無料レンタル
京草子 雅な京都絵日記時々詣で
FC2ブログ

とくゆかしきもの 巻染、むら濃、くくり物など染めたる第三弾その弐紅餅を作るそして

紅餅作りその二

紅花を寝かせ2日目
水分を絞り、発酵した紅花を少しずつすり鉢で擦り、洗濯用ネットに入れていく。
だいぶ赤みが増したようで、この花寝かせをしすぎると黒くなり使いものにならなくなります。

更にネットの中の紅花を丸めて3CM弱になるように押しつぶし、薄い円形状の形に整えます。
これを網目状のネットのような物に置いて、屋上の洗濯置き場に置きます。

これを天気のよい日に直射日光の下で乾燥させます。
本来は夏作業、初冬の今どんくらい乾燥するかは未知数ですが。
今年のうちに染めつけに入りたいので、むりくりですが・・・・・・・・・・・・乾燥させます。


保存は紙袋で風通しのいい日陰!!どこやねんそこは??


最終出来上がった紅餅はどうもパリパリ感と粘着度が低そうで・・・・・・・・・・・
ネットで調べるとどうやら冷凍もあり、しかも常温解凍で3時間の放置で発酵出来るそうです。
とりあえず、紅餅を冷凍にして寒い冬まで寝かせることにしました。

更に寒くなったら染料にして染付します。


完成して乾燥した紅餅の色が気に入らず、その後冷凍後解凍でこの作業が3時間で済む事が!!!

やってみました冷凍
IMG_7312_202003310853494f4.jpg

IMG_7315_202003310854059bf.jpg
IMG_7316.jpg

からのすり鉢でする
&こたつで解凍からの洗濯ネットにIN1Lの水に10CCの酢を加えたものにに入れて時々もむ一昼夜放置
IMG_7317_20200331085435b2c.jpg

この液が染液となるのでキープ
IMG_7318_20200331085451f21.jpg
無紋羅と米紗
IMG_7323_20200331085506194.jpg
米紗を藍に染めました。
中倍に使用する絹以外に染めるもの
IMG_7324_20200331085519d28.jpg


さらに水で黄色の色素をさらに揉んでだし洗濯機で洗い脱水。これである程度黄色色素が出て赤色と少しの黄色が残ります。

これに10%に炭酸カリウムを500MLの水にいれて揉む揉む揉むを繰り返し紅色をはがしていきます。

先の染料に混ぜる。さらにこの工程を繰り返し紅花の色素がなくなるまでその後クエン酸10%をいれてかき回す。

泡がたつ!!!発酵OK
IMG_7325_20200331085533760.jpg
ここであまり発色せず、理由判明クエン酸の量がたらない。ここでドラッグストアへ

からのここで脱脂綿と移入からの火にかける。からの手が熱くならないくらい40℃にしてかき回す。
IMG_7326.jpg

綿に色がつく。からの温度を調整。
IMG_7327_20200331085612f95.jpg

ここに500MLの水、炭酸カリウム10%をかきまぜて、綿を揉む。
色が移っていきます。
これは綿が黄色の染料をすわないという特性をいかした作業です。

しばらくかき回して時々火をかけて止めるを繰り返す。
IMG_7328_20200331085624c4f.jpg

放置

からのクエン酸注入で中和からの染料完成

取り出した綿を洗い、さらに炭酸カリウム水を綿につけてもみだして紅色を取り出します。

からの染料完成
IMG_7334.jpg

かなり濃いめになったでしょうか?
IMG_7340_202003311554032f5.jpg
IMG_7341.jpg

ベニバナ染は草木染の中でもかなり多くの工程が必要です。
前回よりも紅はやや濃いめにでも真っ赤なとまでは全然いきませぬ
もんでもんでもみ昔から高価な染料というのもわかりますね。
IMG_7329.jpg

IMG_7335_2020033115535236a.jpg
IMG_7339_20200331155328e01.jpg

今日は羅染めと二藍染も一緒にしてみました。


テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

殿などのおはしまさで後、・・・・・御前の草のいと繁きを

殿などのおはしませで後、世の中に事出て来騒がしうなりて、宮もまゐらせまはず、小二条殿といふところにおはしますに、何ともなく、うたてありしかば、久しう里にゐたり。
・・・・・・・・・・・右中将おはして、物語りしたまふ。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
御前の草の、いと繁きを、「などか。はき払はせてこそ」といひすれば、「ことさら露置かせて御覧ずとて」
と、宰相の君の声にて依頼へつるが、をかしうもおぼえつるかな。

訳:関白道隆さんが亡くならはった後、(中宮さんのお兄さんと叔父さんが争って)貴族の世の中がなぁぁ。騒がしいしなぁ。
中宮さんも実家の小二条宮に籠っておら貼って。
あたしもなんと中宮さんの傍にいずらくなってなぁ~~実家にいてんねん。そんなとき・・・・・・・・・・・・
右中将の源経房(道長さんの養子・)が遊びにきはって・・・・・・・・いろいろ話をしてんねん。
中宮さんのとこにいってはったんやけど、前の庭を剪定もせんと生い茂しげるまんなまにしているのを「なんで綺麗に庭を刈られへんのんですか」
と聞いたらな。宰相の君さん(父親が公卿の娘・中宮の上臈女房)が「宮さんがそのままにして入り乱れ、草に露がかかっている様子が見たいっていいはるねん。」めちゃ素敵な考えがおありになんねんなぁ~~

前庭が平安時代どういう物か???
という興味と丁度家に庭の整備をするので秋の前庭をイメージし庭園を造園することにしました。
但しあくまで参考なのでいわゆる平安風庭園でございます。

IMG_6217_20191209160606580.jpg
IMG_6218_20191209160617be5.jpg
図書館で借りた書籍
結局下の三冊を参考にしました。

イメージはこれ
IMG_6209_20191209160737fb2.jpg
IMG_6210_20191209160748ca4.jpg
IMG_6212 (1)


テーマ
「作庭記」
平安時代に書かれた日本最古の庭園書

作者は不明ですが、研究者からは橘 俊綱(実父藤原頼通・母藤原祇子/讃岐守・橘俊遠の養子)というのが定説です。



「石を立てん事、まづ大旨をこころうべき也」

石を立てるについてはまず大体の趣旨を心得る必要がある

一、むかしの上手のたてをきたるありさまをあととして、家主の意趣を心にかけて、我風情をめぐらして、してたつべき也。
昔の名人が立て残したのを手本にして家主の意向をも汲んでそれを自分の趣向を凝らして立てるべきである

一、国々の名所をおもひめぐらして、おもしろき所々を、わがものになして、おほすがた、そのところになずらへて、やハらげたつべき也。
国々の名所を思い巡らせて面白い所所を自分のものにして大体の模様をその所所に象どりやわらげて立てるのである

訳:
いわば造園をする前の心得

自然の風景を参考にして造形にする
昔の名人の庭を手本にしながら自分の嗜好をいかす
名所を思い浮かべて庭園の風景にいかす



16,遣水事
一、先水のみなかみの方角をさだむべし。経云、東より南へむかへて西へながすを順流とす。西より東へながすを逆流とす。しかれバ東より西へながす、常事化中略
青竜の水をもちて、もろもろの悪気を白虎のみちへあらひいだすゆへなり

訳:水流の流れる方向を見定め東から南へさらに西へ流すのがセオリー
西から東に流すのを逆流なので東から流すのが定説青龍の水をいろんな悪い気を白虎の方角の道に流す
中略
北より出ても、東へまわして南西へながすべき也。経云、遣水のたわめる内ヲ竜の腹とす、居住をそのハらにあつる、吉也。背にあつる、凶也。又北よりいだして南へむかふる説あり。北方ハ水也。南方ハ火也。これ陰をもちて、陽にむかふる和合の儀歟。かるがゆへに北より南へむかへてながす説、そのりなかるべきにあらず。

参考にした所のみの訳
訳:北から出ても東に廻して南西へ流す。遣水のたわめた内側を竜の腹側の方に家があるのが吉で背にあるのは凶
北から南に流す説もある北は水・南は火 陰から陽に向うにがこれも正論北から南へ流すのもよい。

遣水のほとりの野筋にハ、おほきにはびこる前栽をうふべからず。
桔梗、女郎、われもかう、ぎぼうし様のものをうふべし。
又遣水の瀬々にハ、横石の歯ありて、したいやなるををきて、その前にむかへ石ををけバ、そのかうべにかゝる水白みあかりて見べし。
訳:遣水のほとりに植える花には生い茂る草花(繁殖力の強い草花)は植えない。桔梗や女郎花、われもっこう、ぎぼうしを植える。

へりたわみゆく所也本よりこの所に石のありけるによりて水のえくつさすしてたわみゆけは
そのすちかえへゆくさきは水のつよくあたることなれは其水のつよくあたりなむとおほゆる所に廻石をたつる也すゑさまむなこれなすらふ

訳:川の曲がる箇所に石を置いて、川の流れの強い場所にそれぞれ互い違いに石を置く。

川に見立てた砂利の筋に阿波の青石を置きます。

訳:沼様は、石をたつることはまれにして、ここかしこのいり江に、あしかつみ、あやめ、かきつばたやうの水草をあらしめて、とりたてたる島などはなくて、水のおもてを目少々とみすべきなり。といふは、溝の水の入集れたるたまり水也。
しかれば、水の出入りの所あるべからず。
水をばおもひがけねことろより、かくしいるべきなり。また水のおもてをたかくみすべし。

訳:沼地は石をたてることはあまりなく、そこかしこの入り江にカツミ、あやめ、かきつばたなんかの水草を植えて島なんかも作らず水面を見せて。溝なんかの水の道は見せない。水は思いもしない所からあるものだから

水はけの悪い場所にわかるように竹垣を手作りして差し込みます。

植えるのは夏から秋の花の時々春

泉と遣水・池を石で表現して花の配置は育ちやすい環境を合わせて全体図を考えました。
IMG_6231_201912091610102f6.jpg
改善前
IMG_7291_20200326135138a80.jpg

改善後
一気にするのはむずかしいので、まずは泉と遣水をコーナン/ムサシの安い砂利石で流水を表現し、道端の石を所どころ配置。
まずは安めの土を買って右隅から土を盛り撫子を3個、秋明菊3個、女郎花2個、南天、紫苑、竜胆、いろは紅葉、緑のふさふさの下には日蔭蔓深山酢漿草を植え直ししました。
まだまだです。

川は砂利を見立てて水際に桔梗や女郎花、紫苑、撫子増やし。
水はけの悪い場所には藤袴や水が好きな山藍を植えます。

ピンコロ石を購入して南天と女郎花の土留にしました。
崖に花が咲いて川のしぶきが立っているというイメージです。

鬼門の北東に柊を植え、裏鬼門の南西に南天を植えると運気がいいと伝わりますのでここは実践
ちゃんとコンパスで測って土を確保しました。
柊は家の中心から見てこの庭の方位には適さないので鉢にして北東面の庭に置きます。

全体的に西側は水はけがよく、東は悪いようなので東に水を好む植物を植えないと思案中
IMG_6232_201912091611156f7.jpg
南天は西南に

その左に黒石を立てて萩を植え直します。


IMG_6233_2019120916115872e.jpg
我が家の宗派である高野山真言宗に所縁の高野槇を阿波の国の名産青石を敷きました。
周りにはミヤマ酢漿草を植えます。

IMG_6234_2019120916122361a.jpg
IMG_6239_2019120916142655d.jpg

西から始めていますが、装束の収集もあるのでゆっくり造りたいと思います。

中の島は
IMG_6235_201912091612455a1.jpg
社島もどき改善前
IMG_7292.jpg

改善後

社島は只平地に樹を疎らに植え満てて、木繁くは下を透かして、樹の根に取り付き取り付き目に立たぬ程の石を少々立てて、芝をも伏せ砂子をも散らす可き也。

ここにはいろは紅葉を植えて荒磯風に灯台に見立てた灯篭をあと違うちいさめの常緑樹を、根元を保護するために深山酢漿草を植えました。
これに直射日光が当たらないように遮光屋根を作り、夏の日よけにします。

南池に汀に作る
土面に岩を、良際に竜胆を植えその先に石を置く。

南に湧き出る泉を想像して造形しました。

大海様は先あらいそのありさまを、たつべきなり。

そのあわいそは、きしのほとりにははしたなくさきいでたる石どもをたて、みぎはをとこねになして、たちいでたる石、あまたおきざまへたてわたしてはなれいでたる石もせうせうあるべし。
これはみな浪のきびしくかかるところにて、あらひだせるすがたなるべし。

荒磯の風景
訳:岸のほとりに先の鋭い立石を右は臥せ石をその周りに寝かす石、立てる石、離れている石を置く。
波の激しい所で荒々しい姿を現す。

池河のみぎはの様々をいふ事
すきさき、くわがた。池ならびに河のみぎはの白浜は、すきさきのごとくとがり、くわがたのごとくゑりいるべきなり。
このすがたをなるときは、石をば」うちあがりてたつべし。
IMG_6236_20191209161334efc.jpg
IMG_6237_20191209161354d28.jpg
やや左に肥後紫苑を植えます。
改善前

改善後
IMG_6237_20191209161354d28.jpg
改善前
右側は水はけが悪いので、水を好む植物を植えます。
IMG_7298_20200326135321a05.jpg

改善後

匂い菖蒲
奥は藤袴です。
IMG_6238_20191209161411dad.jpg
東から出る水路
改善前
IMG_7297.jpg
改善後
さてやはり背景は気になります。
このままではブロック丸見えで、やはりここは竹垣が必須アイテム
110CMの竹垣足つき買いました。まず向かって左側に置きます。
まだ2M近くブロック塀があります。
これで一万以上の出費を許すより、もっとCPの良い方法はないかと思案
で!!!
IMG_7294_20200326135222d91.jpg
竹箒数本、麻紐、杭、杭を支える石、簾、鋏、鋸

箒を切断して上の部分を紐に括り付け竹垣が完成

竹のえの部分で柵を作って菖蒲と藤袴・肥後紫苑の間に立てる。

簾を立てて庭の遮りにしてみます。
残りの簾の材料は日差し除けの屋根部分に使用します。

平安風というので風情を楽しむという趣向なので竹を購入して切断、ボンドと紐で固定、その後竹用の保護塗料を塗ります。
この方が手作り感が出ていい感じ!!
IMG_7293_2020032613520785d.jpg
IMG_7295.jpg
IMG_7296_20200326135251234.jpg
IMG_7299_20200326135341054.jpg
IMG_7300_2020032613535788c.jpg
IMG_7301_2020032613541224c.jpg
IMG_7303_2020032613543657e.jpg
IMG_7304.jpg
IMG_7305_202003261355016db.jpg
IMG_7306_20200326135513b81.jpg
IMG_7307_20200326135525c04.jpg
IMG_7308_20200326135536f0e.jpg

まだまだ植えないといけない植物やさしめや株わけもしないといけないのである程度したらご案内します。
あえて素人感満載で作りました。

テーマ : 季節の花が好き バラも大好き
ジャンル : 趣味・実用

舞少納言の大和詣で/河内国第十段

今日は家の近くのイタリアンクッチーナシラカワでがっつりランチしていざ天理へ。

スープ

前菜のサラダ
たこいか季節のサラダ

ピッツァ
チーズ

リゾット
ほたるいかとえび

パスタ
ローマ風カルボナーラ

デザート&カフェ
チョコホワイト&ブラックアイス・イチゴ添え
最高に美味しい

天理ICで降りて南下して中西ピーナッツへ
IMG_7218_202003061752391c4.jpg
IMG_7219.jpg

天理の豆専門店
工場に隣接した販売所で試食用の豆菓子とアイスを頂きます。
IMG_7220_20200306175306b4b.jpg

噂のプロペラかりんと
IMG_7221_20200306175322dd5.jpg
IMG_7222.jpg

IMG_7223_202003061753498c1.jpg

ペーストナッツ
ピーナッツバターとアーモンドとカシューナッツの三種があります。
IMG_7224.jpg
IMG_7225.jpg
IMG_7226_20200306175432b3f.jpg
IMG_7227_202003061754468e2.jpg
IMG_7228.jpg
IMG_7229_20200306175517eb2.jpg
IMG_7230_202003061755337be.jpg
IMG_7235_20200306175550786.jpg
IMG_7237_20200306175611c61.jpg

IMG_7234.jpg
IMG_7238_20200306175705a82.jpg
IMG_7239.jpg
IMG_7239_20200306175720633.jpg
IMG_7240.jpg

気になる物をいろいろGTE

IMG_7233_20200306175625143.jpg
IMG_7242.jpg
IMG_7241_20200306175749761.jpg
IMG_7243_20200306175814ec6.jpg
IMG_7244.jpg
IMG_7245_202003061758417b6.jpg

噂のピーナッツメイプルアイス300円

お店の情報は【こちら】

からのシャトレーゼへ。
洋菓子和菓子いろいろお菓子のコンビニを目指しているだけに沢山あります。
しかもお買い得~~~いいね!!!
IMG_7264_202003061803571a0.jpg

少し前つぶれないお店の情報番組で紹介され、翌日販売サイトがパンクした評判のお菓子屋さん。
以前から地元ではCP最高の店トレンドなパティシエールのお店の味は望めないがコンビニ以上のクオリティーでお値段やすめ設定というコンセプトがうけて家族層ではうけているお店でした。
IMG_7246_20200306180813157.jpg
IMG_7252_20200306180827b02.jpg
IMG_7258_20200306180840de4.jpg

なんせシューやプリン100円チーズケーキ~イチゴのショートケーキ200から400ちょいアイス1本60円~



チョコバッキーとマルガリータピザ、最中アイス🍓、🍓バー、スフレチーズケーキ糖質制限
これは冷凍なので撮影NGに
IMG_7274_20200306201556969.jpg
IMG_7276_20200306201623659.jpg
IMG_7275_2020030620161020b.jpg
やはりスポンジはパさついてましたが、生クリームはこすぎずうすすぎず美味しかった
生ケーキはフルーツロールケーキ

残りは追加UPで!!!

お店の情報は【こちら】【こちら】【こちら】

からのコーナン
通っている事務がコロナで休館
平安風庭造りを再開しつつ読書、装束妄想、染色等する予定です。

IMG_7272_2020030617585306f.jpg
IMG_7273_20200306175908e6a.jpg

IMG_7270_202003061808567aa.jpg
IMG_7271_20200306180908fec.jpg

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

源氏藤袴の会 総会&自習平安装束勉強会

今日は初参加の源氏藤袴の会の総会に出席です。

13時革堂の宝物館で開催
IMG_7150.jpg
IMG_7151_20200301211125f85.jpg
IMG_7152_202003012111424a3.jpg

ランチのパンをGETするためにプチメック今出川へ。
西陣にあるお店です。8時からオープン金曜日から日曜までしか空いていません。
気になるパンをGET

その前に自習の為にアスニー京都へ。
こちらの装束体験では井筒さん協賛の装束を手にとれる唯一の場所
IMG_7153_20200301211155b3b.jpg
IMG_7154.jpg

体験スペースへ。
IMG_7157.jpg
IMG_7158.jpg
IMG_7159.jpg
IMG_7160.jpg

ここで袿の採寸を行います。
身頃と袖の開いている場所と脇の空き位置縫い方袷の仕方など撮影して記録します。
几帳も欲しい所ですが、多きすぎて保管に困ります。
IMG_7155.jpg

平安時代の下駄の底部分

なんと京都に台湾のチャラヴィラ・IMG_7161_20200301211312f82.jpg
ありました。
金魚のティーバックです。
IMG_7176.jpg
IMG_7177_20200301211343fd7.jpg
IMG_7178_2020030121135742f.jpg
IMG_7179.jpg

IMG_7163.jpg

京都御所でランチ
IMG_7162_20200301211424abc.jpg

リベルテさんのパンをGETして
IMG_7175_2020030121172189b.jpg

この後以前から気になっていたアッサンブラージュカキモノさんへ。
スイートのみならずディナーも予約のみですが行われている🍰屋さんです。

下御霊神社さんへ
IMG_7164.jpg

御神水
IMG_7165.jpg
IMG_7166.jpg
IMG_7167.jpg
IMG_7168.jpg
IMG_7169.jpg
IMG_7170.jpg
IMG_7171_20200301211625621.jpg
IMG_7172.jpg
IMG_7173.jpg



予約して革堂の総会へ参加
IMG_7174_20200301211708299.jpg
IMG_7180_20200301211832687.jpg
IMG_7181.jpg
IMG_7182_20200301211856aa4.jpg

その後洛北の洛叉庵へ
予約済のわらび餅専門店さんです。
途中堀川の戻橋に河津桜満開です。
IMG_7183_20200301211914ab4.jpg
IMG_7184.jpg
IMG_7185_20200301211940544.jpg
IMG_7186.jpg
IMG_7187_20200301212008e00.jpg
IMG_7188_20200301212020f14.jpg
IMG_7189.jpg
IMG_7190.jpg
IMG_7191.jpg
IMG_7192.jpg
IMG_7194.jpg
IMG_7194_20200301212144643.jpg
IMG_7194_20200301212219ceb.jpg
IMG_7194_202003012122486cd.jpg
IMG_7195_20200301212304458.jpg
IMG_7196.jpg
IMG_7197.jpg
IMG_7195_20200301212400d6d.jpg
IMG_7200.jpg
IMG_7201_202003012124366a9.jpg
IMG_7202_202003012124501f0.jpg
IMG_7203.jpg
IMG_7204_202003012125186a3.jpg
IMG_7205.jpg
IMG_7206_20200301212546c2b.jpg

で帰宅です。
IMG_7207_20200301212558167.jpg
IMG_7208_20200301212613de2.jpg
IMG_7209.jpg
IMG_7210.jpg
IMG_7211.jpg
IMG_7212.jpg

おみやの数数
評判通りチョコが美味しい~~~

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

フリーエリア

プロフィール

mai syonagon

Author:mai syonagon
京都好き、歴史好き、ショッピング好き、温泉好き、グルメ好き。
凝り性な乙女座、A型、金星人、六白金星なわたしです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
宮仕え中につきお願い
宮中出仕中につき、更新は不定期となります。ご理解ください。 又、過去の記事を記載している為に掲載している季節と月日が合っていません。 季節は題名、カテゴリー別の方を優先し、過去分の月日は無視してください。
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ