無料レンタル
京草子 雅な京都絵日記時々詣で 2011年04月

山吹の花びらただ一重をつつませたまへり。

訳:(清少納言が噂話に憤慨して(道長と出来ているという内容の話)宮中を宿下がりしていた時に中宮さまからの文を貰った)
手紙にはなんにも書いてはれへんねん。
山吹の花びらだけ一重に包んであったんやぁ~


春たけなわの京都に来ました。

まずはで丸太町の御所に来ました。
いきなりですが御所南西側にある甘楽花子を訪問します。
京華堂の御二男が経営している和菓子屋店で以前から気になっているお店の1つでした。
IMG_6533.jpg
1個なかなかのお値段ですが、気になる「宇治山」をGETします。

お店の情報は【こちら】

その後、御苑に入ります。
京都御苑のこの季節の山吹の花はどのくらい咲いているでしょうか?
県井戸周辺の山吹、御苑の内部に植えられた遅咲きの八重桜を探しに行きます。
IMG_6537.jpg
この八重桜は見頃です。
IMG_6549.jpg

IMG_6560.jpg
ほら満開です。
IMG_6572.jpg
桜のトンネルです。
IMG_6569.jpg
出水入の桜と八重山吹
IMG_6559.jpg
桜と馬酔木
IMG_6584.jpg
珍しい桜?
IMG_6568.jpg
八重山吹
IMG_6588.jpg
西園寺邸跡に植えられている椿
IMG_6589.jpg
これも桜?
IMG_6600.jpg
桃園に咲く遅咲きの桃
IMG_6595.jpg
遅咲きの白桃
IMG_6594.jpg
珍しい桃の花ですね。
IMG_6596.jpg
白桃にピンクの挿し色があてなるもの
IMG_6618.jpg
遅咲き桜の攻撃!!!
IMG_6620.jpg
パート2!!!
IMG_6630.jpg
パート3!!!
IMG_6557.jpg
パート4!!!
IMG_6564.jpg
パート5!!!
IMG_6631.jpg
パート6!!!
IMG_6627.jpg
近衛邸跡の八重枝垂れ桜
IMG_6763.jpg
御車返しの桜(御水尾上皇があまりの美しさに乗っていた車を返させたといういわれのある桜です)
IMG_6633.jpg
京都大宮御所正門前、参加者が続々と入宮します。
その後仙洞御所に特別拝観に参加します。事前申し込み制、いつも満員御礼で3か月前にGETした申込書を持参して中に入り待合室で時間まで待機します。

IMG_6635.jpg
御車寄
IMG_6729.jpg
松林の苔、生命力豊かな松の根が!
IMG_6637.jpg
お常御殿からやや覗く鶴亀の庭
IMG_6638.jpg
お常御殿を南庭から見る。

現在の仙洞御所は寛永6年(1629)後水尾天皇が上皇になった際に建築された上皇の御所で東福門院(徳川和子)の大宮御所と共に1630年に完成しました。しかし1854年の火災で消失した当時上皇も女院もいなかった為その後再建される事なく小堀遠州から後水尾好みに改変した美しい庭と醒花亭、近衛家から移築された又新亭の茶室が残る総面積9万1千m2回遊式庭園の名勝です。

後水尾天皇は徳川幕府の意向で即位した天皇ですが、公家衆法度や勅許紫衣法度、禁中並公家御法度など天皇の権威と朝廷の機能を完全に管理下に置かれていました。

幕府に不満のあった天皇が激昂したのが、寛永6年の紫衣事件。
法令で幕府の許しの必要な天皇が従来行っていた紫色(この色は一番高貴な色でした)の袈裟や法衣を許可なしで与えました。幕府はこれを無効とし、当時幕府側の沢庵に反発した高僧を流罪にしてしまいます。

すると堪忍袋の切れた天皇は突然東福門院和子腹の第二皇女の女一の宮に譲位してしまいます。明正天皇となった娘に御所を譲り、上皇様に造営された仙洞御所に自身と女院となった和子は移り住みます。

後水尾天皇は風流な人物で、女色も激しく女官達に多くの皇子皇女がいました。
また和子を通じて幕府から金銭を調達し、趣味に莫大な金銭を建築に費やします。その最高峰が修学院離宮で現在ものこっています。
では風雅の世界を体感しましょう。
今は阿古瀬淵の「古池の山吹」が見ごろでしょうか???

仙洞御所に入るには大宮御所の右側から苔むした松林を歩きます。本来の御所はその奥だったそうです。が、今は遺構さえ見えません。

門をくぐるとまず北池に出ます。
IMG_6642.jpg
元女院御所の庭で、見事な借景の景色が拡がります。紅葉の頃は格別でしょう。
IMG_6640.jpg
北池の御舟着
池から景色が見えるように舟遊びに興じれます。現在も天皇皇后陛下、皇族達が拝観する際は舟遊びするそうです。
IMG_6646.jpg

IMG_6722.jpg
青葉と山吹
IMG_6650.jpg
阿小瀬淵の山吹
IMG_6652.jpg
阿古瀬淵と六枚橋。この辺り昔「紀貫之」の邸宅があったとされ彼の幼名の名がついています。
小さな小川を抜けると左に林に鎮守杜を右に北池を望みます。
IMG_6655.jpg
ぐるりと廻り鷺の森ともみじ橋を抜けると紅葉の山。
IMG_6665.jpg

IMG_6659.jpg
石橋
IMG_6663.jpg
反橋と八つ橋 藤と躑躅の盛りの時は綺麗です。
IMG_6674.jpg
雄滝と草子洗いの石
伝説よると小野小町が大伴黒主の盗作和歌を料紙をこの石の上で池水で洗い流したという故事に由来します。当然ここでそんな事は起きなかったので造り話。ですがここは藤原道長の土御門第跡です。そんな風雅なお話ありです。
IMG_6673.jpg
西側から見た出島
IMG_6675.jpg
出島の反橋躑躅の時期にひときわ美しい。
IMG_6668.jpg
堀割
元々別々の庭の池を繋いで橋を渡してくっつけちゃいました。
IMG_6678.jpg
変わった月の形をした灯篭です。
IMG_6679.jpg
水戸家から献上された石灯篭
IMG_6676.jpg
中島から醒花亭を望む
IMG_6686.jpg
次に右に歩くと南池に出ます。上皇の御所の庭、この池は海の様相をしています。
IMG_6689.jpg
洲浜
海のさざ波さえ感じる岸辺に丸い小石が敷き詰められています。
この丸い小石が米1升に変えて集めたそうです。
IMG_6699.jpg
醒花亭に出ます。
IMG_6693.jpg
名前の由来は漢詩のこの書から、右から二行目の真ん中のフタ文字からなずけられました。
IMG_6698.jpg
中の稲妻型の他棚も珍しいですね。
IMG_6710.jpg
名残の桜
ここは桜の馬場があり、部屋で桜を見ながら茶を他楽しんだのしょう。
後は保管庫跡と柿本社(落雷のおまじないだそうです。)、栄螺山を見学して終了です。
IMG_6705.jpg

IMG_6704.jpg
昔の高貴な方の古墳だそうです。
IMG_6716.jpg
蘇鉄山
IMG_6707.jpg
馬酔木
IMG_6701.jpg
青もみじ(近代まえは緑を青と表現していました)
IMG_6717.jpg
近衛家移築の又新亭
IMG_6726.jpg
IMG_6721.jpg
最後にもう一度

概ね一時間で案内役の方もそれぞれ個性的で毎回説明方法が違うので楽しめますよ。
花の時期に参観の予約を取るのは難しいですが、美しさは格別。
お勧めは桜の、山吹の、藤の、新緑の、紅葉の時期です。
観光の情報は【こちら】

そしてもう一つの山吹の名所、県井戸に行く途中に上立売コーナーで案内図を写す。
IMG_6732.jpg
京都御苑全景模型
IMG_6737.jpg
案内所近くの躑躅
IMG_6734.jpg

IMG_6751.jpg
縣井に向かう途中の山吹の道、今まさに見頃です。
IMG_6742.jpg
IMG_6752.jpg

IMG_6766.jpg

IMG_6755.jpg
昔縣宮という書社がここにあり、昇進を願った貴族達がここで体を清めて宮中に参内したいわれのある場所。
この枯れた井戸は明治天皇皇后一条美子が産湯に使用したと伝承されている。
でも美子は召使腹の子供なので、それはないかと・・・・・。
IMG_6771.jpg
梨木神社へ行く御所内の道の近くの門にも山吹の群生が!
IMG_6767.jpg

IMG_6768.jpg

IMG_6770.jpg
観光後、隣の梨木神社を参拝します。
IMG_6776.jpg
八重山吹と鳥居
IMG_6780.jpg
IMG_6779.jpg
ここは憎右大臣三條実萬公、内大臣実美公の父子が御祭神の神社です。実萬公は今天神さま(天神さまとは藤原氏の政敵菅原道真の事)と言われていたそうでなんか???ですよね。敵の生まれ変わりッて・・・・なにそれ??
まあさておき、王政復古に尽力した功績で明治18年10月に祭神さまとして祀りし、実美は明治維新の功労者として大正4年に合祀した比較的新しい神社です。秋の萩の名所で有名ですね。
ここにも名水「染井の水」が今も湧いています。甘くまろやかで茶の湯にも適しているそうで、今も京で愛されています。
IMG_6788.jpg
IMG_6795.jpg

IMG_6793.jpg
同志社大学内の霧島躑躅とシャガ

観光の情報は【こちら】
地下鉄で丸太町から四条へ、五条警察署を右折した先にパティスリーSさまを訪問します。
サントノーレキャラメルとクッキ―をGET。
そしてで三条で下車、キルフェッボンと月餅直正を連続ぜめ。
キルフェボンでキャラメルナッツ
IMG_6802.jpg
直正では自慢の蕨餅をGETです。
IMG_6803.jpg
ここよく土曜サスペンス京都シリーズで出てくる八坂の道です。
IMG_6805.jpg
金剛寺の御門上に言わず、聞きざる、見ざるがいるう~~~お使い猿なので御門にいるそうです。

IMG_6806.jpg
安井金毘羅宮
さらに祗園の八坂の塔付近で観光して大原の土井のしば漬けできゅうりのしば漬けを辻利で玉露と抹茶のあめしずくをGETした後、今日の京都巡りを終えました。
帰宅後いつもの茶会です。

IMG_6817.jpg
S様のサントノーレキャラメル
美味しゅうございました。シュー、中のカスタード、キャラメル度合いGOODです~~~
IMG_6831.jpg
グランヴァニ―ユさま
IMG_6831.jpg
タルトフニュィルージ ュプースラ
IMG_6834.jpg

IMG_6835.jpg

IMG_6819.jpg
花子さんの宇治山
IMG_6828.jpg
柔らかなういろうに一保堂さんの抹~~~美味しいどすえ~~辻利の玉露でいただきます。
IMG_6829.jpg
直正さんの蕨餅、きなこぷ~~ん中の餡子は甘めです。

IMG_6836.jpg
キルフェッボンのキャラメルナッツ、堅めの生地にフランボワ―ズのジャムにナッツとキャラメル、オレンジの風味が最高です。

スポンサーサイト

テーマ : 京都
ジャンル : 旅行

フリーエリア

プロフィール

mai syonagon

Author:mai syonagon
京都好き、歴史好き、ショッピング好き、温泉好き、グルメ好き。
凝り性な乙女座、A型、金星人、六白金星なわたしです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
宮仕え中につきお願い
宮中出仕中につき、更新は不定期となります。ご理解ください。 又、過去の記事を記載している為に掲載している季節と月日が合っていません。 季節は題名、カテゴリー別の方を優先し、過去分の月日は無視してください。
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ