舗を訪問します。
この店は鷲尾家末裔の方が経営されておられる慶応創業のお米屋さんです。お米屋さんといってもこちらは公家近衛家御用達のまさに京都ならではの老舗店。店構えも京民家です。
IMG_7602.jpg
目的は京小町ぬかというスキンケア用のコメぬかです。白米とぬかの間の白いぬかに抹茶を入れたマッサージ用のパック剤は無添加無香料で食べても美白効果大で遠方からHPネット販売でも人気とか。
抹茶入りはの天然カテキンが殺菌効果大の自然の恵みをいただきます。
効果使用方法は、後日総合スキンケア京草子で報告いたします。

お店の情報は【こちら】

バスから地下鉄に乗り換えて、京都市役所前の「一保堂」本店を訪れます。
その前に市役所前の皐月と薔薇が満開でした。
IMG_7603.jpg

IMG_7604.jpg

IMG_7605.jpg

IMG_7607.jpg

IMG_7609.jpg
百貨店ではよくみかけますが、本店は初めて宇治の茶名老舗のお店だけに店構えもりっぱです。
本店も入れ替わりお客様が入店していました。今年の新茶をいただきました。水だしすばらしいお味にもう買うしかありません。g売りはされてないとの事なので、新茶50Gと玉露ティーパックをいただきました。

お店の情報は【こちら】

で大徳寺高桐院に行きます。

紅葉で有名な寺院ですが、青紅葉の庭も美しいです。
IMG_7613.jpg

大徳寺は鎌倉期1315年大燈国師宗峰妙超禅師の開創後、応仁の乱で荒廃した寺院を一休和尚が復興し豊臣秀吉以来戦国武将が塔頭建立し巨大寺院を極めた大寺院。
IMG_7610.jpg
この部分ですね。
山門の二階部分が、千利休の増築で金毛閣と言い、利休像を安置したことで秀吉の怒りをかって自決の原因となったという逸話は有名です。(一説には娘を側室に求められたのを断ったとも、安価な茶器を高額な値段で売り莫大な私腹を肥やした、天皇陵の石を無断で手水鉢、庭石にした、茶道の考え方の違い等々)本当の所は?ですが。
二人の好みは正反対です。
秀吉好みは金の茶室など金襴豪華な茶道、利休好みの茶室はわび茶に代表される鄙びた茶道。ただ趣味の違いで自害は求められるとはにくく・・・。千利休は当時貿易港として大変繁栄していた堺の商家の出で、堺商業という経済基盤に影響を持つ利休は秀吉の弟の豊臣秀長が大友宗麟に「公儀のことは私に、内々のことは宗易に」と言われたとされたほど両者に重用された人物でした。
秀長の死の約2カ月後というタイミングは秀吉政権下利休が政治的になんだかの影響をもたらし、又その事が政権闘争に巻きこまれた様に思われます。
IMG_7615.jpg
今回は細川家菩提寺の高桐院を訪問します。高桐院は1602年に細川忠興が叔父を開山として創建された塔頭です。先に訪問した鷲尾家は近衛関白家御用達店ですが、近衛家と細川家は婚姻関係にあった事があり、故近衛首相(戦前戦後2度に渡り首相を務め、戦後GHQに召還を受ける前日自殺した)の母は細川家の方で縁続きだそうです。
IMG_7614.jpg

IMG_7616.jpg
入り口までの細長い参道の周りは紅葉と竹林が続きます。
IMG_7629.jpg

IMG_7622.jpg

IMG_7619.jpg

本堂は細川護立寄進。庭は通称を楓の庭といい、一面の苔地の中に一基の灯籠が印象的です。
書院は意北軒と言い利休の邸宅を移築した建物と言われている。当時供養の意味で建築物を寺院に寄進する事があったそうです。
IMG_7637.jpg
他に茶室鳳来、松向軒があり、墓地には細川忠興と正室ガラシャ、出雲阿国、森鴎外の墓があります。
ここの書院は利休の邸を移転させた物と言われます。昔は供養の為に寺院に奉納する事が多かったそうです。
IMG_7633.jpg

IMG_7631.jpg
書院内部です。中はさすがにわびさびの茶祖に相応しい鄙びたたたずまいです。
この高桐院は細川家の菩提寺です。境内に藩主の墓所もあります。
IMG_7628.jpg
二人の墓といいますが、供養塔であろうと思います。初めは灯篭として珍重されていたようです。

忠興とお玉は有数の冷徹さと気性の激しさを持っていたと言われます。特に忠興は愛した妻お玉(明智光秀の子)に対しても徳川方に転じた際に豊臣側の人質にされないように自害を命じたり(彼女はキリシタンでしたから自殺は出来ないので家来に長刀で胸を突かせて死を受け入れたと言われています。)、長男忠隆の妻を離縁する様命じた際その命にしたがわなかった忠隆を廃嫡したり豊臣側についた二男興秋に自害を命じたりとかなり冷淡さで戦国の世に生き残り、後世に細川家を導いた人物です。
ひょっとしたら細川護熙首相も生まれなかったかもしれませんね。
本堂の前の苔と紅葉の庭を楽しみます。風に揺れる葉音に鳥の声、青の紅葉と苔の庭まさに利休の世界です。
IMG_7626.jpg

IMG_7624.jpg

IMG_7641.jpg

IMG_7642.jpg

IMG_7627.jpg

IMG_7640.jpg

観光の情報は【こちら】

最後に北大路の嘯月に予約の和菓子をGETして終了です。

帰宅後、戦利品と茶会です。
IMG_7648.jpg

IMG_7652.jpg
岩根のつつじ、青紅葉、花あやめ、軒端の月
IMG_7660.jpg
一保堂さんの玉露を水出でいただきました。甘くて美味しい~~~
IMG_7662.jpg

次回京草子は6月中から下旬を予定しています。
スポンサーサイト

テーマ : 京都
ジャンル : 旅行

フリーエリア

プロフィール

mai syonagon

Author:mai syonagon
京都好き、歴史好き、ショッピング好き、温泉好き、グルメ好き。
凝り性な乙女座、A型、金星人、六白金星なわたしです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
宮仕え中につきお願い
宮中出仕中につき、更新は不定期となります。ご理解ください。 又、過去の記事を記載している為に掲載している季節と月日が合っていません。 季節は題名、カテゴリー別の方を優先し、過去分の月日は無視してください。
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ