FC2ブログ

「千利休 縁の地 甘詣で 」

千利休が堺市の商人の出であるのはいがいと知られていないと思います。
京都じゃないの?茶人でしょ・・・・・。

堺市は中世の頃から南蛮貿易の栄えた町で商人たちの自治統治されていた土地。
あの織田信長にも人目おかれていたといわれていて、だからか権力者には物申す的な風潮がある。

明治政府から丁表示を丁目に改めるように言われても断固拒否して未だに町の丁の次は番地だし(昔は丁目より丁という方が格上だったそうな)、大阪維新の会から出馬したのに反旗を翻して大阪府統合を離脱したりと今もあんまり変わらない。

堺の商人であった千利休は全国区の有名人
茶人として知られていますが、実名は田中与四郎
元は堺でも名の通った商家の息子で茶を嗜んでいた所、当時の風雅と相まって名が知られ織田信長の茶頭になり政治の政治の世界との接点が生まれます。
茶道は当時の権力者の嗜みであり、権力者が権威を示せる道具して利用されました。

千利休名は禁中茶会にあたって正親町天皇から与えられた居士号で本名ではありません。
特に秀吉の時代に重用され北野大茶湯を主管したのも彼です。

大友宗麟が大坂城を訪れた際に豊臣秀長から「公儀のことは私に、内々のことは宗易(利休)に」と忠告されていたほどの重鎮でしたが、秀長が死去すると時を同じように秀吉から天正19年(1591年)、利休は突然秀吉の逆鱗に触れ、堺に蟄居を命じられます。
その後京都に呼び戻された利休は聚楽屋敷内で切腹を命じられ70歳の生涯を閉じます。

この逆鱗の理由が未だ解明されておらず。
一説に大徳寺の山門に自分の木像を置いたからとか、秀吉が利休の娘を妾にと望んだが、「娘のおかげで出世していると思われたくない」と拒否したからとか。安価の茶器類を高額で売り私腹を肥やした疑いを持たれたとか。交易を独占したい秀吉の堺商人への牽制とかいまひとつはっきりしません。

現在の三千家は実は利休の実の娘と継母の連れ子の息子に系統が継がれ、いわゆる利休のY遺伝子は継いでいません。
直系の道安の血筋は途絶えてしまいました。
精神は引き継がれているといえます。

ではつぼ市製茶本舗にあるつぼ市カフェ
IMG_2595_20180831182207fc9.jpg
IMG_2596_2018083118221577c.jpg
IMG_2597_20180831182221b4a.jpg

土日は行列が出来るほど古民家の茶房でいただきます。
嘉永三年(1850年)に、初代である谷本市兵衛がつぼ市の屋号のもとに泉州・堺に茶の貿易と茶問屋を創業されているお店のカフェです。
IMG_2598_2018083118222872a.jpg
IMG_2599_20180831182234cdc.jpg
IMG_2601_20180831182248f93.jpg
IMG_2600_20180831182242e59.jpg
限定「抹茶かき氷にミルクかけ」

超インスタ映え系インスタしてないけどね・・・・・・・・・。
濃い抹茶に軽めのミルクなのよりふぁふぁの氷!!!堺名産名刀の刃で削っているのだそうです。

お店の情報は【こちら】

ここまで来たらあっと二か所
IMG_2602_20180831182256894.jpg
IMG_2603_201808311823042b2.jpg
IMG_2604_20180831182312424.jpg
かん袋へ。
鎌倉時代末期、元徳元年〈西暦1329年)に和泉屋徳兵衛が和泉屋という商号で御餅司を開業したのに始まる老舗です。

大阪城を築城した際に秀吉は堺商人に多額の寄付を要求した返礼に城へ招待しました。
当時は天守閣はまだ工事中、招かれていた和泉屋徳左衛門はなんと瓦投げを手伝い始めます。

すると秀吉から、「かん袋が散る様に似ている」といわれ、その腕の強さを称えられ「以後かん袋と名付けよ」と命じたそうです。
それより「かん袋」が、和泉屋の商号になった逸話からの屋号。

ここはこれしかないです。
「くるみ餅」でもくるみではありません。

室町時代の中頃明より入荷した農作物を利用して、五代目が作り上げた塩味のお餅をくるんだ茶菓子でした。
今のようになったのは不明ですが、ルソンからの砂糖が用いられ現在のくるみ餅になったそうです。

ここは店舗のみでいただける氷くるみ餅も美味しいです。

お店の情報は【こちら】

IMG_2607_20180831182754450.jpg

そしてここ
「本家小嶋や」の芥子餅でしょ。
室町時代創業の芥子餅のお店。
お店で手作りしておられます。芥子はやはり南蛮貿易で輸入された芥子をお菓子にという発想でしょう。
いかにも貿易で栄え千利休の縁の地

前回食べるまでなめてました。だって芥子餅地味だから・・・・・・。
でもここのいただいてびっくりぷるぷる芥子のプチプチした触感甘すぎない餡子。
もう別物茶菓子として十分上品です。

ちなみにデパートで出店されているのは違うお店、明治頃商標を売ってしまい。その後家業に戻った後に同じ名の店がすぐそばにあるという・・・・・。昭和に商標権侵害で裁判があったようですが、二軒ともあるということは示談か違法性がないと判断されたんだと思います。
もう完売で予約のみ受け付けやはり大人気

お店の情報は【こちら】

IMG_2606_20180831182320d37.jpg
せっかくなので観光
堺の歴史を紹介した施設、有料で千利休の茶の史料館や与謝野晶子の史料館があります。

IMG_2608_20180831182330e78.jpg
IMG_2609_20180831182340fed.jpg
IMG_2610_201808311823488b5.jpg
すぐそばに利休の堺邸跡
元々600坪の大邸宅当然都市開発で残っていません。
南蛮貿易が長崎に限定されると同時に衰退してゆきます。


IMG_2611_201808311823596ba.jpg
IMG_2612_20180831182408c87.jpg
IMG_2613_20180831182417242.jpg
IMG_2614_20180831182425ae0.jpg
当時も咲いていたであろう桔梗
更に吉
IMG_2615_20180831182433ea8.jpg
IMG_2617_2018083118244249e.jpg
スポンサーサイト



舞少納言の「いとお菓子物一心堂第四段」

久々のお菓子草子は一心堂のフルーツ大福

「焼き芋大福」

冬限定の焼き芋を使った大福です。
IMG_7010_20170303213731ebe.jpg

IMG_7011.jpg
焼き芋
芋は女子には鉄板の好きな物

IMG_7012_2017030321384478e.jpg
割ってみた。
あれ?焼いていない???
茹でたか蒸した感じ~~~出来れば焼いてほしかった甘さがぐっと増すし。
胡麻はよくきいています。
あと一仕事の出来

3月3日にちなんだ
お雛様大福
IMG_8200_20170228215742a92.jpg
女雛と男雛
超かわいらしい~~~のだ
IMG_8201_20170228215824e1d.jpg
求肥を白餡で包んで上に苺が乗ってます。
着物は羊羹生地でくるんでいます。
IMG_8202_201702282158294bd.jpg
男雛
あなぁおぼこい「まあぁかわいい~~~」
苺ジューシー&甘い
IMG_8203_20170228220152bae.jpg
女雛
IMG_8204_20170228220051714.jpg


ホワイトディー限定「ホワイトチョコいちご大福」
この季節しかない珍しいレア苺大福~~~~レア感がたまんない!!!
IMG_8239_201703172336528a3.jpg


ホワイトディーの期間だけの限定いちご大福なので高額でしたが買っちゃいました。
IMG_8240_20170317233657ea3.jpg
ホワイトチョコは甘いので、甘いイチゴとどう合わせるのか?も気になるところです。
ブラックならばダークチョコでイチゴも甘めでもOKだけど
ホワイトは単体でも甘いので酸味の強いイチゴを持ってくるのか?気になるところです。
IMG_8241_20170317233701b2d.jpg
まずはぱりっとしたホワイチョコにドライストロベリーを合わせて酸味を+
中からやわらかなお餅がよいアクセント~~~むち~~~としています。
そしてジューシーな酸味と甘さのバランスが良い苺
IMG_8242_201703172337055d1.jpg
最高~~~チョコ苺よりも好き~~~来年もまってま~~~~す。

「マスカット大福」
IMG_9734_2017091021174142d.jpg
昨年食べ損ねたマスカット大福今年は無事にGET
IMG_9735_2017091021174777f.jpg
IMG_9737_2017091021175312d.jpg
中は白あんではなくてクリームチーズやや少なめ。
さわやかなマスカットの酸味と少なめのクリームチーズ~~~~まあぁありかな~~~。

台湾お菓子詣で第一段

大好き台湾グルメ特にお土産で喜ばれる鉄板スイート~~~編ご紹介

①パイナップルケーキ
微熱山丘
IMG_1141_20130525132359.jpg
台湾の名産品パイナップルケーキを贅沢なお菓子にしたお店です。
普通PKは冬瓜や大根とパイナップルジャムを合わせた餡を入れるのですが、こちらは正真正銘パイナップル餡100%
もさもさした触感で水分をかなりもっていかれる生地を台湾産のパイナップルと厳選したバターと小麦粉、砂糖でしっとりと仕上げた生地も格別の一味違うスイートにしてしまった。
お土産にも大人気で渡航前に別注でリクエストされているお菓子です。
IMG_1142_20130525132405.jpg
店内で試食用のPK1個とお茶がふるまわれ、購入の強要もなく大判ぶるまいなお店です。
10個入り420元

間違いない自分への御褒美&
絶対に喜ばれるお土産としてお勧めNO


②杏仁瓦片

なんのこっちゃ???これは中華菓子でアーモンドのうす焼きクッキー日本でもお土産屋さんなんかで見ますね。
でも一味違う~~~

(A)奇華餅家 杏仁瓦片 
IMG_8139_201702201114410f7.jpg

ここのは生地が少なめアーモンドのスライスがたくさん入っているので、アーモンド好きにはたまらない。
IMG_4897.jpg
IMG_4898.jpg
(B) 日出(台中系列3店舗で販売) 大瓦片 
 台中にしかないお菓子のお店です。
特に台中駅傍にある「宮原眼科」は日本統治時代の眼科病院の建物をリノベした「ハリポタ風」内装が大人気~~~
IMG_8228_201703071643387a9.jpg
これは2枚入りでCDの様なパッケージがおしゃれ
IMG_8229_20170307164344c94.jpg
IMG_8230_20170307164348bd0.jpg
スライスアーモンドたっぷりのキャラメル味の薄焼きが美味しい~~~
他よりも薄タイプで日本のお土産店でもありそうな懐かしい味がいい。
4枚入り120元
ちなみにこの店の大変行列の出来るアイスクリーム店も美味しい。
種類も多くチョコだけで18種類他にお茶や果実が各18種類ある。
高いけどこれにトッピングもついて、一つのアイスの量も多いので納得の価格


(C)丁記杏仁 杏仁瓦片
 
杏仁専門店のお菓子で杏仁を感じる美味しいお菓子~~キャラメルアイスとトッピングして食べると最高~~~~

(D)品菓工房 杏仁瓦
IMG_8147_2017022011135920f.jpg
旅旅台北で気になったお店前回は訪問出来ず、リベンジで訪問~~~やはり杏仁瓦片が気になるも欠品オーナーさんが作ってくださるすごく親切なかわいらしい方でした。
こちらのは上に胡麻がふっています。手作り感がなんともいえずよい!!!

③エッグタルト
大黒松小倆口
IMG_4844.jpg
エッグタルトってマカオでしょ~~~香港でしょ!おっしゃる通りです。
でも美味しいです台湾でも

(A)大黒松小倆口 北城蛋塔
IMG_8508_20170503100728838.jpg
こちらのエッグタルトは中のカスタードのミルク感が半端ありません。
家でトースターでチンするとさらにぱりトロとなって超好きです。

④銅鑼焼
IMG_3581.jpg
この店舗は現在閉店しています。台北では太平洋そごう複興店にて営業されています。

星野銅鑼焼 季節限定白酪苺果

なんで台湾で銅鑼焼き???そういわないで!
なんでも神奈川の「ほし乃本店」さんで食べた銅鑼焼きにオーナーさんが感銘を受け交渉し、台湾の職人さんを日本に派遣して生産販売をしているお店です。銅鑼焼きはすべて製造後冷凍して出荷している。
IMG_8190_201702212228011a0.jpg
IMG_8191_20170221222715804.jpg
生地がやはりパさついているかな
IMG_8192_20170221222722819.jpg
でもなかのクリームは甘酸っぱくて解凍するとこれはこれで美味しいですよ。
季節限定がお薦めで私は冬限定の苺が大好きでいつも持って帰ります。
2月チェリー
3月~4月の桜
7月パイナップル
その他いろいろあり~~~

舞少納言「いとお菓子物一心堂 第三段」

新年明けに訪れた一心堂新製品

①バレンタインデイ限定チョコ苺の王様
IMG_1342.jpg

一個400円という高額商品
美味しくなければ……悲しすぎるが・・・・・。
IMG_1343_20160306151840b9b.jpg

IMG_1344.jpg
ほろにがチョコに甘い苺の組み合わせ
美味しいです。

②父の日限定「ブルーベリー大福

父の日前後の数日だけ販売されるこの大福プレミア感満載でなかなかおめにかかれなかったんすが、今回はGET出来ました。
ビジュアルもこっていてネクタイがちょんとのっかっていました。

夏の始まりの予感~~~ブルーベリー~~~~
IMG_3748_201606131517435b4.jpg
まわりを柔らかな求肥が包み上にネクタイを模した求肥がちょこんと乗ってます。

IMG_3749_20160613151748530.jpg
中の餡もブルーベリー白餡とブルーベリーが入っています。
味もさわやかブルーベリー

③ 期間限定 すいかの滴大福

IMG_3745_20160613151917ac8.jpg
夏の定番すいかをごろっといれた大福~~
IMG_3747.jpg

みずみずしいしゃりしゃりスイカ悪くない~~~

いとお菓子物「泉南シャルル・フレーデル」第三段

久々のお気に入りパティスリー泉南日根野にあるシャルルフレーデルさんへ!
最近電話予約すると覚えられていてとっても恥ずかしいんです~~~がはずせない大好きなケーキ~~~がいるから

では7月の訪問に出会ったお菓子達

プチガトー

外見的な華やかさはないものの伝統的なフランス菓子がいただけるお店です。

だからと言ってうちはパリの本場物だ!!!こってり菓子系でもない。

「オーボンヴュータン」東京の菓子職人達が「一目置くお菓子界の重鎮」そのお弟子さんのお店ときけば「間違いない」の一言

バター使いが上手だから特に焼菓子がめっちゃおいしいんです。
もちろんガトーもおいしいです。

個人的好みの問題ですが、舞的にはどちらかというと生クリームやショートケーキ系よりも、タルトやパイ、ムース、チョコ系なんかおいしいですね。

あまりお弟子さんをかかえない方針で、ラインナップにばらつきがあるのが御愛嬌、たとえばカレアルザシエン((ミルフィーユ生地の間にベリージャム、表面にアーモンドスライスとキャラメリゼがコーティングしたアルザスのお菓子)などは人気なのに手間と材料の関係で造らない日もあるくらいです。

まあ季節ごとにおいしい物を頂けると思えばいいんです。

IMG_4040_20140722194044492.jpg
ブラックベリーや葡萄、フランボワーズやブルーベリー夏の森~~~
タルトフリュイ(夏バージョン)
IMG_4035.jpg
ピーチメルバ
IMG_4037_20140722193808f1c.jpg
これだんとつに美味しかった!!!
IMG_4038.jpg
少し柔らかめのタルト生地の上にダーク&ミルクチョコのムーズにチェリーのソースをまとっています。
チョコチェリータルト
IMG_4036.jpg
ピーチショート
IMG_4033.jpg
ブリオッシュアテット・クリームパン・クランベリーパン
IMG_4034.jpg
キッシュとチョコラアラメゾン(フランボワーズ・ローズ

IMG_4061.jpg
ガレットバブルトン


でいきなり冬~~~シャルルフレーデルさんへ訪問しました。
いや暦上は春なんで早春が正しいかなぁ~~~


3月に出会ったお菓子達
IMG_4777_20150228201538d29.jpg
苺とフランボワーズ、ブルーベリー、葡萄のてんこ盛り
IMG_4778_20150228201619ee0.jpg
早春のタルトフュニュイ

IMG_4779.jpg
さて今回は季節限定タルトタタン
フランスの定番冬のお菓子、林檎の生産が盛んなフランスでその林檎を余すところなく使用するタルトタタン

IMG_4781.jpg
タルトタタン
IMG_4782.jpg
アメ色の林檎は甘酸っぱくほろにがいです。
IMG_4784.jpg
シャルルフレーデルさんの大人気クリームパン
IMG_4785_201502282014337e5.jpg
ふぁふぁん生地に濃厚カスタードクリームが最高に美味しい大人なクリームパンです。
IMG_4789.jpg

ホワイトデイ用チョコかけクッキー
IMG_4787.jpg
チョコフランボワーズ

IMG_4790.jpg

エピスフランボワーズ
バシッと焼かれた生地を両側に真中はフランボワーズのジャムが!上に胡桃が乗ってる。
IMG_4791.jpg

かむとエピス(スパイス)の香りが~~~
IMG_4786.jpg
マドレーヌ

ある秋のお菓子達
IMG_8698_20151010195224c33.jpg

IMG_8699.jpg

IMG_8700_20151010195234c03.jpg

IMG_8701_20151010195239cca.jpg
秋バージョンタルトフュニュイホール
IMG_8696_2015101019521834e.jpg
プチマロンタルト
IMG_8694.jpg

IMG_8695.jpg
季節限定タルトマンダリン
中に抜群の相性であるチョコ~~~美味しい~~~
IMG_8702_2015101116171456a.jpg

IMG_8703_20151011161720a35.jpg
季節限定抹茶のマドレーヌ
IMG_0731.jpg

IMG_0732_201603061534289b4.jpg
チョコフランボワーズガレット
IMG_0733_20160306153432e5d.jpg
チョコガレット
IMG_0734_20160306153437f09.jpg
フリーエリア

Powered by FC2 Blog

Copyright © 京草子 雅な京都絵日記時々詣で All Rights Reserved.