スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春から夏へ 京都上生菓子「岩根の躑躅」

いつも美味しい京都の和菓子をテーマにアップします。

和菓子は日本の四季を表現した食品にして芸術です。
特に上生菓子は茶席で出されるほどの上質な材料と職人の手を経て私たちの元に届けられます。

菓子の歴史は案外古くて縄文時代には木の実、果物特に栗と柿が元祖と言われています。
まだ農耕がおこなわれていない頃はそれらの食料を加工をほどこし団子として食していました。
その後農耕が始まるともち米が栽培されると「餅」が作られます。
しかし甘味料はまだ知られず、果実の甘みしか知しませんでした。

奈良前期には米もやしの水飴、甘葛などの植物から出来る糖が精製され、これらは皇室や一部の貴族達への献上品として大変高価で希少価値の高い物でした。

今風の加工菓子は奈良時代中期に遣唐使により唐菓子と呼ばれる五穀を中に入れて揚げた菓子が初かもしれません。
しかしやはり同じ理由で庶民には伝わわず、神様のお供え物もしくは宮中や貴族の饗宴でしか食されていませんでした。

さて京都で最古と呼ばれる菓子屋はどちらでしょうか?とらやか川端道喜か?
いえいえ平安時代中期、一条天皇が国内で流行り病を鎮めようと今宮神社を建立した時に移り住みあぶり餅屋を営んだ「一和」と言われています。
いわゆる門前茶屋で、あぶり餅はあぶった餅に味噌をつけた素朴な味わい、無病息災を願う縁起物の菓子で現在も子孫が商いに励んでおられます。

その後室町時代前後に「亀屋陸奥」「川端道喜」「虎屋」など京都を中心に現在も経営をされています。

この菓子が広まるきっかけが鎌倉時代前期に栄西禅師が大陸から持ち帰って伝えた喫茶茶の湯の流行です。
抹茶と菓子の組み合わせが確立します。

始め菓子は汁で羊肉のスープが本来のレシピでした。
しかし仏教を尊ぶ者には殺生嫌いこの汁を小豆などを象ったものを入れたので字だけ羊羹をあてがい茶の湯の菓子として始まります。
その後羊羹は持ち帰り用にして変化して、小豆を煮て砂糖を加えた生菓子が主流をしめていきました。
生菓子はその一瞬しか美味しさを維持できませんから「一期一会」の茶席にふさわしい物と言えますね。

さて15世紀中頃に砂糖が貿易によりもたらされます。
室町、安土桃山時代にはキリスト経の伝道師・貿易商のポルトガル人やスペイン人の伝来により、ボーロ、カステイラ(カステラ)、金平糖(こんぺいとう)、ビスカウト(ビスケット)、パン、有平糖、鶏卵素麺など砂糖を使用したお菓子として発展してゆきます。
この頃には茶の菓子はこういった新しい菓子、いわば洋菓子でした。

最も和菓子が発展するのは江戸時代ようやく戦乱の世が終わり天下泰平をおおかし、経済が発展すると菓子職人達は皇室、公家、武家、豪商、豪農といった経済力のある人々の依頼を受けて華やかで優美な和菓子が文化として人々から愛されます。

その後明治から昭和にかけて西洋文化が入った事でその地位をあやぶまれますが、戦後京都のブランド力と抹茶の洋菓子を広める事で再評価されています。

上生菓子は茶席で出される事が多いのでやはり茶道ありて大きく発展していきます。
京の和菓子

京の和菓子といえば切っても切り離せないのは「御所」いわゆる「禁裏御用達」の老舗菓子店達です。

江戸中期
「棹菓子二口屋・数菓子虎屋・餅菓子川端道喜」が三大和菓子御用達店でしょう。
では御用達はそれは名声と巨万の富を得ていたのでしょか?
いえその逆かもしれません。
昔は代金の支払いは夏と冬に限られていました。掛け売りだったわけです。
しかもその相手の財政によっては支払いすらされず、負債をかけなくてはなりませんでした。しかも武家に政権を奪われてからの朝廷は権利も財源も極端に制限され、特に室町後期戦国時代の間は天皇は食事も満足に出来ないほどだったといわれています。

ここで奥の手献上となるわけです。
この時代この献上の嵐となったそうです。出入り業者はなくなく従ったといいます。
しかしそんな不遇の時代でも「御買物始め」の代金はしっかり払ったのだそうです。
事初め宮中行事がいかに大切だったかと言えます。

上記の三大菓子屋はそんな時でも天皇家へ半ば献上ありきで御所へ菓子を納めていたのです。

ではでは本題へ。
本当は櫻からテーマを始めたいのですが、思いついたのが染井吉野櫻散る頃、和菓子は季節が早い時期に創作されるのですでに遅し・・・・で。

①アップは春・秋を中心にたまにそれ以外の季節の限定的な菓子を紹介
②京都老舗の和菓子店
③お題は一から三で同じものもしくは数種、季節に合わせた題材で数種類の上生菓子を比べ食べ
をコンセプトにしていざ開演~~~~~
IMG_2786_20160423220719474.jpg
本日の上生菓子
左から右に→鶴屋吉信・本家玉寿軒・とらや・二条若狭屋・上の粽が仙太郎


4月中旬から5月初旬

IMG_2633_20160423220626d29.jpg
岩根の躑躅

昔の人は岩の根もとに咲いた躑躅を岩根の躑躅と呼び好んで古歌に詠みました。

竜田川いはねのつつじ影みえてなほ水くくる春のくれなゐ
藤原定家


岩躑躅折りもてぞせこが着しくれない染めの色に似たれば
和泉式部

IMG_2794_20160423220830a9a.jpg
「岩根の錦」
とても綺麗でしたので躑躅つながりで
とらや
室町時代後期の京都で創業
後陽成天皇の御在位中より御所の御用達として、明治天皇の遷都の機に本社を東京へ移転し現在に至ります。
ようかんといえばとらやとらやといえばようかんというように生菓子よりもようかんで全国っ区なメジャー老舗店
IMG_2795.jpg
羊羹製白餡入

「岩根の躑躅」
鶴屋吉信
1803年初代鶴屋伊兵衛が京に創業の和菓子店四代目の稲田儀三郎の時に誕生した京観世の菓子が有名な老舗店
全国展開に成功したメジャーな老舗店

IMG_2789_20160423220922aef.jpg

IMG_2790_20160423220929436.jpg
「岩根の躑躅」

本家玉寿軒
IMG_2791_20160423221019591.jpg
岩根躑躅
IMG_2792_20160423221027ddb.jpg
きんとん

5月の節句
5月も季節が春から秋へ変わる季節の変わり目です。
その変わり目に体調を崩しやすい「平安時代の邪気を祓う」必要があります。
その行事が粽を食べ、家の軒先に菖蒲を飾りその香りで邪気を祓う行事でした。
今日では男の子のまつりとして知られていますが、実は昔から老若男女問わず行われていた重要行事だったのです。



菖蒲

ほととぎす待てど来鳴かず菖蒲草玉に貫く日をいまだ遠みか

大伴家持


IMG_2796.jpg
二条若狭屋
総本家若狭屋で修行した初代がのれん分けを受け、大正6年に創業した名店

IMG_2797.jpg
練り物・こしあん

IMG_2798.jpg
「粽」一枚笹
仙太郎
IMG_2799_201604232213131db.jpg

IMG_2800.jpg

今回の抹茶は岩根躑躅でアップした躑躅は建仁寺正伝永源院で撮影したものです。
IMG_2787.jpg
ので抹茶は建仁寺御用達「建久の白」を

塔頭の抹茶席で出されている抹茶です。
IMG_2793_2016042322170802d.jpg

うま味と苦みのバランスOK
スポンサーサイト

舞少納言のいとお菓子物「一心堂」第三段


あけましておめでとうございます
旧年中は当京草子を愛読ありがとうございます。今年も独自な目線でいろんな事を草子したいとおもいます。
御愛顧のほどお願い申し上げます。


御近所お菓子~~~~編

一心堂さんへ、季節の大福をいただきます。

まず秋に訪れた時に
IMG_8593_201601032209130a2.jpg


梨大福
期間限定の梨の大福!
IMG_8594_20160103220918cef.jpg

IMG_8595_20160103220923072.jpg

みずみずしい梨ともちもち求肥、甘さ控えめな白餡が美味しいです。

IMG_8691_20160103221353e99.jpg

柿大福
日本のお菓子の原点はこの柿といわれています。
懐石で最後に出るお菓子は水菓子とおしながきにありますね。砂糖が貴重だった頃、代用だったのが秋にどこでも収穫出来る柿でした。

IMG_8692_20160103221357d63.jpg

IMG_8693_201601032214034dd.jpg
柿そのままでも十分に甘いん~~~大福・・・・・・・・。柿だけでいいのかなぁ~~~

ラ・フランス大福
IMG_0279_20160103221945003.jpg

11月後半から12月場合によっては1月のラフランスを使用した大福です。
IMG_0280.jpg

IMG_0281.jpg
ラフランス特徴のねっとりとした舌ざわり甘さん~~~~~~美味しいやん



王様の練乳苺

IMG_0376.jpg

IMG_0378.jpg
上の真っ白いのが練乳です。
前回普通の苺の練乳がどうかなと思いましたが、ここは王様とGET
IMG_0379.jpg
酸味の少ない苺でしたが、練乳とも合います。美味しいさすが美味しい王様

お店の情報は【こちら】

舞少納言「美味しいお取り寄せ」後半2

さて後半は2部に分けてご紹介お取り寄せシリーズです。

6)くらし応援隊 せとみL~3L5G

この柑橘は2004年清見に吉浦ぽんかんを交配させて誕生した山口県のオリジナルみかんです。
みかんの仲間で最も甘く、プチプチした独特の食感があるのだそうです。
「紅まどんな」以来の超ヒットになるんでしょうか????
わくわくしながらポチッとしちゃいました。
IMG_6097_201504032054509d8.jpg
届きました。
IMG_6098_20150403205455c9e.jpg
オープンセサミ

IMG_6109.jpg
オレンジ系なビジュアルですね。
IMG_6110.jpg

IMG_6111.jpg

ん~~~~甘~~いこれは紅マドンアの次に好き

お店の情報は【こちら】

7)つまがり 紅玉パイ
IMG_6075.jpg
紅玉林檎
紅玉昔はスーパーで定番の林檎でしたが、果物の糖度アップでおされぎみ、一時は生産農家さえ衰退しかけた品種です
最近はお菓子ブームで見直され生産も上がってきているのだそうです。
IMG_6076.jpg

これにつまがりの発酵バターと小麦粉が出会い、焼き上げられたパイ!
旨いでしょう~~~~
IMG_6077.jpg
いい色ですね。
IMG_6078.jpg
カットします。
IMG_6079.jpg
酸味と甘さのバランスとバターの香りにパリパリのパイ生地最高です。

8)つまがり Big栗

通販限定の栗のパウンドケーキこれは美味しいだろう~~~とポチッと!!!
栗は四国の温暖な気候ではぐぐまれた大粒の国産の栗を煮詰め、小麦粉とバターそして和栗のペーストを練りこんだしっとりとした生地にラム酒と大粒な栗を入れて焼き上げた逸品です。

IMG_6080_20150402222808c72.jpg
どっしりしたパウンドケーキですね。
IMG_6081_20150402222841b7e.jpg

IMG_6545.jpg
開けると洋酒の香りとバターの芳醇な香りがあいまって食欲をそそります。
IMG_6546.jpg
カットすると大粒な栗が見えます。
頂きます~~~~~しっとりした生地に栗の波が~~~~~絶品です。


お店の情報は【こちら】

「舞少納言」の美味しいお取り寄せ後半1

1)つまがり キングオブマロン

11月28日から限定販売のこのキング オブ マロンは国産栗をしっかり甘~~~く煮込んで、クレームダマンドとたっぷりのバターで仕上げたパイ生地が絶妙に美味しいです。

IMG_4458 (0)

IMG_4459 (0)

IMG_4460 (0)
こんな感じで来ます。
IMG_4461_20141202152148e5e.jpg
見た目こんな感じです。
IMG_4462.jpg
カットしてかなりいっぱいのマロン~~~来た~~~

お店の情報は【こちら】

ちなみにあまりに美味しいので期間限定の購入最終日に再注文しちゃいました。

ここからしばらく柑橘系の紹介を
みかんなどの柑橘類は今から3000万年もの昔すでにインド東北部に登場し、約4200年前には中国で栽培が行われたという記録のある古い果実だそうです。

日本にも固有種のたちばなという柑橘類があります。ただどちらかというと観賞用でしょうね。
その歴史は古事記、日本書紀に垂水天皇の命で臣下田道間守が常世にある不老不死の実である非時香菓を取りに行く話が出てきます。
田道は幸運にも果実を持ち帰る事が出来ましたが帰国後天皇はすでに崩御してしまって嘆き悲しむ話が出てきます。
また奈良時代元明天皇が愛で愛した植物で信頼する臣下「県犬養三千代」にその名を「橘」という性をさずけました。
天皇家に縁のある植物で今も京都の御所や門跡寺院では正殿の前には「右近の桜・左近の橘」が植えられている名所も多いんです。

ここからは時期的にその柑橘類のオンパレードです!!!


2)くだもの畑  ちょびっと訳あり不知火柑(でこぽん)3K


この品種は不知火柑と呼ばれ、清見とぽんかんの交配種で熊本県宇城郡不知火で品種改良され始めて世にでました。
今も熊本で一番生産されています。
特徴は酸味は中間で甘み、果実が高く価格は中間だそうです。

糖度13以上クエン酸1%未満の品質の良いものを「凸ポン」とブランド化され、価格も高めです。

その凸ポンがお手軽価格ぽちっとやっしゃいました。
IMG_4498.jpg
意外と早めに到着~~~

IMG_4499.jpg
全部で11個きずものという事でしたが見た目正規品のようでした。
IMG_4500_20141231090207862.jpg
味見~~~~~
IMG_4515.jpg
酸味が高め~糖度13以上?クエン酸1%???
でもジューシーさは最高でした。

小君は「酸味が美味しい~~~」とばくついていましたがもうちょいと甘みがほしい~~~かなぁ

三日目酸味が抜けてまろやかになっていました。味はジューシーです!まあ満足かな~~~


お店の情報は【こちら】



3)くらし快援隊 愛媛産訳あり媛まどんな5K

1990年南香×天草の交配種「愛媛果試28号」というまだ新しい品種で現在愛媛でのみ生産されている果肉には果汁たっぷり、酸味も少なくて食べやすく12月頃に出荷できる早熟のタンゴール種です。
御当地果実ですね。

特徴は甘み果汁が高く酸味は低く、欠点としては価格が高いです。

IMG_4501_2014123109035154f.jpg
紅まどんなの名前の由来ですが愛媛県松山市が舞台の小説夏目漱石の「坊ちゃん」に登場するマドンナにちなんでいるのだそうです。
IMG_4502.jpg
届きました!!!
IMG_4503.jpg
カットします。

柑橘系で皮の薄いタイプかつ国内産だと最近はそのまま頂くようにしています。
食べ物はできるだけ全部摂取した方が栄養価が高く、しかも外気にさらされる外皮部分は抗酸化作用が高いといわれています。なぜなら一番外側にある部分は外気の環境にみずから防御する作用があるといいます。

ただ農薬の事もあるので水にさらしてから頂きます。
香りがよく、糖度が高くてやさしい酸味を持つというのですごく期待しています。

IMG_4505.jpg
プリュ~~~プルプル~~~ゼリーみたいですね。
ジューシーで甘くて美味しいです。今年一番の柑橘です!!大満足~~~

あなたこそマドンナならぬ「柑橘系の女王さま」よん

この後あまりに美味しかったので再注文しようとしたら「完売」しかたなく楽天市場をクリックしていると同じ条件で別のお店が販売中!!速ポチッさてどうでしょうか???楽しみ~~~

IMG_4554.jpg
Mサイズがなくなり2Lでもいいかとメールがきて喜んだけど、中身を開けると・・・・意外と大きくないなぁ~~という感じ。
まあ味だしと
IMG_4555_20150120161732180.jpg
見た目はゼリー~~~ぷりゅんぷりゅん
IMG_4556_20150120161737568.jpg

IMG_4557.jpg
前回よりも少し味が薄いかなぁ~でもまあ美味しいかな。紅まどんな来年もぽちッと決定~~~

お店の情報は【こちら】


2015年 年をまたぎ続美味しいお取り寄せ紹介

新年明けましておめでとうございます

で2015年初のお取り寄せは?



4)せいぶ青果楽天市場 訳あり伊予柑

いよかんの歴史は古く発見は明治時代でミカンとブンタンの交雑種だそうです。
いまほどミカンの品種が多くなかったころからある品種で、子供の頃から好きな柑橘類でした。
年明けそうそうの昨年なかなか好評だった「伊予柑」です。
酸味甘み果汁は中くらいですが、価格が安いです。

今年はちょっと違い2.5KG訳あり伊予柑2箱購入で送料無料3箱以上で1箱おまけというのでぽちっとしちゃいました。
価格は上がっていましたがポイントで2000円を切りました。
産地は愛媛!そう柑橘類の最大の生産地域です。温暖な四国の気候と瀬戸内の海からの光が反射してさらに太陽を浴びて育つので美味しいんだそうです。
昨年はジューシサーでやや酸味が増した伊予柑でしたがCP最高でした。
IMG_4522.jpg
到着しました!
IMG_4523.jpg
オープンセサミ
IMG_4524.jpg
こんな感じで皮むきました。
実はこぶりかなぁ~~~
IMG_4525.jpg
さて今年の出来は???
ん~~~ジューシー~~そして意外と甘みもありつつ酸味も感じよいバランス

お店の情報は【こちら】



5)甘平

2003年 西之香とポンカンを交配させて愛媛県で誕生したまだまだ新しい品種「甘平」は大変甘くまた酸味も少なく、果汁も多いのが特徴です。

しかしその皮の薄さから農家で育てるのも本当に大変だそうです。
特に夏~秋に雨が少ないと、皮が割れてしまうそうです。
商品にならないから農家は大変コストロス当然栽培する農家は少なく価格も高め、媛まどんなの上くらいのお値段です。

果実の大きさは不知火と同程度で、外観は扁平です。だから甘平というのだそうです。
果皮の厚さは薄く、じょうのうは柔らかくそのまま食べることが出来ます。
果実の糖度は1月下旬で13度以上となり、クエン酸含量も1.1%程度まで下がり食味良好となります。
IMG_4568.jpg
到着しました。
IMG_4569.jpg
こんな感じです。大きな玉と小さな玉混合ですね。
IMG_4570.jpg
皮むきました。薄いけどむきにくくはありません。
IMG_4571_20150210224245c68.jpg

頂きます
IMG_4572.jpg
確かに甘いでも汁度が低い~~~。
やはり紅まどんなに軍配~~~

ここでブレイクタイム

5)足立音衛門 期間限定栗とチョコのパウンドケーキ
&天使の栗のケーキ



今回二度目の登場!丹波栗の名店足立音衛門さんのお取り寄せです。
特別価格で送料込「天使の栗のケーキ」があったので、ついでに気になったチョコと栗のケーキも注文してみました。
IMG_4582_201502192106337b0.jpg
チョコと栗のパウンドケーキ
チョコはベルギー産クーベルチュールチョコレートを生地に入れてトルコ産の栗を入れたバレンタイン用のギフト向け商品
IMG_4584_20150219210656c5f.jpg

IMG_4585_2015021921070429d.jpg

濃厚なチョコのパウンドケーキは最高に美味しいでも栗の味がちょい残念あまりしないやはりこの濃厚な味わいには和栗でなきゃないかなぁ????
でも美味しいね!!!

IMG_4575_20150216231345eb7.jpg
天使の栗のケーキIMG_4577_201502162315365fb.jpg
南米チリ「Los Angeles(ロスアンヘレス=天使)」で収穫、加工された栗を足立音衛門さんが仕上げたケーキです。

舞パウンドケーキは嫌いです。あのつばをもっていかれる感じが苦手~~~でもこちらのケーキはほのかに洋酒がきいてしっとりしてなかなか美味しいんですよ。
送料込みの企画品があればポチッっととなぁ~~~よくします。
IMG_4578_20150216231355309.jpg
美味しそう~~~
しっとりとしてほのかに洋酒とバターの香り美味しい鉄板洋菓子です!!!
また注文したい!

お店の情報は【こちら】



「舞少納言」の美味しいお取り寄せ前半

美味しい物は足を使わなきゃ~~~口に出来ない???
そんなことはありません。
今はネットサクサクの時代、しかも保存技術も進化系でかなり美味しい物が自宅にいながら頂けます。

いつもの間違いない物ばかりですがあえて再び紹介しま~~~す。

つまがり

ご存じ兵庫の甲陽園にある人気お菓子屋さん「つまがり」のHPから季節限定の人気商品をお取り寄せ!!!

1)ブルーベリーパイホール
IMG_4030.jpg
夏になると頂ける信州産のブルーベリーをふんだんに盛ったこのケーキ本当に毎年まちどおしいんです。
固めのパイ生地にアーモンドをたっぷり使用した自家製クレームダマンドの上に両手いっぱいのブルーベリーを乗せて一度焼きます。
更にブルーベリーを投入して軽く焼き上げるこのケーキは半端なく美味しいです。

IMG_4031.jpg

高温で焼く際にクレームダマンドがブルーベリーを含んで、それはそれは美味にございます^~‘

IMG_4032.jpg

ブルーベリーは露地物ですから季節により酸味がかたよりますが、生地の甘さで甘酸っぱさが味わえます。
年によって微妙に違う味を楽しむのもいいですね。
来店またオーダーします。
秋のお取り寄せは「キングオブマロン」を予定します。


お店の情報は【こちら】

足立音衛門 

2)マローネのケーキ

丹波と言えば栗の産地、特に関西では栗+丹波=最高級品高い栗という認識です。
その丹波福地山にある和菓子店「足立音衛門」さんは栗を使った和菓子洋菓子を提供しているお菓子屋さんです。

今回はHPから栗のパウンドケーキがお手軽価格で提供されていましたのでオーダーしました。
以前も購入済みなので味は保証付き、実店舗は阪急にも入店していて大人気のお店手堅いお買いものです。

このお店の売りは10000円以上する栗のパウンドケーキですが、そんなもの買えません。
IMG_4108.jpg
今回はお手軽の栗&ケーキを頂けるので「マローネケーキ」
袋を開けるとぷ~~~んと香り高いバターの匂いが間違いない!!!
IMG_4109.jpg
外からも栗がのぞいています。
トルコ産のマローネを砂糖で煮つめた栗をケーキの底に並べて焼き上げたパウンドケーキです。

3760円→送料込で2000円です!!!
IMG_4110.jpg
部位によっては沢山栗が入っているのもあり、これは美味しい~~~
しっとりとしたパウンドケーキにマロングラッセの様な甘さの栗は絶妙な組み合わせ。糖分に一部高級な「和三盆」を使用し、塩は沖縄産、蜂蜜やアーモンド、洋酒(ブランディー)、もほどよくきいていて美味しい~~~
これは買いでしょ~~~


お店の情報は【こちら】

ANGERS

3)パンケーキ「チョコ&バナナ&アーモンド」

人気のパンケーキお店に行くには長蛇の列、わりと高いとハードルが高いんです。
今回はパンケーキ粉、バナナ、チョコ、アーモンド、蜂蜜を購入して家で作る事にしました。

IMG_4114.jpg

ファファ~~~の生地にバナナとチョコの絶妙なコンビとアーモンドの香ばしさ~~~最高なり~~~

パンケーキのお店の情報は【こちら】


4)ガトーショコラ

駿河園 純濃ガトーショコラ新月
IMG_4116.jpg
広島のお茶販売店「お茶の駿河園」がもっとお茶に親しんでほしいと茶菓子の開発を始められ現在大人気のこちらスイート
はお薦めがいっぱい!その中でもこちらは本当においしいですよ!!!

抹茶は宇治の茶鑑定名匠 森田治秀氏がブレンドした1kg5万円相当の「純濃金天閣」を惜しげもなく使用、お菓子作りに広島の人気洋菓子店「パティスリー・イマージュ」花口庄太郎シェフの指導を元にホワイトチョコはフランスのイヴォワール、卵は愛媛産媛っ子みかんたまごなどこだわりのある食材を工房の「職人魂」が心をこめてつくりあげ出来あがったガトーショコラ!
美味しいのは間違いなし!!!

IMG_4117.jpg
もう色が命「超抹茶色」絶対に美味しいとうったえてきてます。
しっとり、ホワイトチョコの風味とバターのコク、なにより渋くない抹茶の香りと味!美味しいの三重奏が口の中で大合唱です。もう文句なく誉れ!!!

お店の情報は【こちら】

5)巨峰
IMG_4149.jpg
こんな感じで10箱つきました。
IMG_8304.jpg

IMG_8305.jpg

長野県産ふぞろい巨峰

この時期になると毎年楽天でチェックしてお取り寄せしてシリーズです。
規定のサイズではない物や房がとれて市場に出せない巨峰を自宅用梱包で7K送料無料で提供しています。
これで4回目お取り寄せ、露地物なのでやはり天侯の影響は受けますが毎年美味しい巨峰をいただいています。
1回目は「まあいいじゃん」
2回目は「最高」この年は猛暑で雨も少なかったので果物豊作年
3回目は「ちと小さいな」暑さ普通で雨が多かったように思います。

4回目は「小さいのと大きいのとりまぜ」ただ酸っぱいのがけっこうあり、しかも青カビが出ているものもありました。
今回は発注から到着まで遅くいやな予感ありました。
12日くらいに注文して「17日から27日まで」発送とあったにもかかわらず27日のギリギリ発送でした。
見た目に小さいのも目立ちましたが青かびはさすがにショックでしたね。
やはり台風に伴う低気圧の影響、毎年常温でくるのに今年は冷蔵絶対なんかあったはず・・・・残念な年でした。
来年に期待します。

しかも年をおう毎に値段がUPしていますがそれでも安いです。

7K5400円ふた房と粒がビニール袋合計10袋に入っているのですが、その袋で540円つまり一房270円
しかも送料は無料ですから更に安いです。


お店の情報は【こちら】
フリーエリア

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 京草子 雅な京都絵日記時々詣で All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。