2017-10-19

武蔵国「衣紋道への道 第四段」

8月は衣紋道の勉強会がとある事情でお休みの為に武蔵国詣では中止
なので久方ぶりの武蔵国!!!

今回は難波から夜行バスでバスタ新宿
IMG_0491.jpg
難波に着いてから友人へのおみやに高匠さんのパンを予約しているのでGET
その足で難波温泉へ。銭湯でひとっぷろ浴びます。
長旅の前に体をほぐさないとね・・・・・。バス停のすぐそばなので重宝します。

で無事に乗車!!!

17日

今日は一日武蔵国ですが・・・・・・・・。さてなにしようかな???
で下車して朝の支度を整えます。
IMG_0497_20171019204733636.jpg
IMG_0494.jpg
IMG_0495_20171019204740fad.jpg
IMG_0496.jpg
JR新宿駅南口へ出て、今日は「果実園新宿」へ。
モーニングフレンチトーストうぃいただきます。
いつもは東京駅店を利用しますが、今日はバスタからなのでこちらが近い!
超おいしい~~~中にアイスもフルーツも最高!!これでコーヒーOR紅茶セルフで1000円以下
次回はこちらで!!!

実は本日は武蔵国に住んでいる友人とトークタイム海老名駅でランチ

ららポート海老名で待ち合わせして、レストランでおしゃべりタイム!!!

IMG_0498_20171019204753787.jpg

お子さんの帰宅前に別れ、これまた予約済の成城学園前にあるラトリエドゥプレジールさんへ。
今回の訪問で沿線上に食べログ東京第一位のパン屋さんと知り予約しました。まずは試しに美味しいと評判のパンを少しGETします。

お店の情報は【こちら】


再び新宿経由で茗荷谷にある和菓子店「一幸庵」さんへ。
IMG_0499.jpg

東京でなかなか評判のお店和菓子はやはり京都にまさる物はないのですが、こちらの栗ずくしにすごくそそられて訪問しました。
勿論すでに予約済です。
お店の情報は【こちら】




宿泊は浅草の和草
カプセルホテル私の武蔵国での定宿です。お風呂がついているのが本当に最高です。
寝巻からタオルまでいたせりつくせりこれで1700円は安いです。
夕食タイム
IMG_0500_201710192048066e3.jpg
IMG_0501_20171019204811859.jpg
IMG_0501_20171019204811859.jpg
IMG_0502.jpg
IMG_0503_20171019204824b01.jpg
IMG_0504_20171019204830110.jpg
IMG_0505_20171019204836ccf.jpg
IMG_0506_20171019204842c47.jpg
栗羊羹と蕨餅は美味しかったです。


18日

本日は13時から早稲田の待賢殿で勉強会です。
ひさかたぶりなのでかなりまずい状態の予感~~~~~
IMG_0507_2017101920574945a.jpg
IMG_0508_20171019205756dc5.jpg

IMG_0514_20171019205834273.jpg

朝の散歩浅草寺でプラプラ
芙蓉の花
IMG_0509.jpg
IMG_0510_20171019205808a66.jpg
IMG_0511.jpg
IMG_0542_2017101921010381e.jpg
IMG_0541_201710192100560cf.jpg
IMG_0539_201710192100496c3.jpg
金木犀
IMG_0513_20171019205828a58.jpg
色ずく前の銀杏の木
IMG_0515.jpg
IMG_0516_20171019205848e76.jpg
IMG_0517.jpg
IMG_0518_20171019205900f19.jpg
IMG_0519_20171019205907cde.jpg
IMG_0520_201710192059135ac.jpg
IMG_0521.jpg
IMG_0522_20171019205926590.jpg
IMG_0523_20171019205933ea9.jpg
IMG_0524_201710192059397fb.jpg
IMG_0525_201710192059466f4.jpg
IMG_0525_201710192059466f4.jpg
IMG_0525_201710192059466f4.jpg
浅草寺で&浅草菊花展を開催中
10月になると菊と薔薇の花の季節です。
IMG_0526_201710192059524f7.jpg
IMG_0528_2017101920595855e.jpg
IMG_0529_20171019210004cfa.jpg
IMG_0531_20171019210010afd.jpg
IMG_0532_20171019210017285.jpg
IMG_0533_20171019210025f00.jpg
10月桜
まだ葉がある頃なんですね。初めて見ました。
秋の桜は派手さはないですが、風情が増しますね。
IMG_0534_2017101921003264c.jpg
IMG_0535_201710192100406d7.jpg
しめは山茶花の花
IMG_0536_20171019213408d6f.jpg
IMG_0537.jpg

前回は訪問しなかった清寿軒さんお店が移転していましたが、小判焼きと栗まんじゅうをGET!人気店なので開店前に並びます。
IMG_0537.jpg

この後木村屋総本家の人形焼きと千葉やdえきりいもGTEしてから
日本橋で下車
IMG_0543_201710192129599f0.jpg
日本橋三越本店へ。升本の弁当を予約しているのでGETして、今日はパティスリープレジールさんが催事で出ているので人気のモンブランと焼き菓子をいただきます。
週末しかあいていないお店一時閉店していたといいます。訪問出来て最高にラッキー~~~
屋上のガーデンスペースで早めのランチ
IMG_0544_201710192130062cc.jpg
IMG_0545_201710192130147b4.jpg
IMG_0546_201710192130203b3.jpg
IMG_0547.jpg
IMG_0548_20171019213035701.jpg
このモンブランが風味がいまいち浅くて残念な感じクリームは軽くておいしいのに出来立てを売りにしているのに・・・・・。
今度はパリセヴェイユにGO
升本のお弁当はいつもながら美味しいです。
屋上で秋の花
IMG_0549_20171019213042bab.jpg
IMG_0550_2017101921305003e.jpg
IMG_0558.jpg
IMG_0562_201710192131052b0.jpg
IMG_0552_20171019213115336.jpg
IMG_0553_20171019213124e1c.jpg
IMG_0555_201710192131321db.jpg
IMG_0556_20171019213140418.jpg
紫式部
IMG_0559_20171019213149a78.jpg
竜胆
IMG_0559_20171019213149a78.jpg
IMG_0561_20171019213204053.jpg
撫子
IMG_0563.jpg
IMG_0565.jpg
IMG_0567_201710192132371e5.jpg
IMG_0568_20171019213255bec.jpg
IMG_0566_20171019213246bb6.jpg
IMG_0569_20171019213302809.jpg
IMG_0571_201710192133160f3.jpg
秋桜

久方ぶりの待賢殿
やばい予感が~~~~先生お手柔らかにまだ撃沈~~~半年はかかるな!

ガチでお勉強の後は慰安会激辛中華で!!!

帰りは東京駅から出発
朝の到着は天王寺帰りはらくちんです!!!
でも実は本日より出勤~~~近くの銭湯でひとっぷろ浴びます。
IMG_0572.jpg

帰宅後のおみや
スポンサーサイト

theme : 東京
genre : 旅行

2017-10-07

虫は鈴虫、松虫

仲秋の名月翌日

翌日は散歩がてらに京都御苑で散歩
IMG_0356_2017100720201873b.jpg
IMG_0358_20171007202024ed3.jpg
IMG_0361_2017100720203003b.jpg
IMG_0363_20171007202036b7f.jpg
IMG_0366_20171007202042dfb.jpg
IMG_0367_20171007202049282.jpg


そのあと丸太町御池へ。
IMG_0368_2017100720205565f.jpg
IMG_0369_20171007202101e41.jpg

念願のファイブブランさんへ。外国人観光客のごびいきパン店で本場の方にも評判
以前から気にはなっていたのですが、なかなか訪問に恵まれずに・・・・・。開店同時に入るとパンは少なめです。まぁどこのパンやでもいえますが・・・・・・・。
ある程度時間を調整しながらいざ入店
ハード系のイチジクとマスカットのハードパン~~~美味しい
フレンチトーストとクリームパン、クランベリーとチーズのハードパンGET 

お店の情報は【こちら】



再び予約したのお菓子たちをお迎えにゆきます。
嘯月
事前予約のみ購入できる和菓子
今回は栗のきんとん、菊のきんとん、栗の羊羹です。

源水さんによってこちらで栗きんとんをいただきます。


さらに北にゆきこちらも事前予約要の「洛叉庵」さんで美味しい四季わらび餅GET

&出町柳の出町ふたばで予約の和菓子GETです。
こちらは朝早く開店されているので、GOODです。
「栗餅」「福豆餅」GETGETEGT

阪急電車とバスを乗り継ぎ「善峯寺」へ秋明菊をみにゆきます。
IMG_0371.jpg
IMG_0372.jpg
栗のほくほく感に中にはあっさりとしたこしあん~~

善峰寺行きのバスまでかなりの時間があり、バス停で一服源水さんの栗きんとん


平安中期の長元2年(1029)源算上人が開祖、後一条天皇頃から皇室の御崇敬を受け鎌倉時代まで最盛期を迎えますが応仁の乱で焼失し、一時衰退し江戸前期の徳川5代将軍綱吉公の生母である桂昌院が現在の伽藍の多くを再建します。
IMG_0374_20171007202426764.jpg
IMG_0376_201710072024339cd.jpg
坂道をひたすら歩いて
IMG_0378_20171007202439db4.jpg
IMG_0378_20171007202439db4.jpg
IMG_0379_20171007202445cd9.jpg

山門(楼門)
山門の善峰寺の字は後鳥羽天皇勅額宸筆
IMG_0381_20171007202451f69.jpg
IMG_0383_2017100720245780e.jpg
IMG_0388.jpg
IMG_0390_20171007202508f27.jpg
IMG_0391_20171007202515a4c.jpg
IMG_0392_20171007202520635.jpg
IMG_0393.jpg
IMG_0399_201710072025327aa.jpg
IMG_0400.jpg
IMG_0401_20171007202602047.jpg
IMG_0419_20171007202611a69.jpg

鐘楼堂(つりがね堂)
桂昌院寄進

遊龍の松
五葉松で樹齢600年以上、全長37m、国の天然記念物
IMG_0420.jpg
IMG_0421_201710072026264de.jpg
IMG_0429_201710072026332ba.jpg
IMG_0431_201710072026413d0.jpg
IMG_0431_201710072026491b8.jpg
IMG_0436.jpg
IMG_0441_20171007202719821.jpg
IMG_0445.jpg
IMG_0446_201710072027388d0.jpg
IMG_0447_20171007202745572.jpg
IMG_0448_20171007202758214.jpg
IMG_0450_201710072028100cd.jpg
IMG_0454_201710072028185a1.jpg
IMG_0457_201710072028258a5.jpg
IMG_0460_20171007202841235.jpg
IMG_0463.jpg
IMG_0464_201710072028546cf.jpg
IMG_0470.jpg
IMG_0472_20171007203054e80.jpg
IMG_0473.jpg
IMG_0475_201710072031143e1.jpg
IMG_0476_20171007203121135.jpg
IMG_0482_20171007203140a43.jpg
多宝塔
元和7年(1621)建立

薬師堂

そのた多くの建物があります。
急斜面に建立されているために歩くのも大変ですが、見晴らしは最高です。

季節季節で美しい花の名所
春の桜、新緑の紅葉、紫陽花、秋明菊、紅葉と・・・・・・・四季折々に楽しませてくれる寺院です。
現在は一重の秋明菊が満開で八重咲の秋明菊も咲いています。


色ずく紅葉ももう少し・・・・・・秋はあきぬと申します

IMG_0483_2017100720314738f.jpg
IMG_0484.jpg


帰宅後のおみや~~~~~

theme : 京都・奈良
genre : 旅行

2017-10-06

月は有明の東の山ぎはに、細くて出づるほど、いとあはれなり

訳:月はなにがいいかいうたら。残月の東の山際になあぁ~~細ーくて出てるんがしみじみして風情があんねん。

本年は旧暦では閏年にあたるので年中行事も毎年よりも遅めです。
2017年10月4日は「旧暦仲秋の名月
IMG_0308_20171006210758af5.jpg
仲秋の名月
旧暦8月15日の名月の日を指します。

由来については諸説あり
収穫に感謝する初穂祭とか
限定的に芋の収穫祭とか

奈良時代に遣唐使からもたらされた仲秋節を鑑賞して宴を催す宮中行事が行わました。


平安時代の貴族達はこの日満月を眺めながら菅弦や舞を舞う月の宴を開催していました。

なので平安気分にひたるために京都へ。
今回は夜間行事のために4日京都の清水寺近くのゲストハウスで宿泊です。

では!!京草子始まり始まり~~~~~



2週間前に伊勢丹京都店でお弁当を予約していました。
田ごとさんの梅
創業130年京都ならでわの老舗の料亭です。こちらは比較的リーズナブルで肩こらずにいただける所も魅力かな。
お弁当も手ごろな価格まずはお試しで梅にしました。梅だけど二段重ねです。

&お菓子「仙太郎」で栗栗を!
京都駅の連絡通路西口にあるスバコ伊勢丹の(BURDIGALA EXPRESS)でパン三昧~~季節限定のパンも気になる~~
明日の朝食です!!!
IMG_9981_20171006204752932.jpg

市バスで秋の七草の一つ藤袴鑑賞のイベントのために梅小路公園へ。

園内は季節の花が咲いています。
秋の七草 萩 女郎花 藤袴他
IMG_9984_2017100620481786a.jpg
IMG_9994_20171006204825b06.jpg
IMG_0002_20171006204832996.jpg
IMG_0003_20171006204839ec0.jpg
IMG_0004_20171006204845162.jpg
IMG_0005_20171006204851730.jpg
IMG_0009_20171006204858480.jpg
IMG_0010_2017100620490442f.jpg
藤袴は昔沢山咲いていましたが、開拓の為に減少し一時は京都の固有種は絶えたとまでいわれていました。
しかし1998年西京区大原野で株が発見され、この株を大原野在住の藤井肇氏(乙訓の自然を守る会)が大切に保全・繁殖されています。
現在苗の通販サイトで購入できる多くの藤袴は海外の物で日本固有種の藤袴ではありません。

日本固有種の袴は現在愛好家の方々によって守られています。

情報の提供は【こちら】


IMG_0019_201710062049102e4.jpg
IMG_0015_20171006205126ff8.jpg
朱雀の庭とやすらぎの森
「藤袴と和の花展」
IMG_0022_201710062051485f2.jpg
IMG_0038_20171006205156097.jpg
IMG_0039_20171006205210cce.jpg
IMG_0048_20171006205223f18.jpg
IMG_0049.jpg
IMG_0057_2017100620523713b.jpg
IMG_0113_201710062052514e3.jpg
IMG_0115.jpg
IMG_0116.jpg
IMG_0148_20171006205318e50.jpg
IMG_0121_2017100620532709b.jpg
IMG_0129_20171006205341c46.jpg
IMG_0134.jpg
IMG_0138.jpg
IMG_0141_20171006205416dad.jpg
IMG_0144_20171006205424f45.jpg
IMG_0148_20171006205433cb5.jpg
IMG_0150_20171006205456d56.jpg
IMG_0153_201710062055103fb.jpg
IMG_0158_20171006205520420.jpg
IMG_0159_20171006205527fd3.jpg
IMG_0169_201710062055457c2.jpg
IMG_0170_20171006205603338.jpg
IMG_0179_20171006205623af7.jpg
IMG_0195_2017100620563174d.jpg
IMG_0196.jpg
IMG_0224_201710062056583f1.jpg
IMG_0226_201710062057065c5.jpg
IMG_0227_201710062057141bd.jpg
IMG_0229_20171006205723ed1.jpg
IMG_0230.jpg

秋の七草の一つ、キク科のフジバカマが約300鉢

アサギ色のまだら模様が美しい「渡りの蝶」アサギマダラは、フジバカマの香りにひきよせられて飛んでいます。

藤袴だけでなく、秋の和の花々も咲いています。

秋の花々は平安時代に貴族たちに愛された花。
桔梗、女郎花、藤袴、竜胆、壺菫、萩などなど
IMG_9982_201710062048009aa.jpg
IMG_9983_20171006204809e8d.jpg
まったり京都気分大~~~~にお弁当~~~~&スイート~~~

IMG_0234_20171006210842a56.jpg
IMG_0235.jpg

京都駅から本日のお宿に荷物を置いて下鴨神社へ向かいます。
IMG_0236_20171006211031ced.jpg
IMG_0237_201710062109019a2.jpg
IMG_0238_20171006210909f03.jpg

本年下鴨神社で
名月管弦祭が開催されます。

二度目の訪問前回はブログの写真アップがおもうように出来ずに削除今回はリベンジです。
IMG_0240_2017100621091774c.jpg
IMG_0242_20171006210925ddf.jpg
IMG_0243_20171006210933f2d.jpg
IMG_0244_20171006210943d92.jpg
IMG_0245_201710062109537b9.jpg
IMG_0248_20171006211003c7d.jpg

舞殿前ではすでに見学客がわんさか~~~

神事は暗がりの中神官達が明かりを灯してから始まります。
IMG_0252_2017100621114594e.jpg
IMG_0254.jpg
IMG_0255_2017100621120303f.jpg
IMG_0270_2017100621121161a.jpg
IMG_0265_20171006211223fdc.jpg
IMG_0274_20171006211231d12.jpg
IMG_0276_20171006211240837.jpg
月と仙太郎の栗ぼたと
IMG_0278_20171006211249804.jpg
IMG_0279_20171006211259969.jpg
IMG_0281_20171006211308cf8.jpgIMG_0005_20171006213312f21.jpg
IMG_0052_20171006213322a7b.jpg
IMG_0061_201710062133310a4.jpg
IMG_0062_20171006213343034.jpg
IMG_0067_201710062133490a1.jpg
IMG_0070_2017100621335496f.jpg
IMG_0074_20171006213401cac.jpg
IMG_0077_201710062134237f7.jpg
IMG_0082_20171006213430873.jpg
IMG_0084_20171006213436148.jpg
IMG_0088_20171006213444a16.jpg
IMG_0090.jpg
IMG_0092.jpg
IMG_0092.jpg
IMG_0103.jpg
IMG_0112_20171006213525f7e.jpg
IMG_0024_20171006213632fec.jpg
IMG_0025_201710062136390f0.jpg
IMG_0026_20171006213648676.jpg
="0" width="360" height="480" />
IMG_0282_20171006211315f43.jpg
IMG_0289_20171006211324cbb.jpg
月と仙太郎の月見だんご
IMG_0285_2017100621133372a.jpg
IMG_0286_20171006211342bde.jpg
IMG_0287_20171006211350187.jpg
IMG_0291_20171006211402b27.jpg
IMG_0294.jpg
IMG_0298_2017100621141888d.jpg
IMG_0300_2017100621142751d.jpg
IMG_0301.jpg
IMG_0310_2017100621145271e.jpg
IMG_0312_20171006211501c73.jpg
IMG_0314_2017100621150886c.jpg
IMG_0314_20171006211519b59.jpg
IMG_0315_20171006211527cb8.jpg
IMG_0320_20171006211536a8d.jpg
IMG_0328_20171006211545ff2.jpg
IMG_0330_20171006211553369.jpg
IMG_0347_20171006211601660.jpg
IMG_0351_20171006211611c31.jpg
IMG_0350_20171006211622bc6.jpg
この後胡蝶と羅陵王が続きますがどちらの演目も鑑賞経験ありなので今回はこれで席をたちました。
音楽の奉納
舞の奉納
すっかりあたりは闇夜に月
名月や~~~~

バスに乗り込み東山大谷廟のすぐそばにあるゲストハウス「サンチャゴゲストハウス」へチェックイン~~~
そこそこ市内で綺麗で格安で1700円決めました。

就寝


追記:平安装束卒業と銘打って始めた装束体験
でも結局セミ卒業になりそうです。



黒田装束店さまと東京成徳大学装束班さまの体験会には男性装束を主に引き続き通う事になりそう。
いや間違いなく絶対なる。

theme : 京都・奈良
genre : 旅行

2017-10-05

裙帯(くたい)、領巾(ひれ)などの風に吹きやられたる、いとをかし

訳:裙帯(くたい・平安時代物具装束に着付けた絹帯)、領巾(ひれ・平安時代物具装束の際に着装したストール)してたら風に吹きかれてなア~~~~めっちゃ素敵やねん。

今日のテーマ「ザ!天平&平安時代
IMG_9874_201710052059357ab.jpg
IMG_9875_20171005205947273.jpg

時代やさんへ行前に嵐山公園の花
嵐山の時代や京都さんで天平美人キャンペーン&セミオーダー開催予約して訪問です。


IMG_9877_20171005205958020.jpg
IMG_9878_201710052100095db.jpg
IMG_9880.jpg

「天平衣装」用小物

代用宝珠2個
白玉粉と青汁の粉で代用
まきまぜてコネコネ&沸騰で制作しました。使用後は土に返して微生物の餌になります。

IMG_9733_20170928231914b3f.jpg
木簡も書道サイトで購入
さっそく製作して万葉集でお気に入りの和歌を万葉文字で書いてみた。
持統天皇と額田王と坂上郎女、読人知らず

「平安時代物具装束風」用小物
IMG_9862.jpg
IMG_9861_20170921162500153.jpg

裙帯(くたい)、領巾(ひれ)
段々染めの櫨糸炎/目染め (はぜだん)にしたかったけど時間がなかったので、村濃になりました。
領巾はギリギリセーフの櫨糸炎です。


待賢殿の八條先生からいただいた着綿を置いた菊三本を購入して製作した着せ綿を置いた菊3本と秋の花
IMG_9860_20170921162455c56.jpg

蝙蝠「国宝扇面法華経上繪」
IMG_9863_201709280651180c3.jpg

高杯と小皿

干物をまねたイカの燻製

そをまねた燻製チーズ



籠に秋の花と着せ綿にした菊 


秋の収穫
栗・さといも・柿

さて話戻して
髪型は正倉院にある鳥毛立女屏風をイメージしたとブログに合った通り。
この屏風は宮中で使用され聖武天皇ご愛用とも外国使節を接待する調度品ともいわれ、唐の女性が描かれた当時衣装にキジバトの羽を付けた屏風でした。

その女性の髪形をモチーフにした新作の衣装のキャンペーン

髪は肩までたらして頭の上で一髷で結い、宝髻と釵子風の髪飾りを刺しています。
当時としては最先端のおしろいに花鈿(かでん)眉間および唇の両側に描いてもらいます。
髪型も素敵~~~~髪飾りは当時の物の通りではないけれど、これはこれで素敵です。

五位命婦

内衣(うちい)
紅の衣(い)[大袖]
背子(せこ)(ベスト)
裙(も)[うわも] スカート

錦の襪(持参・しとうず前が2つにわかれていない足袋)
(せきのぐつ)[鼻高沓]時代やさんが常連さんからお借りしているお手製の靴だそうです。
すごい力作~~~

装身具は

紕帯(そえひも)
上着と内衣を結ぶ帯

領巾(ひれ)[比礼]
いわゆるストール

翳(さしば)
鳥の羽などで扇形の長い柄をつけたもの。顔を隠して威儀を正した装身具です。
やはり唐の影響を受けた衣装です。
たびたび時代やさんでは奈良時代の衣装を体験できるキャンペーンをされています。
今回はこの髪型が気に入り奈良時代の衣装体験を予約しました。


「奈良時代初期設定 五位命婦衣装 」
IMG_9930_20171005210337fa3.jpg

「鳥毛立ち女屏風第一扇」宝珠を両手に持つ貴婦人風
宝珠は購入すると使いまわしもできないし、意外に高いので撮影用に小麦粉と青汁の元で作ってみた。
最後は土にかえせばいいし、食べ物を粗末にするのは気がひけるけど不燃ごみとして出すよりはいいかな・・・・・。

IMG_9940_20171005210347e94.jpg
IMG_9943_20171005210356147.jpg

造花梅の花
奈良時代は花といえば到来してきたばかりの梅の花のことを挿します。
IMG_9949_20171005210417cd2.jpg

木簡を手にして「万葉集」の一句を万葉仮名で書いてみました。
IMG_9955.jpg
IMG_9955.jpg
更衣を改める女官
IMG_9975_20171005210445db1.jpg
IMG_9979_20171005210453c3e.jpg

舞を踊る
天平美人キャンペーンが終わり、この企画をHPから見ていたらあれ!!!
この髪型「物具装束」の髪あげやん~~~~と思いつき

そうだ「左衛門佐の内侍、御佩刀とる」を再現!!!再現したい!!!

と思いたち。
さっそく時代やさんに相談~~~と交渉実現の運びとなりました。
IMG_9881_201710052100295e7.jpg

その日の髪あげうるはしきすがた、唐絵ををかしげにかきたるやうなり
左衛門佐の内侍、御佩刀とる。
紫式部絵日記より


藤原彰子(道長の長女・一条天皇の中宮)の第一子敦成親王(後一条天皇・一条天皇からは第2親王)誕生後、初めての行幸時に後宮の最高女官「内侍」左衛門佐が一条天皇の刀を持った姿を紫式部が書いた日記の一文です。

臣下で帯刀を許されている者は腰に帯刀するのですが、天皇となると女官に持たせていました。
現在も天皇さんが移動の際には草薙の剣(本物は熱田神宮でレプリカです)は侍従が手に持ちます。

内侍とは:内裏の女官の中で高級最高位
平安時代中期には女御として入内する前に、この職で上がることもあり、奈良時代から平安時代初期の頃は天皇のお言葉を伝える役目で、奈良時代称徳天皇に使え、重体に陥った際に唯一面会出来たのは吉備由利(吉備真人の妹とも娘いわれている)もこの内侍でした。
平城上皇の乱(藤原薬子がこの内侍として出仕し上皇への影響力を懸念)平定後、嵯峨天皇の意向で蔵人頭がそれに替わり、その後内侍は天皇の内妻的な名目上の役職になってゆきます。

セミオーダー

「平安時代 中期 物具装束風女房装束」

十二単・奈良時代の女官の鬘を指定してお願いしました。
でもこの髪型正式な髪あげではありません。
本来の髪あげは後ろ髪の中央部分をお団子にして頭の頂点で束ねて、左右の髪も同じように上げ、中央の左右に乗せるのが正式です。
でも鬘を改めて結ってもらうと高額なので〇〇風にしました。
臨機応変です。

時代やさんでは裙帯(くたい)、領巾(ひれ)は用意できないので自前を急遽製作しました。

オリジナルの裙帯(くたい)、領巾(ひれ)を裾村濃に染めたように製作
領巾はまだらの櫨 薄・目染めが正式ですが、製作時間がなかったために村濃にしました。
薄藤色に染めたように見せているために二つとも素人製作なのでまじかで見るとかなりやばい~~~

持ち込みの裙帯と領巾をして
IMG_9845.jpg
IMG_9846_20170916224638fa3.jpg

IMG_9856_20170921162441db5.jpg
IMG_9857_20170921162449b10.jpg
この姿は平安時代末期宮中年中行事絵巻の内宴妓女の物具装束姿
後白河天皇が書かせた絵巻の写本が今に伝わっています。

IMG_9854_20170917232407f91.jpg
IMG_9855_201709172324133ce.jpg
上の2枚は平安時代中期の物具装束姿

内宴の妓女は女房装束に裙帯は裳の付属品となり、比礼をかけて袴は切袴で奈良時代のせきのくつをはいてさらに古式にのっとった衣装を着ています。
平安時代の物具装束は胸下に裙帯を巻いていて、袴は若きは濃き・成人後は紅の長袴を装着していました。

妓女たちは平安時代前期まで内教坊という舞や音楽を女性に教える官庁に在籍していました。
この宮中年中行事絵巻の内宴の舞は柳花苑という演目で妓女の舞う舞台の四方には柳の枝が飾られています。
柳花苑は現在曲だけが伝承し、源氏物語の中で頭の中将が舞ったという記述以外には伝承しませんでした。
女性が舞うなまめかしい舞だったのでしょうか?


当時は女性舞は珍しくなく神社の巫女、五節の舞といった女性による神舞の他に宴会の席で妓女が舞っていたそうです。
五常楽、桃花苑などの現在男子舞は元元女性舞だったそうです。
平安時代中期儒教の影響を受けて女性が舞を踊る事はみだらなことという風潮が出て廃止になり、平安時代でも五節舞、女踏歌内宴の妓女のみで踊られなくなりました。


今回は通常とは違う着付けだったのでオーナーさんに着付けていただけました。東映太秦で時代劇スターの着付け、時代考証等ステージ衣装や小物を担当されていた方、4度目にして初体験!!!
さすがに着付けがお上手~~~絞めるところは絞めてぬくとこは抜くさすが~~~~

IMG_9884_201710052100392b2.jpg

「内宴の妓女物具装束」を再現
出来るだけ同じような着付けでお願いしました。
裳をつけてから唐衣をつけ、唐衣もかたはずしぎみで表着をはっきりと見せます。

「ゆるし色ずくし」

単 蘇芳色(もしくは)えび茶色

唐衣 「紅躑躅」 二倍織物 地三重襷紋・白撫子文様

 表蘇芳(やや葡萄茶よりか?) 裏淡紅


五衣 「紅梅」

表着 朱殷?(まったく同じ色目なし・現在の染色技術か?) 銀 鳳凰文様  


内宴妓女 晴れの物具装束姿

撮影用の写真
IMG_9881_201710052100295e7.jpg

1)左衛門佐の内侍、御佩刀とる。
本当の飾り刀はもっと豪華ですが、何せ・・・・・・刀は高額なので時代やさんの束帯用の刀をお借りしました。
IMG_9884_201710052100392b2.jpg

2)内宴の妓女舞う
IMG_9885_20171005210048068.jpg
IMG_9888_2017100521010898a.jpg
IMG_9889_201710052101164a9.jpg
3)舞終わり疲れはてて一休みする妓女
IMG_9903_20171005210214923.jpg
4)籠に秋の花と重陽の節句の着綿をした菊の花を手に
胸にポンポンして長寿を願ってみる。
IMG_9892.jpg
IMG_9896.jpg

秋の収穫物の献上品を手に持つ
IMG_9898_20171005210154729.jpg
IMG_9901_20171005210203207.jpg
IMG_9915.jpg
IMG_9909_20171005210238609.jpg
秋の花を手に
IMG_9919_201710052102482dd.jpg
IMG_9921.jpg
IMG_9922_201710052103080f1.jpg
衣を改める

IMG_9926_201710052103182f6.jpg
IMG_9928_20171005210327bbb.jpg

theme : *コスプレ*
genre : サブカル

2017-09-10

舞少納言の「いとお菓子物一心堂第四段」

久々のお菓子草子は一心堂のフルーツ大福

「焼き芋大福」

冬限定の焼き芋を使った大福です。
IMG_7010_20170303213731ebe.jpg

IMG_7011.jpg
焼き芋
芋は女子には鉄板の好きな物

IMG_7012_2017030321384478e.jpg
割ってみた。
あれ?焼いていない???
茹でたか蒸した感じ~~~出来れば焼いてほしかった甘さがぐっと増すし。
胡麻はよくきいています。
あと一仕事の出来

3月3日にちなんだ
お雛様大福
IMG_8200_20170228215742a92.jpg
女雛と男雛
超かわいらしい~~~のだ
IMG_8201_20170228215824e1d.jpg
求肥を白餡で包んで上に苺が乗ってます。
着物は羊羹生地でくるんでいます。
IMG_8202_201702282158294bd.jpg
男雛
あなぁおぼこい「まあぁかわいい~~~」
苺ジューシー&甘い
IMG_8203_20170228220152bae.jpg
女雛
IMG_8204_20170228220051714.jpg


ホワイトディー限定「ホワイトチョコいちご大福」
この季節しかない珍しいレア苺大福~~~~レア感がたまんない!!!
IMG_8239_201703172336528a3.jpg


ホワイトディーの期間だけの限定いちご大福なので高額でしたが買っちゃいました。
IMG_8240_20170317233657ea3.jpg
ホワイトチョコは甘いので、甘いイチゴとどう合わせるのか?も気になるところです。
ブラックならばダークチョコでイチゴも甘めでもOKだけど
ホワイトは単体でも甘いので酸味の強いイチゴを持ってくるのか?気になるところです。
IMG_8241_20170317233701b2d.jpg
まずはぱりっとしたホワイチョコにドライストロベリーを合わせて酸味を+
中からやわらかなお餅がよいアクセント~~~むち~~~としています。
そしてジューシーな酸味と甘さのバランスが良い苺
IMG_8242_201703172337055d1.jpg
最高~~~チョコ苺よりも好き~~~来年もまってま~~~~す。

「マスカット大福」
IMG_9734_2017091021174142d.jpg
昨年食べ損ねたマスカット大福今年は無事にGET
IMG_9735_2017091021174777f.jpg
IMG_9737_2017091021175312d.jpg
中は白あんではなくてクリームチーズやや少なめ。
さわやかなマスカットの酸味と少なめのクリームチーズ~~~~まあぁありかな~~~。

theme : お菓子
genre : グルメ

フリーエリア

プロフィール

mai syonagon

Author:mai syonagon
京都好き、歴史好き、ショッピング好き、温泉好き、グルメ好き。
凝り性な乙女座、A型、金星人、六白金星なわたしです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
宮仕え中につきお願い
宮中出仕中につき、更新は不定期となります。ご理解ください。 又、過去の記事を記載している為に掲載している季節と月日が合っていません。 季節は題名、カテゴリー別の方を優先し、過去分の月日は無視してください。
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ