無料レンタル
京草子 雅な京都絵日記時々詣で 武蔵国衣紋道への道
FC2ブログ

2020年衣紋道への道進捗状況第四弾



明けましておめでとうございます🗻☀🎍

2020年も着々と装束持ち具の収集に明け暮れました!!!

①濃山吹色直衣

色は濃山吹色、横は二藍色で文様は尾長鳥牡丹唐草です。
始め見本でみせていただいた感じが香色かと思えるほど茶色よりになったので注文。
裏を二藍で苦色を想像していましたが、紫の色が意外と薄くなり、だいぶ黄色よりの仕上がりになりました。
東レルシックなので絹風これはいい感じ満足です。

来年掲載予定

②半臂の忘れ緒・半臂の小紐・衣紋紐

半臂用の忘れ緒
前年いただけた無紋羅を紫根で染めて、忘れ緒用の布と小紐用に用意した襟しん・羽二重の絹生地は科学染料で染めていたのをお知り合いにお願いして手縫いしていただきました。

忘れ緒の長さが・・・・・・・・・・・・・これはかなり人形仕立てにしないと・・・・・・・時代装束の縫い方の寸法通り生地を用意したのですが・・・・・・・染色で縮んだこともありますが・・・・・・・・それにしてはたらなさすぎ・・・・・・・・。
これは見えない所で留めないとやばいです・・・・・・・・・・要改善

今年完成予定

③女性用の単
薄紅色 幸菱 紗


IMG_7429_20200427223153e2e.jpg

IMG_6299_20200111221459b47.jpg
IMG_6300.jpg
IMG_6301_2020011122152135e.jpg
IMG_6303_202001112215439c7.jpg
IMG_6302_20200111221532d09.jpg

前年いただけた紗の薄桃色幸菱の生地をお知り合いにお願いしてミシン縫いした装束が我が家にきました。
裁断は鶴岡八幡宮の御神服である鎌倉初期の女性装束を見本に製作。
但し袖は身頃に縫いつけず、袖の長さもながくしてもらいました。
平安時代今の絹よりも40%の重量がなく、そのかわり密度が濃い独特の風合いがあったのです。かなり上質だったそうです。
現在もかなり小規模ですが、生産されていて上質な絹がつくられています。

左右非対称の身頃

これは裁断の方法の違いです。
当時の絹は大変貴重なにせ流通経路が確立しておらず、かなり高価でした。
しかし禄という下賜が多かった当時相当数の絹が必要で、公卿であってもそうそう簡単に手にする事が難しかったといいます。
当時の資料や古典文学でも地方の受領がその地で生産されていた絹を京の有力貴族に献上した物を使用していたと文学や公卿の日記にも記載されています。

なので生地を無駄にできません。
襟を裁断した後の生地を前身頃にしているために片方がどうしても幅がせまくなるのです。
これすごく特徴的です。

但し衣紋道的にはタブー
なぜなら左右対称が美しい左右対称に着つけるためにあります。
しかし舞は基本一人で着付け予定なので、女房装束を着付ける際は少し一般的な着付けとは違ってくると思います。
でも少しでも平安朝に寄せたい・・・・・・・そんな思いがあるのです。


ヤフオクで
米紗繁紋横菱 13.5M手にいれました。
これを単に縫製してもらい上の単を練重ねしてみます。


単 紗 横菱文様
IMG_7337_202003310957113d4.jpg

色が緋色なのでこれは下着用の単です。
でも横菱文様だししかも長さが13.5Mもありは女性装束上着に夏の袿にします。


四月より薄衣に重ねる衣

薄衣を紗文様入りかつ絹しかも2万ちょいでGTE
これは装束やさんで縫製してもらい、和裁のミシン仕立ての参考にしていただきます。見本は大事で必要

まず色を染色します。
緋色はけばいし・・・・・・・・夏用なのでここは二藍色にしたかったのですが、染めると元元の色が影響してしまうので変更
このまま赤色に染めて裏を黄色に朽葉の袿に。

⑤烏皮履風浅沓

直衣で散歩していただくときに靴をどうするかだいぶ悩みました。
浅沓は平安時代現在の形ではどうもなかったでようです。
すくなくとも平安時代後期の絵巻物には奈良時代の烏皮履に近い形状だったようです。
でもどうするか?
現在宮内庁でも使用され装束店でも購入できる烏皮履でも結構高額でこれも踵があってどうも少し違う感じ。

ならば現在の靴屋さんで製作出来ないか?調べました。京都に吉靴房さんという靴屋さんがあり、しかも古いタイプの靴にも興味がおありのようで、相談しようかと。

まず奈良時代の烏皮履と宇治上神社の宝物の御沓、平安時代末期の宮中年中行事の絵巻物の写真を持参して店主の方と相談
本来よりも早く完成してくれました。
IMG_8119.jpg

中敷は自作
本来は絹の表袴の文様なのですが、足の裏に敷くのでポリの霰文様にしました。
つま先がそっているのは西域から朝鮮半島、日本では奈良時代から平安時代頃の靴の特徴です。
日本ではなぜかその後下駄が主流になり、西洋文明が入った明治から靴は平たになっています。
湿気が高い日本では足を包むという靴は不向きだったし、なにより牛が貴重な家畜だったからでしょう。
美味しい牛肉も農耕を行う貴重な働き手で、それを殺傷するなどという発想がなかったのでしょう。
昔の農民は牛を大切に扱ったといいますから。
IMG_8120_20201005233421fa3.jpg

IMG_8121_20201005233431c75.jpg

あと宇治上神社の御沓は甲の部分にそりこみがあります。
なかなかおしゃれと思い同じデザインにしてもらいました。
IMG_8122_20201005233442aa6.jpg

後ろもべた沓にしてもらいました。

店主の方は昔の靴にも知識がおありでイメージが伝わりやすかったです。
もし次お願いすることがあれば靴の沓かな。

⑥綾織紫色唐花菱紋様半臂製作

半臂唐花菱紋様の生地を手に入れて欄は無紋羅紫根で染色してもらいました。
現在縫製中

⑦臥蝶丸の文様白 二藍色 夏用紗 袿
IMG_8381.jpg
IMG_8385.jpg
IMG_8386.jpg
IMG_8387.jpg
IMG_8388_20201012235927848.jpg

ヤフオクで競り落とした装束生地
22Mを二本分
まずは一領
みやこ染料で赤と青をやや青紫色に混ぜて染色しました。

二藍は年齢によって色が変化すると有職故実ではいわれています。
ただ色目で桔梗・杜若・苦色・赤色と二藍は一色限定色扱いです。

源氏物語藤裏葉

夕霧が内大臣に藤の宴に邸宅に招かれる前に父源氏に真意を問いただす場面で二藍がでてきます。

「 直衣こそあまり濃くて、軽びためれ。非参議のほど、何となき若人こそ、二藍はよけれ、ひき繕はむや」
とて、わが御料の心ことなるに、えならぬ御衣ども具して、御供に持たせてたてまつれたまふ。

雲居雁との結婚した朝に源氏と夕霧が対面する場面

大臣は、 薄き御直衣、白き御衣の唐めきたるが、紋けざやかにつやつやと透きたるをたてまつりて、なほ尽きせずあてになまめかしうおはします。

  宰相殿は、 すこし色深き御直衣に、丁子染めの焦がるるまでしめる、白き綾のなつかしきを着たまへる、ことさらめきて艶に見ゆ。

上記の場面で直衣はという前提ですが、藤の花が咲き誇る季節すでに直衣は夏物。
ただ気になるのは二藍の一文字は出てこない。ことでしょうか?
しかしこうは考えられなのか?
まず
二藍の色はスタンダードとして基準の色はあるもの
いわゆる青紫色=二藍

しかし直衣では文様素材ともに同じである場合には支障があり、つまりも身分が違うのに同色では高官の見分けがつかない
よって色で区分けする。

基準は年齢で分ける
年少者は赤紫色青年は紫色壮年は花田色さらに浅花田色極みは白色
身分が高い場合は年齢よりも年長者の色を身につける。

なら納得です。

裏生地はポリで薄色
京都のふるたさんで製作依頼しました。

⑧単 臥蝶まるの文様 白色
重ね色目
紅の薄様
IMG_8068_20200927154641bc7.jpg
IMG_8069_20200927154655c1c.jpg
IMG_8070_20200927154712458.jpg
IMG_8071_20200927154726614.jpg
IMG_8072_202009271547403b2.jpg
IMG_8073_20200927154757231.jpg
IMG_8075_202009271548247bf.jpg
IMG_8076_20200927154837727.jpg
IMG_8077_20200927154851b7e.jpg
IMG_8078_20200927154906299.jpg
IMG_8079_202009271549207bf.jpg


装束をそろえる際にどうするのか?

袿は色目でそろえるとものすごくたくさんいります。
またこだわりの一に「透け感」を大事にしたい。
けれど今の女房装束はどうしてもそこがネック、紗以外は透けません。

そこでたまきはるでは平安時代の女性たちは夏透け感のある単を重ねてきていたという事実を知りました。

現在の生絹は透けず生絹も透けないのでここは紗で代用

裏地を蘇芳・青(緑)・黄色にするだけでいろんな色目が作り出せます。
ここは平安感を優先
裁縫の上手な待賢殿の会員さんにお願いしました。


⑨舄
奈良時代の女官の内履
遠くは西域にルーツがあり先の尖がった履を奈良時代は履いていました。
後宮の女官が宮中内で使用していた履物は奈良時代から平安時代の風俗の変化で女官達はしとうずに直接長袴を装着していました。しかし平安時代後期後白河上皇が描かせたとい宮中年中絵巻物に内宴の場面で女舞を披露している舞女達は物具装束に舄の靴らしい物を履いて踊っています。
ただし当時すでに舄が一般的でなくなっていたらしく、平面図である絵巻物では平安時代の舄が具体的にどういう者だったのかはかなりの検証が必要です。
奈良時代の正倉院伝来の女官の舄を参考にして近い物を自作してみました。

ペイズリー風緑の色のスリッパにフエルトを巻いて、丸玉ガラスや飾り、トルコ石に似せた装飾物を縫いつけました。
繧繝縁の布をストッパの先に貼り付け、上からフエルトの中に綿を詰めて先を高くしてみました。
修正中

➉装束用正絹のあまり生地

なかなか素人では入手しにくい装束生地。
偶然ヤフオクで見つけました!!!即入札
長さが正直???でしたが、櫨淡の生地がどうしても欲しくて・・・・・・・・・・・・。頑張りました。

それで作った装束を包むもしくは置く生地を縫い縫いペタペタして製作しました。
壱の品 装束保管用布


弐の品 領巾・裙帯
IMG_6698_2020020709503458c.jpg
IMG_6700_20200207095045c9c.jpg

縦三分の一ほど裁断して端を練り練りからのチクチク練り練りチクチクからの終了
領巾でございます。
IMG_6699_2020020709511317f.jpg
IMG_6701_2020020709512599c.jpg

IMG_7438_20200503172743563.jpg
IMG_7439_202005031727539f5.jpg
IMG_7440_20200503172804d2d.jpg

白の臥蝶丸文様の生地を三分の二裁断し、ねり仕立てにして青(今の緑)・紫色を交互に染色して楝淡


裙帯
裙帯悩みました。
奈良時代の裙帯は裏があり、表の帯の両側にはみでた用に縫製されていました。
しかも平安時代中期ごろにもなるとその帯自体なくなり(これは前方の裳がなくなり後方だけになった事、裳には引腰という帯のようなものが付いていますがこれが裙帯の名残ともいわれています)、重要儀式で晴れの最上級の物具装束でのみ装具されていました。
さらに具体的な有職故実書にもないようで、なんとか紫式部日記で左衛門の内侍が櫨淡の裙帯をしていたという記述とまさすけしょうぞく抄の五節舞姫織物の裙帯・目染の裙帯とある記述と年中行事絵巻物の内宴妓女の絵のみです。

ここで奈良時代と同じ山道のない引帯状にするか、袷の幅広い紐にするか?
という問題にぶちあたるのですが・・・・・・・・。
ただもし平安中期の紫式部が見た内侍の裙帯が引腰様式ならおそらく〇〇の色目記述となると思うのです。
かつここで内宴の妓女の裙帯が引腰系ではない。領巾と同じ生地のような絵である事もふまえて袷の帯にしました。
少し領巾よりも幅は狭いです。
かなり私見ですが・・・・・・・・。
IMG_6751_20200223221952537.jpg

御方を迎えるにあたり座布団
茵は昔縦に生地を縫い合わせていたとゆうまさすけしょうぞくしょうから縦に縫い目を設けて下にござを重ねて上に綿を入れてうえに生地を縫い付けて製作しました。
IMG_7290.jpg

⑪下駄
平安時代も下駄がありました。
ただ現在の物よりも踵の部分が台形型になっています。
外出用に草履よりも土にあたる部分が少ないので下駄にしました。

⑫魚袋
唐の時代官人が後宮に入京する際に携帯する通行証といわれ、本来は本当に袋状のものだったようですがどんな形をしていたのかなぞの物具だそうです。
金具以外は製作完了その金具が問題です
これを装束店さんにお願いすると意外と高価でしかもあまり需要がありません。
しかしやはりないからこそほしい。
でも高いじゃあ作ってみよう。
檜の木、工作用ボンド、小さなのこぎり鋸の安定させる支え補助具はダイソー
エイの皮はヤフオク
組紐は伊藤組紐店
大事な装飾品は???そして魚はどうするのか??
唐時代の官人を描いた絵や壁画でもすでにスティック状の形になり波のような装飾があるものの????
IMG_6257_2020061919432317b.jpg
IMG_6258_20200619194342b61.jpg
IMG_6259_202006191944128e4.jpg

平安時代末承安五節絵でのみ平絵ですがなんとか見てとれます。
江戸時代有職故実復興の際に現在の魚袋が誕生しました。
三寸×一寸×0.五寸の木製に鮫皮(実はえい皮)を張り合わせ細い皮を張り付けます。
輪の皮に唐組紐をつけたものです。


⑬石帯
IMG_8669.jpg

革製で紐は正絹
かはアクリル製、湾曲部分は光ファイバーと通すという今時の石帯です。
IMG_8670.jpg
IMG_8671_20201228141332650.jpg

なんと巡方しかも無紋きゃ~~~~神事の天皇さんの石帯やん
これは要思案 
スポンサーサイト



テーマ : *コスプレ*
ジャンル : サブカル

武蔵国 衣紋道への道第二十八段&第二十九段

第二十八段

腱鞘炎で休学中明けなんとか年始の勉強会に参加

夜行バスで東京へ
いつもの果実園新宿レーベル店へ。

前回の食べ放題もういいか?とっ思っていたけど・・・・・・・・やっぱ期間を開けるといただきたくなる悪魔の味~~~
IMG_6649.jpg
IMG_6650_20200130212542cd7.jpg
IMG_6651_20200130212559118.jpg

モーニングはパンケーキで!!!
イチゴが入っていてこれお得です。


久しぶりの早稲田

大隈公園

白梅
IMG_6652_20200130212618c1d.jpg
IMG_6653.jpg
IMG_6656_20200130212649082.jpg
IMG_6657.jpg
今年は早くに開花しています

IMG_6659_20200130212724b60.jpg
IMG_6660_20200130212749dfe.jpg
IMG_6661_20200130212810639.jpg
松が緑で清々しい

やはり久しぶりで・・・・・・・・・自爆!!???
帰宅後石帯練習しないと・・・・・・。

帰りは池袋へ夜行バスでその前に果実園池袋店で限定デザート
IMG_6662_20200130212832060.jpg
IMG_6663_2020013021284816a.jpg
IMG_6664_202001302129137f7.jpg
IMG_6683_20200130213315908.jpg
IMG_6666.jpg
IMG_6672_202001302129571c6.jpg
IMG_6673_202001302130151f6.jpg
IMG_6674_20200130213034a6b.jpg
IMG_6676_20200130213050eb7.jpg
IMG_6678_2020013021312423c.jpg

これにしました!
IMG_6679_202001302131451bd.jpg
IMG_6681.jpg
IMG_6680.jpg
IMG_6682_20200130213301bd4.jpg
抹茶濃い~~フルーツ美味しい~~~~(*^▽^*)なかなか・・・・・・・・店内綺麗ですが、果実園店舗によってラインナップが違います。
ディナーのコスパは東京店が一番なんせ前菜スープにパンかライス、メインが選べてローストビーフもOKアイスのデザート付き
これで2000円ちょい
朝は新宿夜は東京駅がお勧めかな。
GO明日は仕事きゃ~~~~(-_-)

第二十九段

2月は1回のみの勉強会
シフト出た後での連絡だったのですが、丁度休みだったので参加

いつもの夜行バスへ。
到着後果実園新宿リーベルへ。
ここが朝は一番CPよし。
IMG_7115.jpg
IMG_7116.jpg
IMG_7117_20200228212451bff.jpg
IMG_7118_20200228212511cf9.jpg

お茶のみ放題・店内は綺麗・朝も美味しい
IMG_7119.jpg
IMG_7120.jpg
IMG_7122_202002282126232e3.jpg
IMG_7121.jpg
IMG_7124.jpg
IMG_7125_20200228212730c72.jpg

ここから衣冠
今回はほぼ合格点
この後2回目の武官束帯
しかしやはり撃沈~~~~
しかしどうか???はあ~~~先は遠い・・・・でも頑張ろう・・・・・・・・・・・・。

夕食は同じく果実園東京店

IMG_7128_2020022821274595b.jpg
IMG_7129.jpg
カレー風味ナシゴレン
美味しい~~~からの
マンゴーパンケーキ
IMG_7130.jpg
IMG_7131.jpg
IMG_7132.jpg
IMG_7133_20200228212851be0.jpg



今回は例のコロナウイルス感染の影響でうちの小君がめっちゃうるさく東京外出禁止令が出てしまいました。
のであったかくなるまでしばしの上京中止
悲しすぎる(T_T)

テーマ : *コスプレ*
ジャンル : サブカル

武蔵国詣で「衣紋道への道「」 第二十七段

いつもの勉強会の

大阪から夜行バスで
バスタ新宿へ朝はいつもの果実園リーベル店へ。
IMG_5587_20191018205205836.jpg
IMG_5588_201910182052205c2.jpg
IMG_5589_20191018205230d05.jpg
IMG_5590.jpg
IMG_5591_20191018205253f2a.jpg
IMG_5590_201910182053148bc.jpg
IMG_5592.jpg
IMG_5593_2019101820533938d.jpg

からの今日は半蔵門線経由自由が丘へパリセヴェイユに来店
東京きていますがなかなかこちらまで足が向かえずに今回はきました。

ケーキパンとも美味しいです。
いろいろGETしました。

からの大手町の大嘗宮を外から見学します。

からの早稲田勉強会今日・・・・・・・・・・・????

全開は女房装束で撃沈
今回は束帯からのでお願いします。

でも束帯もやばいかも?????

テーマ : コスプレ
ジャンル : サブカル

武蔵国詣で 衣紋道への道第二十六段

先月は諸事情により不参加の勉強会
今月はどうにか末に参加出来ました。!!!
天皇時にカフェ兼本屋さんでカフェで売り物の本を読みながら、飲食ができます。
伺いました。
IMG_5397_20190826085610320.jpg
IMG_5396.jpg

前日に夜行バスで東京IN
バスタ新宿に到着後、身支度を整えていつもの果実園へ。
IMG_5398_20190826085641ad7.jpg

モーニング久しぶり~~~~今日は初心にかえりフレンチトースト・・・・・初心??(*'▽')

美味しい~~そりゃね

事前に勉強と復習を

今日はヤフオクで購入済のチケットを手に
IMG_5370_20190821215738247.jpg
IMG_5371_201908212157599d2.jpg

「みんなのミュシャ展」
IMG_5402_20190826085707a85.jpg
IMG_5444_20190826085723938.jpg

IMG_5438_20190826090402a79.jpg
IMG_5440_20190826090437733.jpg

アルフォンス・マリア・ミュシャ
オーストリア帝国のモラヴィア(現在のチェコ)に生まれ二十代後半にミュンヘン美術院に入学しパリでイラストレーターとして活動していました。
舞台女優サラ・ベルナール主演の『ジスモンダ』のポスターの依頼があったものの主だった画家が休暇でパリにおらず、印刷所で働いてたミュシャに飛び込みでポスターの発注が出世作となります。
一夜にして彼の当時流行していたアール・ヌーヴォーの旗手として不動の地位を確立、仕事の依頼が続続きと入ります。
サラ・ベルナールの他、煙草用巻紙(JOB社)、シャンパン(モエ・エ・シャンドン社)、自転車(ウェイバリー自転車)などの多くのポスターの制作を手掛けます。

大成功を収めた後、故郷にもどり活動していたもののナチスのドイツ帝国に故郷を支配され、彼のチェコでの活動が民族主義を掻き立てるという名の元逮捕され厳しい尋問を受け、かろうじて釈放されるも体調を崩しそのまま死去してしまいます。
死後再度評価され日本でもファンがおおい芸術家です。
IMG_5372_201908212158141e2.jpg

舞も若いころから彼の作品が大好きで原画やシルクスクリーンも欲しいですが高価なので・・・・・・・。
画集で我慢していました。
地元に作品を多く展示しているので博物館があるのですが、アクセスが悪くてなかなかいけなくて!
今回は渋谷で開催中ミュシャだけでなく彼へのオマージュ的な漫画家の作品も同時に展示しています。


今回渋谷で展示会があるとの事なのできました!!
大好き~~~~~
IMG_5407_201908260858303b6.jpg
IMG_5409.jpg
IMG_5410_2019082608590011a.jpg

IMG_5422_20190826090148971.jpg
リトグラス
IMG_5417_20190826090112dc7.jpg
IMG_5426.jpg
IMG_5429.jpg
IMG_5423_20190826090227ad1.jpg

珍しい肉筆
IMG_5431.jpg

IMG_5426.jpg
IMG_5423_20190826090227ad1.jpg
IMG_5429.jpg

ぺこちゃんのミュシャコラボありました。のでペコンミュシャ

観光の情報は【こちら】

からの待賢殿の勉強会
忘れてるし~~~やばい~~~やばしーー~~~

今日は指貫の腰当てをGETしにオカダヤ新宿店さんへ。

からの果実園~~~どんだけ好き??
IMG_5448.jpg
IMG_5449_20190826090511d79.jpg
IMG_5459.jpg
IMG_5464.jpg
IMG_5466.jpg

ナシゴレンと東京駅限定クレープくるみのパンケーキのフルーツのせストロベリー&メロンアイス
からの東京駅

夜行で関西へ~~~~

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

武蔵国詣で 衣紋道への道二十四段&二十五段

いつもの東京へ天王寺出発の夜行バスへ。
IMG_4859_20190620211512866.jpg
IMG_4860_201906202115280a8.jpg
こげてるじゃん~~まぁ~~~
早朝バスタ新宿に到着後いつもの果実園リーベル新宿店でモーニング!!からの復習
いつもだけどこんだけ勉強してるのになぜかお教室では爆裂に頭から吹き飛ぶの・・・・・・・・・・・なんだろうか??

今日は早稲田に行く前に明治神宮へ参拝

最近こちらの神社様の縁でとてもいいことがありました。
今日はそのお礼参拝でございます。

意外とこれだけ東京に来て今回が初めての明治神宮


明治天皇と昭憲皇太后をお祀りする神社
IMG_4862_20190620211604485.jpg
IMG_4863_2019062021161919a.jpg
IMG_4864_20190620211634835.jpg
IMG_4865.jpg
IMG_4866_20190620211707465.jpg
赤芽柏
IMG_4861.jpg
梶の木
神事めいてます
都心にありながら静かで心がおだやかになります。
IMG_4862_20190620211604485.jpg
IMG_4863_2019062021161919a.jpg
IMG_4864_20190620211634835.jpg
IMG_4865.jpg
IMG_4872_201906202118485ca.jpg
IMG_4873_20190620211907b26.jpg
IMG_4874.jpg
IMG_4875.jpg
IMG_4877_20190620211958500.jpg
IMG_4878.jpg
IMG_4879.jpg
IMG_4880.jpg
IMG_4881_201906202121279ac.jpg
IMG_4882_20190620212144d65.jpg

神宮御苑
人工的につくられた森林ですがいかに自然に見せるかにこだわった風景だそうです。

個人的に舞人物崇拝には抵抗があって、時に日本では[悲劇の死を遂げた敗者が怨霊となって祟る」と考えられています。

これは日本特有の概念で世界では「敗者は敗者であって死んでも徹底的に侮辱される」これがスタンダードなのです。

これはまだわかるのです。

信仰とは元々自然やその現象、そして天変地異、飢饉、病気などそうすることも出来ない事に対して神の存在を認識しそして崇拝していました。

その存在を明確に目に見える物になりいわるゆ御神体ですね。

そしてよりわかりやすく表現するために→
人になり奈良時代にその神々の子孫として先祖崇拝に至ります。
この過程はわかるのですが。

近世生きた人物で非業の死を遂げておらず、神格化して信仰されること自体にすこし違和感を感じる事があるのでした。

個人的には人間崇拝はいろんな意味で疑問が残ります。
人は角度によって見方が違うように多角的な有機物です。どんなに人格者であっても時に違う側面では負の存在である時は確かにあります。
太平洋戦争を回避出来なかった二つの理由に明治天皇は大きくかかわっています。
戦前の大日本帝国憲法ではあくまで天皇の代理的存在に国会立法府である政府そして軍隊がありました。
それぞれの権限は本来天皇にあり特に軍隊の元帥は天皇でした。
つまり軍隊の指揮・権限は天皇にあったこの点が問題でした。普通立憲君主制では政府→国会・君主→軍隊へという流れ
これが戦前では天皇→政府  天皇→国会  天皇→軍隊
しかも全体的に英国の国家制度を参考にしていたにも関わらず、軍隊は当時のプロイセン(のちのドイツ帝国)の制度をとりえ¥いれたために矛盾をかかえるのです。
軍部の組織
陸海軍・陸・海軍省・参謀本部・予科練
それぞれ別の組織体系にしていたのです。これでは統一見解などできません。
特に関東軍の暴走はまさにそこに原因があったのです。
本来は大正時代か昭和時代に改正が必要でした、しかし大正天皇は病弱で昭和天皇の時代はすでに明治天皇の神格化が出来上がり、明治天皇の交付した大日本帝国憲法に改正などとんでもないことになってしまっていました。
軍部は総帥権をたてに大臣の任命を拒否り、また就任しても辞任を繰り返し政府の脆弱が進み。ここにアメリカの本来の力を過信した(軍部の中にアメリカの留学経験のある幹部はほぼいなかった。たいていドイツが留学先)こともあり中国大陸への侵攻に激しく反対したルーズベルト大統領に海戦の道を与えてしまったともいえます。 
     
しかし今回はあるご縁で参拝することになりました。
少しその考えに変化した出来事がありました。

崇拝するという最も単純で、無の原点。
問題になるのは時にそれを利用しようとする小賢しい人であるのだと。

IMG_4867_20190620211724692.jpg
IMG_4868_201906202117388f9.jpg
IMG_4869.jpg
IMG_4870.jpg
IMG_4871.jpg

参拝と御朱印を頂きます。

観光の情報は【こちら】

さていざ早稲田へ。
穴八幡宮さまへご参拝
IMG_4883_20190620212157697.jpg
IMG_4884_201906202122120b8.jpg
IMG_4885.jpg
IMG_4886.jpg

今日も頑張る四~~~~~でもこみが超問題~~~

新宿から夜行バスなのでオカダヤ新宿店で布用両面テープ/布用の強力糊を購入ちょうどセールだし要

明日は仕事大丈夫か??あたし????


二十五段

今日も夜行バスで東京・池袋
JRで新宿へいつもの果実園リーベル
今日のモーニングは???
からの復習ってかいつも目前に頭からぶっ飛び(+o+)
IMG_4888_2019062521282929c.jpg
IMG_4889_201906252128465e9.jpg
今日はスープセットカボチャのスープ四

からのまずは荷物を置きに浅草へ今日は宿泊いつもの和草です。



早稲田!!!きゃ~~~三日おきの勉強会ファイトO~~~~なんとか二回ほぼ可が!!!
やった~~~束帯は微妙女房装束もっとヤバい!!!

ホテルチェックINしてカプセルフロアー浴場ありすごくリラックスしかもリンスシャンプー・」ボディソープ付き

翌日

徒歩で町田糸店へより糸GTE
またまた日陰糸紐を作らないとね。

からの後は武蔵国詣で番外編へ

テーマ : *コスプレ*
ジャンル : サブカル

フリーエリア

プロフィール

mai syonagon

Author:mai syonagon
京都好き、歴史好き、ショッピング好き、温泉好き、グルメ好き。
凝り性な乙女座、A型、金星人、六白金星なわたしです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
宮仕え中につきお願い
宮中出仕中につき、更新は不定期となります。ご理解ください。 又、過去の記事を記載している為に掲載している季節と月日が合っていません。 季節は題名、カテゴリー別の方を優先し、過去分の月日は無視してください。
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ