FC2ブログ
2019-11-02

源氏藤袴の会藤袴の葉を摘む



預けておいた紅染の単が仕上がったというので装束の加工を施すために材料を購入しに京都へ。
事前に在庫を確認してストックしてもらっていました。
田中染料店京都さんへ。
京都といえば伝統工芸品産業が盛んな町でもあります。

紅花染を中紅色で染めて装束を仕立ててもらいましたが、無紋の綾織なのでこのままではあじけない。
平安時代の色ゆるされぬはの方へのリスペクトとして型紙使用の染め物をしようと思案しました。
そこで紅花染と銀泥で模様をステンシルすることにしました。
染は冬に行うのがよいというので寒いうちに訪問です。

購入予定は
紅花500G
型紙2種類
泥絵用の絵の具か箔かラミネート
その他細々した必要な物を準備しました。

素人なので店員さんにいろいろ聞きながら材料を決めてゆきます。

お店の情報は【こちら】

DSC_0827.jpg

近くのパティスリーS
本当に久方ぶりモンブラン

センチュリーホテル京都
ランチビュッフェ

DSC_0828.jpg

ラジョウ

前回と同じ内容のメニュー
DSC_0832.jpg
DSC_0834.jpg

DSC_0829.jpg
DSC_0831.jpg
DSC_0836.jpg
DSC_0836.jpg
DSC_0837.jpg

【土日祝限定メニュー】
・フライドポテト
・ミニハンバーグ
・唐揚げ

その他
ドリンクあり


ここはオリジナルずくしで
割とコンスタントに入れてくれるのでお肉系は先にいっとく焼いて終わりって感じで後半になると出てこないので。
サラダにONでローフトビーフサラダ&野菜ずくし
並ぶのもローストビーフから時間的ロス解除で!!!



今日は源氏藤袴の会で藤袴の会で藤袴の葉を回収する作業に!!
革堂さんに集合
DSC_0840.jpg
DSC_0841.jpg
この刈り取った葉は乾燥させて香袋やお風呂の入力剤になります。
10月中旬に満開に咲いた藤袴の葉を摘んで乾燥させて保存する作業です。
DSC_0843.jpg
DSC_0844.jpg
いただきました。
これをさらに乾燥させて香袋にしてお装束に香りをうつします。
















スポンサーサイト



theme : 山野草
genre : 趣味・実用

2019-10-10

源氏藤袴の会「藤袴まつり」2019

IMG_5722_2019101022344610d.jpg

10月11日(金)から14日(月・祝)

今日は明日の準備のために訪問
IMG_5703_2019101022325978a.jpg
IMG_5706_2019101022331979a.jpg
IMG_5709_20191010223351f51.jpg
IMG_5718_20191010223413484.jpg
IMG_5719.jpg

IMG_5723_20191010223503c24.jpg
IMG_5725_20191010223540580.jpg
IMG_5726.jpg
IMG_5727_20191010223633635.jpg
IMG_5730_20191010223654e5c.jpg
IMG_5736_201910102237423c0.jpg
IMG_5737_201910102238179ea.jpg

IMG_5738_201910102238350d1.jpg
IMG_5739_2019101022384999d.jpg
IMG_5740_20191010223905da9.jpg
IMG_5741.jpg

モーニング
行堂 藤袴まつり
IMG_5743.jpg
IMG_5744.jpg
IMG_5745_20191010224002d03.jpg
IMG_5750_20191010224037d6d.jpg
IMG_5751.jpg
IMG_5751_201910102241057e7.jpg
IMG_5758_2019101022412418a.jpg
IMG_5760_20191010224143273.jpg
IMG_5763.jpg
IMG_5767_20191010224220031.jpg
IMG_5763_20191010224251415.jpg
IMG_5780.jpg

10月11日(金)、10時 革堂宝物館

祭り開会式

11時30分
園奈央子氏による二胡の演奏会


藤袴鉢展示
寺町通(丸太町通〜二条通間)
河原町丸太町交差点北西側
御所東小学校前
革堂行願寺(午後五時閉門まで)
下御霊神社


各スタンプラリー会場
革堂行願寺→下御霊神社→洛陽教会→新島会館→京都市歴史資料館→清荒神→廬山寺→梨木神社→白雲神社→宗像神社→厳島神社→護王神社→菅原院天満宮神社→山紫水明処頼山陽邸→興聖寺


10月13日(日)、14日(月・祝)
薄茶体験 裏千家流

関西宗志社中による茶会 一席¥500-

下御霊神社や革堂では咲き誇る藤袴の間に花や藤袴グッズなど、お店が並びます。
匂い袋、願い札、ポストカード、レターセット、トートバッグ、Tシャツ、写真集、〈猫のごはん〉と命名されたストラップなどなど


12日(土)13:00~
華道家西村良子先生
藤袴いけ花教室 2500円



10月12日(土)午後5時30分~
非公開寺院興聖寺で、ライトアップされた藤袴の中、住職による説法



アサギマダラの願い札が販売 願い札¥500-

祭り中は台風の影響があるかとは思いますが、是非おこしくださいませ。

観光の情報

藤袴まつり

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

2019-07-28

初めての定植作業

DSC_0706_201907242103151c8.jpg

IMG_4854_20190724210735491.jpg
IMG_4857_20190724210806894.jpg
藤袴の芽の部分これを乾燥させるとまるでヨモギのような香りがします。ずっと花の部分を乾燥させるのだと思っていました。
葉、茎あらゆる部分から馨そうです。

源氏藤袴会の主催代表からメール連絡があり、この土日に定植作業が決まったとの事。

ちょうど日曜が定休日だったので予定変更で急遽京都へ。
IMG_5139_20190728173442c08.jpg

寺町通りの下御霊神社の南にある革堂さんで作業を行います。

藤袴はさし芽で株を増やす植物で、祭りの時にはこの革堂以外でも展示するので沢山の藤袴を育てなくてはいけません。

今日は初めての作業です!!!頑張る④~~~~~

まずは鉢にさし芽を4本ずつさしうめていきます。

その後会長さんがおみえになり、鉢を境内の別の場所へ移動

そして休憩
IMG_5133_20190728173515530.jpg

からの裏庭へさし芽をじか植えします。3列つくりました。
IMG_5129_2019072817345945b.jpg

からのお弁当

そしてすべての鉢に肥料を入れて、水やりできました。

すごく楽しいで~~~す!!!

10月に藤袴まつりが開催します。
IMG_5142_20190728173529722.jpg
IMG_5143.jpg

すっごく楽しみです。今日は暑かった御所の脇にさく百日紅の花が満開

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

2019-06-07

源氏藤袴の会第一弾入会の巻


源氏藤袴の会ぜひ閲覧くださいませ

IMG_4769_20190607234156b56.jpg

6月6日行願寺の境内で源氏藤袴の会の会長馬場さまと待ち合わせ

藤袴の原産中国ともいわれています。
万葉の昔から日本人に親しまれ特に貴族たちに愛された秋の花でした。
乾燥するとその茎や葉に含有されている、オルト・クマリン酸が桜餅の葉のような芳香を放つため愛用されています。
日本各地の河原などに群生していましたが、宅地の開発や環境の変化など一時は絶滅したとまで言われていました。
今は数を減らし、環境省のレッドリストでは準絶滅危惧(NT)種に指定されています。
京都大原野で発見され京都の保存会の方の手で京の藤袴として育てられています。

秋の七草:「萩の花 尾花 葛花 瞿麦の花 女郎花 また藤袴 朝貌の花(万葉集・巻八 1538)

「おなじ野の露にやつるゝ藤袴あはれはかけよかことばかりも」源氏物語 藤袴 夕霧から玉蔓への和歌
IMG_4850_201906072342329cb.jpg

舞が藤袴の花に興味を持ったのは台湾でのアサギリマダラの出会いとやは平安装束の衣紋への道からです。




出会い
境内でお待ちしているとひとなつっこそうで気さくなご婦人が歩いていらっしゃる。
この方だと直感してご挨拶

境内の一角でバケツに沢山の藤袴の枝が!
大変りっぱですごい数です。

DSC_0706.jpg
鉢には昨年の藤袴の鉢が所せましと置かれてのいました。
大変りっぱでものすごく大切にされていて感動しました。
藤袴はおし芽で増やされていて地植えをされていますが、やはりずっと藤袴ばかり植えると育たなくなるそうです。
他の秋の花も育てておられるそうです。

すると馬場様は
「この藤袴は新芽の上を切り芽とって乾燥させて芳香剤や煮だしてお風呂に入れるといいのよ。はさみをもってくるから待っていて」

と言い残し猛ダッシュで舞のためにこの暑い中自宅にかえり、はさみをお持ちくださいました。
しかも「好きなだけ切って持って帰ってね。私は水やりしてるから」
IMG_4770_2019060723421228b.jpg

この後ご厚意に甘え袋いっぱいに藤袴の新芽を刈る作業を体験して沢山いただきました。

そして会のパンフレットやお話を聞いて、入会することにしました。
IMG_4848_20190607234128e65.jpg
IMG_4849_201906072341438a2.jpg

書面と年間費をお支払いして、これからできるだけ多くお手伝いするように伝え藤袴祭りのときにお手伝いさせてほしいと懇願して失礼しました。

出来るだけ会の貢献ができるように頑張る!!!


新島会館開催

森本幸裕先生講演会大阪市出身京都大学名誉教授、農学博士
アサギマダラとフジバカマをめぐる緑と生
<絶滅危惧種の生物多様性>

日時 6月30日(日)午後1時半〜午後2時30分
(開場13:00)


参加申し込み方法
源氏藤袴会事務局へご連絡ください。
電話  075−241−2084
メール info@g-f-a.org
ホームページのお問い合わせページからもご連絡いただけます。

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

フリーエリア

プロフィール

mai syonagon

Author:mai syonagon
京都好き、歴史好き、ショッピング好き、温泉好き、グルメ好き。
凝り性な乙女座、A型、金星人、六白金星なわたしです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
宮仕え中につきお願い
宮中出仕中につき、更新は不定期となります。ご理解ください。 又、過去の記事を記載している為に掲載している季節と月日が合っていません。 季節は題名、カテゴリー別の方を優先し、過去分の月日は無視してください。
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ