舞少納言のいとおかし物

お取り寄せを紹介します。

つまがりのキングオブマロン
IMG_9855.jpg

IMG_9856.jpg
つまがりの「キングオブマロン」!!!
IMG_9857.jpg
開けた瞬間にふぁ~とバターとアーモンドの香が!!!
IMG_9859.jpg
まさにキングオブマロン!和栗がゴロゴロ~~~お味は???まずいわけないでしょう!!!
おいしい~~~い!

お店の情報は【こちら】



「駿河園」さんの抹茶菓子にしました。
広島という事なので、紅葉饅頭!!!

IMG_0145.jpg

IMG_0146.jpg
超贈答品な箱

IMG_0149.jpg
こんな感じ!かすかに抹茶の色が見えます。
IMG_0151.jpg
全体的にあまめ、最後にほのかに抹茶味な感じです。

IMG_0154.jpg
食べた感じは焼き立て感がいいですが、抹茶味は完全飛んでいました。

あきらかに贈答用にという趣旨が見えます。家用ではリピないかな。
新月とスフレを買ったのでそれで満足です!!!

お店の情報は【こちら】

これで今回のお取り寄せブログは一旦終了します。
本編京草子でお楽しみくださいませ。

次回は3月12日更新別編難波の宮巡り
その次は京草子本編「宮さま(藤原定子)昼のお出かけ大覚寺へ」をアップします。
スポンサーサイト

舞少納言のいとおかし物

お取り寄せをして、お薦めの商品 いとおかし物をピックアップしてご紹介します。
(っていいながらいきなり去年の話しからスタートしますが。)

(去年の話し~)某TV番組で人気が出たSPANX 「パワーパンティー」 をお取り寄せしてみました。

今回はお試し用と思いサイズAベージュをセレクトしました。

意外と問題なくNETからアメリカにオーダーしていたと思っていたのに・・・・何故か商品の確認の連絡は韓国から
しかも℡してきたのは日本語いまいちのコリアン女性大丈夫か???と思っていたら
IMG_7491.jpg

IMG_7496.jpg


国際便で届きました。
ビニールでグルグル巻き

ビリビリはがして、広げて見ると少し厚手のガードルな感じ。
手洗いで洗濯後、干して試しはき。
私の場合、ガードルを使用すると丁度あたる腹部が痛くなり、いつも途中で使用を断念していました。
着けてみると厚手のパンティーストッキングを二倍履きした感じ。
一日装着してみると腹痛もなく全体で圧力をかけるタイプ、もちろん締め付け感はありますがまあ問題に思うほどでもかく、お尻の形も個人的にはよくなったと思いました。

夏場は蒸れる心配もありますので、今年の夏に感想を追加します。
IMG_7493.jpg
IMG_7494.jpg

サイズ表はこんな感じ
商品の情報は【こちら】

お取り寄せ広島のお茶販売会社「駿河園」の茶の環HPから「純濃抹茶ガトーショコラ新月」と「半熟ふわとろ抹茶・ほうじ茶スフレ」をセレクト!

お茶といえば中高年層か茶道を心得た方しか購入せず、若い層に親しんでほしいとお茶を素材にしたお菓子も販売されています。
特に「しっとり仕立ての抹茶満月」は放送以来今だ入手困難な一品。
今回は個人的にもバターケーキはあまり好みではないので、外しいろいろな種類から気になった3種をたのんでみました。
IMG_7526.jpg
じゃ~~~ん!到着!!!
中身を出すとこんな感じです。意外と小さい
IMG_7528.jpg
ちゃんと説明書付きです。
IMG_7544.jpg


「純濃抹茶ガトーショコラ」
使用されるお抹茶は「金天閣」京都の有名茶鑑定名匠「森田治秀」氏がブレンドしたこのお菓子用の抹茶です。
森田氏はお茶の世界では超有名茶鑑定士で「全国茶審査技術大会」で若干19歳で優勝して以来3回優勝、最初の大会で同時に農林水産大臣賞を受賞された経歴の持ち主。
以降宇治地区代表を現役までトップを守り続けた名匠、現在は「もりた園」茶屋を経営しながら人材の育成もされているお茶のエキスパート。テレビ番組でも何度も紹介されているので知っている方もいると思います。彼がブレンドした抹茶ならまず間違いなしと確信していいでしょう。

直接のお菓子製造監修の一人で広島市内でケーキ店「パティスリーイマージュ」を経営されている花口庄太郎氏が工場のケーキ製造担当者に伝授された商品です。
花口氏はアンリシャルパンティエで修業し、商品開発を担当しながら国内大会で賞を獲得「クールドモンド」の日本代表としてあのモンサンクレールの辻口氏と共に総合3位、チョコ部門個人2位の成績を納め、独立されたパティシエです。特にチョコ使いを得意とされているとの事。

今回の新月はホワイトチョコはフランスヴァロ-ナ社製というチョコ好きにはあ~あそこ!と言われるほどのメーカーの一品は乳臭さのない繊細にしてバニラの香りと甘みを抑えた抹茶を邪魔せずむしろ引き立たせる物。発酵バターは北海道産よつ葉のわずかな酸味と香の高い奥深さをもった物を、卵は媛っ娘みかんたまご蜜柑の皮やさんごを肥料に加えた鶏の卵ミネラルが多く、卵白も弾力性十分といった上質の物ばかりを使用しています。

製造工場は愛媛県の老舗和洋菓子メーカーの工房に受注して、製造責任者に花口氏本人がレシピを伝授するという徹底ぶりです。満月のように自社で製造されていませんが、香料乳化剤保存料は一切添加されていないかなり期待出来る一品です。
しっとり味わい深いガトーショコラ、HPを見れば見るほどテンション高まります。

食前5~6時間前に冷蔵庫に移し替え、解凍してから冷たいうちに召し上がれ!!!
IMG_7546.jpg

「純濃抹茶ガトーショコラ新月

小さくカットし完全解凍バージョン、再度レンジでチン!バージョンで試します。
完全解凍の新月はしっとりバターとホワイトチョコの味わいに抹茶の連弾3発で、お濃い茶の中にホワイトチョコとバターがしっかりと主張してフルボトルな味わいです。
レンジでチンすると、ファットシフォン系にばけますが、バターの風味が強て少し抹茶の風味は飛んでしまいますね。でも口当たりは悪くはない。多分満月はこんな感じかなぁという感想。


IMG_7532.jpg
「半熟ふあとろ抹茶スフレ4個入り」
広島のパティスリーイマージュ店の「スフレフロマージュ」の抹茶バージョンの製作を依頼し、完成したのがこのお菓子。オーナーパティシエ花口氏は茶の環の茶鑑定名匠森田氏ブレンドの抹茶を託されホワイトチョコを隠し味に苦み甘味のバランスとチーズの酸味を生かしきり、絶妙に合わせた抹茶スフレチーズを完成されました。
抹茶は他の素材の香りを消してしまうほど強いので、完成には苦労された様ですが、ホワイトチョコを隠し味に使う事でバランスの良い抹茶スフレチーズが完成したそうです。
IMG_7536.jpg
食前30分~1時間前に冷蔵庫にて解凍すべし!!!奥がその抹茶スフレチーズです。

IMG_7537.jpg
きた~~久々のお取り寄せ大ヒット!!いやホームラン一個250円からぶったら悲しすぎますよん~~~
濃い~~抹茶!チーズも抹茶をじゃませず、口あたりもふぁふぁふぁ
IMG_7534.jpg
「半熟ふあとろほうじ茶スフレ4個入り」
同じくこちらはほうじ茶バージョンで製作完成した商品です。
このほうじ茶は玉露の茎を焙じた粉末化した贅沢な材料を使用して製作されました。
ほうじ茶独特の香ばしいながら上品な味わいを強く感じさせる一品です。
食前30分~1時間前に冷蔵庫にて解凍すべし!!!
IMG_7538.jpg
こちらも大ホームラン!ほうじ茶食べている感満載!!!香ばしい焙煎された上品な香りとふぁふぁふぁのスフレは大マリアージュ!!!

次回は新月、スフレと別セレクトで再オーダー予定です。

商品の紹介は【こちら】

3度目のお取り寄せはそろそろ季節の宮崎マンゴー
今回は相場大暴落の為に正規品の大玉2L秀品330~380Gが1980円と知れば買うしかありません。
なんで大暴落?地震の影響?人気知事の退任?まあ購入者には嬉しい知らせ。
御存じ宮崎マンゴーは温室で1玉1玉ネットで包み、果実地自身の重さにたえられず枝から離れた物しか収穫しません。という事は青いまま完熟していないものを市場にだすのではないのでその時点で糖度も高いわけです。

待ちに待ち、ようやく届きました。宮崎マンゴーが!!!
この時点でしばらく追熟させて完熟度を増させます。指先で少し押し柔らかさを感じれば食べごろだそうです。
果実は食べる2~3時間前に冷蔵庫で冷やすのが最も良いといわれています。冷やし続けると糖度が落ち過ぎるのだそうです。初めて知りました。
マンゴーの効果はビタミンA、カロテン、ビタミンEを多量に含んでおりその他にビタミンB、C、カルシウム、ミネラル等栄養豊富な果物だそうです。
体内でビタミンA(レチノール)に変わるβカロテンの量が多く細胞の老化を抑える抗酸化作用があり肌を美しく保ち、がん予防にも効果が期待できるそうです。
造血作用のある「葉酸」も多く含まれているので、貧血予防や母乳の出をよくする効果、 腸の働きを整える食物繊維も多て便秘改善。しかも、ナトリウムの排出を促進するカリウムも比較的多くて、高血圧、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞予防にも作用するまさに医者いらずな果物。もっと安ければいいですがね~~~
IMG_7529.jpg
こんな感じで到着しました!!!
IMG_7530.jpg
きちんと梱包されていました。
IMG_7531.jpg
説明書付き、ほのかにマンゴーの香りがGOODです。期待大!追熟されてキープです。
IMG_7541.jpg
「完熟宮崎マンゴー」の刻印とNO!
IMG_7543.jpg
皮むき作戦で大人食べ
この値段でこの味ならクリア~甘~~いマンゴー。機会があれば次回は「太陽のたまご」食してみたい~~~い。

商品の情報は【こちら】

6月
梅雨の始めのお取り寄せは徳島の阿波ういろう「ふくや」でういろうと栗ういろうをお取り寄せしました。
阿波ういろうは寛政年間に始めてサトウキビから阿波三盆糖が出来た祝いに旧暦の三月三日に蒸し菓子を作り藩主から領民が食べるようになったと伝わるお菓子です。
現在和三盆は高級砂糖なので、当然糖分は上白糖です。

徳島といえばかずら橋、阿波踊り、酢橘、鳴門わかめ、きんときくらいしか観光や名産が思いつかないほど観光化されていない県でもあります。あっあと四国なので、うどんを木のたらいに入れて出す「たらい饂飩」も美味しいですよ。
実はこの私両親共に徳島県民であり、いわゆる四国系大阪人です。
最近はお国帰りもなく、ういろう久々に食べてみたい欲求で、代金引き換えでお取り寄せしてみました。
ふくやは地元では名店で、夕方には完売してしまうほどです。ぜんぜん甘くなくて、ねちねちした歯ごたえと厚みずっしり感が好きです。
IMG_7686.jpg
こんな感じで送られてきました。
IMG_7687.jpg
今回は普通ういろう1本と栗ういろう1本をお買い上げです。
IMG_7688.jpg

IMG_7694.jpg
いざ実食です。
IMG_7693.jpg
ねち~とした触感、ほどよい甘さ加減、ずっしり感といい。変わらない美味しさがここにあります。
IMG_7697.jpg
栗ういろうというほど栗は入っていませんが・・・まあぁ美味しいわぁ~


商品の情報は【こちら】

取り寄せは宇治もりた園さんの季節「宇治新茶高級八十八夜茶100G」と抹茶とほうじ茶のカステラをオーダーしました。
もりた園の店主さんは宇治では有名なお茶の茶鑑定士森田 治秀氏のお店。
森田氏は昭和45年度、56年度、平成4年度と三度の全国茶審査技術競技大会で全国優勝を果すつわもの、農林水産大臣賞で受賞経験もある宇治茶業界の実力者です。現役を退いた後はもりた園を経営しながら、テレビ出演やお菓子業界などへの抹茶のブレンドを担当されたりと、多忙な毎日を過ごされておいでです。お店は京都でも宇治茶の産地「城陽市」なのでなかなか訪れる機会がないので、今回はお取り寄せにしました。

IMG_7718.jpg
こんな感じで届きました。
IMG_7719.jpg
オープンセサミ~
IMG_7720.jpg
いかにもという定番デザイン
IMG_7722.jpg
開けてみました。中はこんな感じです。
IMG_7728.jpg
食べてみました。ん~~~期待が大きすぎたか。
普通のカステラです。しかも甘いもっと香ばしいほうじ茶のカステラを想像しただけに残念です。
IMG_7913.jpg
今度は抹茶カステラを頂きます。
IMG_7915.jpg
開けた瞬間に抹茶の香と蜂蜜の甘い香りが鼻をくすぐります。これは期待できそうです。
IMG_7916.jpg
こちらは大正解です。おしゅうございます。

お茶は新茶「高級八十八夜茶」です。100G 3150円
けっこうなお値段です。
どうでしょうか???陶庵さんの器で頂きました。
IMG_7731.jpg
開封と同時に新茶の新鮮な香りがひろがり、中の新茶は濃い緑色をしていてお味が楽しみです。
IMG_7730.jpg
少し光の加減で見た目と違いますが、実際には濃緑で表面がつやつやしています。
まずは氷出しで頂きます。氷や冷たい水でいれるとカテキン(元々新茶や玉露では少ないんですが)がさらに低くなり円やかでうまみいっぱいのお茶を頂けます。
大さじ3杯の茶葉にティーポットを使い氷出汁でいただきました。
IMG_7738.jpg
まさにこれぞ!ザニッポンのチャです~~~一保堂さんの新茶もすばらしかったですが、もりた園さんの物もさすがです~~~そりゃ100G3150円だせばね~~といわれるかもしれませんが。
ポットから薫お茶の香りは本当にすばらしい

お店の情報は【こちら】


神戸甲陽園にある「つまがり」さんのHPから申し込める夏限定のブルーベリータルトをオーダーしました。
つばがりさんは大阪の大丸にお店があるものの焼き菓子のみ、百貨店出店には消極的なメーカーで、本店では生菓子を販売されています。有名なパティシエはここで修行された方も多いのだそうで、台北で弟子のお店を知った時にはとても驚きました。
さて今回のタルトはどんなんでしょうか?非常に楽しみです。
IMG_7993.jpg
きゃ~~お包みの箱かわいいです~~
IMG_7994.jpg
中はしっかり梱包まだ中は???
IMG_7996.jpg
きゃ~~ゴロゴロラズベリーが!!!!でかい!!!きゃ~~~~~

IMG_7999.jpg
どでかサイズのラズベリーに下はパイ生地にバターたっぷりタルト生地に浸みこんだラズベリーきゃ~~~~!
この夏一押しの一品はさすがにつまがりまいりました!

お店の情報は【こちら】

8月お取り寄せ

暑いですし食欲もないんで米より麺類!饂飩をお取り寄せしました。
香川の㈲味源さんYAHOOショッピングから本場讃岐の御饂飩8人前ス―プと作り方レシピ付きで送料込みの100円はお買い得でしょう。
IMG_8090.jpg

IMG_8091.jpg

IMG_8094.jpg
釜あげなま卵

IMG_8103.jpg
がんがん煮込んだカレー饂飩で頂きます。


お店の情報【こちら】

夏の果物といえば果実の王様マスクメロンです。

去年は静岡のクラウンメロンをたのんだんですが、今回はお値段的に難しくて、愛知のマスクメロンをお取り寄せしました。南端渥美半島は気候が穏やかで果物や菊の栽培でも有名です。
IMG_8092.jpg
今回は農家の訳ありメロンをお試しに購入しました。
IMG_8093.jpg

2週間近く完熟させて、冷蔵庫で冷やして半分に切り、果汁の中にハーゲンダッツのバニラを山盛り~~~
超美味しいです~~~ゼリーみたいでした!
IMG_8109.jpg


お店の情報は【こちら】

9月最後のお取り寄せ

福島の桃をGETです。地震と放射能の影響で農産物の売り上げが下落しているとの事です。
本当に風評被害だけはたまらないでしょうね。
ど~~んど~~ん頂きますよん。

IMG_8219.jpg
こんな感じで届きました。
IMG_8220.jpg
ずらっと並んでいます。赤みの強い小ぶりの桃です。
IMG_8223.jpg
まだ完熟していないものの甘味もちゃんとあります。
お値段以上~~~~~

商品の情報は【こちら】

さて久々のムレスナ―ティー楽天お取り寄せです。
季節のフレバ―ティーと「ミルキーママ」
スリランカの茶葉に天然香料を加えたフレバ―ティーまだまだ暑い9月に一時のブレイクタイム
サワーサップ&レモン:ん~~~アイスティーにしたけれどイマイチ
グレープ&アイスワイン:ん~~~もう少し香がほしいあれ~~~
白桃&薔薇
メイプル&ストロベリー:甘いメイプルの香と甘酸っぱい苺の香、ミルクティーにも合い美味しいです。
フルーツガーデン:確かにフルーツの香りが・・・でも香がいろいろすぎてまとまりがないような~
キャラメル&オレンジ:これは美味しいミルクを入れてされにGOOD

ミルキーママ:キャラメル、メイプル、オレンジ、パインのゴールデンコンビネーションミルクティーにGOOD
       美味しくないわけなし!ミルクと相性GOODチャイで頂いても美味しいですよ。

お店の情報は【こちら】
IMG_8225.jpg


上半期最後のお取り寄せは毎年恒例の長野ふぞろい巨峰。今年は気候変動が激しく雨も多かったので心配してました。到着後確かに去年よりは粒は小さいですが、この内容ならお得感大、味も甘いです。
合格!!!!!
IMG_8304.jpg

IMG_8305.jpg

IMG_8307.jpg

お店の情報は【こちら】

舞少納言のあてなる物 ローゼンタール

舞少納言の優雅な物 ローゼンタールアンティークコレクション

京草子本紙は中休みです。今回はあてなる物シリーズ第2段。

アンティークローゼンタールコレクションの一部を紹介します。

ローゼンタ―ルはドイツの陶磁器メーカーでその規模は三大磁器メーカー(ビレロイ&ボッホ、フッチェンロイターそしてローゼンタール)にたとえられるほどの巨大企業。
しかし、近年の世界的金融危機と多様な生活スタイル、またデザインを似せた安価な食器の弾頭の為、事実上の経営破綻を受けました。
一応ドイツ本国では店舗も経営しているそうですが、以前のような勢いは商品に感じられません。
日本も撤退し、残念です。

そこでローゼンタール全盛期の一部の作品を紹介します。

まずは歴史、ローゼンタールはユダヤ系ドイツ人フィリップ・ローゼンタールがアメリカデトロイト州で陶磁器会社のバイヤーとしてキャリアを積んだ後、故郷ドイツに戻り1879年にゼルプエーアカ―スロイトに開いた工房から始まります。
ゼルプは当時鉄道網が完備され、近くに良質のカオリンの生産地があった事もあり一大磁器生産地として発展しつつありました。

初めは窯をもたずに絵付けをした物を保養地で販売し、細々と経営していましたが、これではいけないと1886年に煙草の休憩所という灰皿を発売しました。
なんとこれが大当たり!!特にその頃の中産階級のイギリスや新興国アメリカの圧倒的支持を受け、
みるみる内に会社は大きくなりました。
ついには磁器生産工場を持ち近くの磁器会社の数々を傘下に収め、ゼルプにローゼンタールありという巨大企業になりました。

現存する過去の工業は博物館としてゼルプにあり、今も昔の生産工程を体感出来、地下には美術館も備えています。

さて初代亡き後、会社を引き継いだのが、ジュニアの同名フィリップ・ローゼンタール2世。
この人がまた革新的で若い頃、アメリカに亡命していた事もあり。磁器に革命的発想を取り入れた人物。
後に国会議員にもなります。

当時敗戦ムードただようドイツと大戦により疲弊していたヨーロッパ大陸で、ゆいつほぼ打撃が少なかった国々に目をつけます。
北欧三国です。その国の文化人や芸術家、また時に建築家などの他分野のデザイナーと組み、多くの作品を世におくりだし、美と用という生活スタイルにも影響を与えます。

ビョルン・ビンブラッド、タピオ・ビルカラ、ヘンリー・ムーア、ワルター・グロピウス、サルバトーレ・ダリ、レイモン・ペイネなどなど。

残念なのは80年代後半でその勢いが停滞した事。
イギリスのウエッジウッドが買収するもその後持ち直す事なく、親会社が破綻するとそのあおりを受けて現在再建中の状況だそうです。
この所も白磁ばかりで生産コストを抑えた商品が多いのが寂しい限りです。

さてでは全盛期の中から特にお気に入りを紹介!!

当時は王侯貴族の没落の後を受け、企業家がその担い手となった中産階級の人々向けに生産していました。
彼らは王侯貴族が愛したセーブルやマイセンを望みますが、なかなか手にはいらず、変わってローゼンタールがその特徴をした商品を販売していました。

バックはロワイヤルプリュ―(王室の青)と呼ばれるコバルトで覆い、中は24金でコーティング。
絵付けも花模様やジュエル仕上げが人気でした。

IMG_4737.jpg

特に舞少納言のあてなる物はこれ、トルコ石に見立てたジュエルがなんとも優雅です。
IMG_4740.jpg

さて20世紀は科学の進歩の幕開けともいえる時代です。
磁器メーカーはなんとここにも切り込みます。
下の作品はシルバーオーバーレイと呼ばれる手法で、これは貼り付けている訳でもはめ込んでいるのではなく。
時期に銀を電気分解で密着させて作られています。
そう科学の授業であちましたね、ビーカーに溶液を入れて、+-の電極を入れて実験したあれです。
しかも銀はほぼ純銀でその工程も非常に手間がかかり、ある一時期しか生産されていません。

IMG_4741.jpg

IMG_4744.jpg
さてこの右側なんだかどこかでみたことないですか?
イメージはロイヤルコペンハーゲンなんだそうで、ロゴにも波マーク付きです。
アールヌーボ様式、淡いブルーの色合い。

特に舞少納言のお気に入りはこれです。
シノワズリーの傑作!
IMG_4743.jpg

磁器にも当時のトレンド、情勢など大きく影響を受けた事がわかります。

機会があればゼルプのローゼンタール施設や、イベントの写真追加したいです!

ローゼンタールの情報は【こちら】








舞少納言のいとおかしお宝披露ペイネの巻

訳:舞少納言のめっちゃいいお宝披露の巻ハート

宮仕えのいただいた碌でいとおかし物を集めました。

一回目はレイモン・ペイネの陶磁器の数々!

レイモン・ペイネはフランスの画家でパリの公園で見た恋人達のモチーフにしたイラストで世界的にコレクターの多い画家。おしくも99年に永眠されました。

その可愛らしく、セクシーな女性は年代を超え多くの人を幸せな気持ちにします。
日本には軽井沢と岡山の美作に美術館があります。

IMG_2738.jpg
これは超レアなフィギュリン鳥籠とハートを持った少女。対に男の子もありますが、今回はYahoo!にてオークションで手に入れました。
ドイツのローゼンタ―ルの73年作の品です。

ローゼンタールの二代目フィリップ・ローゼンタールは斬新な経営を行った人物でした。
今は残念ながら破綻しましたが、世界的にもすばらしい陶磁器を製作し、用と美とコンセプトに世界中のデザイナー、建築家、芸術家達とコラボを実現してきました。

ペイネも賛同し、ドイツのゼルプに数年滞在し多くの作品を職人達と生み出してゆきました。
フィギュリンはそれもどたくさん製作されなかったので、非常に貴重です。

私のいとおかし東京二子玉川アーカイブさんでもたくさんおもちですが、なかなかフィギュリンは高額で数も少ないです。

IMG_2741.jpg
この花瓶はそのアーカイブさんで購入。結婚式の行進をペン字タッチで描いたいとおかし物音符


IMG_2743.jpg
このフォルムもいとおかしでしょ!
竹みたいでしょ!!!

IMG_2740.jpg
これはちょっとずつ集めた小皿。




フリーエリア

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 京草子 雅な京都絵日記時々詣で All Rights Reserved.