舞少納言の難波詣で第十四段

淀屋橋にある中之島中央図書館へ行く用事があるためにいざ難波にゆかん

今年の夏は暑いです関西は36度尋常ではない~~~~亜熱帯地域か???
紫外線対策万全で!!!

まずは重たい荷物中之島中央図書館で本を返却してこれで用事は完了です。

さてここからはグルメ探索

甲陽園へ!
ここはやはりつまがりさん~~~今日は二階のカブトヤマでコーヒーと一緒にいただきます。
IMG_9538_201708102017593d3.jpg
IMG_9539_20170810201804726.jpg
IMG_9540.jpg

IMG_9541_201708102018175c4.jpg
IMG_9542_20170810201823694.jpg
IMG_9543_201708102018295af.jpg
IMG_9544_20170810201835b72.jpg
IMG_9546_20170810201841d54.jpg
IMG_9547_2017081020184650f.jpg
コーヒーとさざれ石シュー&季節シャインマスカットタルト
間違いのないおいしさ

移転後初訪問となったテモンテベッロさんとその系列のブランジュリーLE SUCRE-COEURへ。
さすがに今も大人気のパティスリー&ブランジュリーショップです。北大阪の駅から徒歩20分ほどのとんでもなく交通に不便なお店が大阪のど真ん中にやってきて1年ようやく訪問
IMG_9567_20170810201946b53.jpg
IMG_9558_201708102019535c0.jpg
IMG_9559_201708102019596be.jpg
IMG_9561_20170810202005593.jpg
IMG_9563_20170810202011f98.jpg
IMG_9564_201708102020183dd.jpg
IMG_9565_20170810202026223.jpg
IMG_9566_2017081020203187f.jpg
新ダイビルの1階にあります。
気になる商品をピックアップしかしこの後、アッシンドラシーヌさんにも立ち寄るので当日消化の品は少なめにしないとね。
こちらのパンは天然酵母なので酸味強め舞は苦手なので、ディニュッシュ系に逃げる~~~~
少し木陰で遅めのランチさっそくGETしたパンをほおばります!!!

淀屋橋から新ダイビルまでの道に小ぶりの百日紅が満開
IMG_9548_20170810201853c7f.jpg
IMG_9549_2017081020185942b.jpg
IMG_9551_2017081020190522f.jpg
IMG_9552_20170810201912521.jpg
IMG_9553_20170810201919a78.jpg
IMG_9555_20170810201925db2.jpg
IMG_9557_20170810201931d74.jpg


そしてひさかたぶりのアッシンドラシーヌさんあいかわらずの安定感ただようショーケースです。
IMG_9569_20170810202038fa8.jpg

帰宅後のティータイム
IMG_9570_20170810202045c9e.jpg
マンゴーのロールケーキとブルーベリーのタルト
IMG_9571_20170810202051278.jpg

IMG_9573_2017081020205991d.jpg
IMG_9574_20170810202105f2e.jpg
アッシンドラシーヌさんのタルト


スポンサーサイト

武蔵の国もうで衣紋道への道第四段

第四回目の待賢殿での衣紋道への道開催~~~

今回も夜行バスで大阪を出発早朝に東京駅に到着して「果実園」で朝食のパンケーキ
IMG_9419.jpg
IMG_9421_20170805234309a70.jpg
槿が満開です。夏本番
IMG_9423_20170805234316329.jpg
IMG_9425_2017080523432417e.jpg
桃のパンケーキ

大丸東京店でNYキャラメルサンドでオレンジをGET、升本で予約の弁当をGETしてから、徒歩で皇居東御苑でランチ
IMG_9433.jpg
IMG_9434.jpg
IMG_9436_20170805234348060.jpg
IMG_9440_20170805234411c53.jpg
IMG_9442_20170805234419cc8.jpg
IMG_9443_20170805234426c35.jpg
IMG_9443_20170805234426c35.jpg
IMG_9444_20170805234434bd9.jpg
IMG_9445_20170805234441003.jpg
せっかくなので観光目的で二重橋、櫓を見学して東御苑へ。
IMG_9437_20170805234357338.jpg
IMG_9438_2017080523440541c.jpg
「あなご弁当」季節限定
おいしかった~~~

そして早稲田へ。
久しぶりの衣紋道~~~~やはり撃沈~~~でも狩衣をなんとかしあげる。
IMG_9450_20170805234449331.jpg
IMG_9469.jpg

子供さんの着る童水干と大人の水干

急ぎける七夕かな

訳:めっちゃ気の早い七夕やなあ~~
IMG_9179_20170805214010f9e.jpg

早朝の京都御所を散策してみたいと思いたち前日の夜に京都入り~~~ゲストハウスに1泊ベットだけで十分外国人が多かったへどいいよね~~~。

6時に起床して即チェックアウト~~~鴨川沿いの散歩道をてくてく神宮丸太町まででて、御所南から京都御所に入りました。
IMG_9181_20170805214021aea.jpg
IMG_9182_20170805214028150.jpg
IMG_9183.jpg
さすがにしずかです。
IMG_9184_201708052140412e9.jpg
IMG_9185_2017080521404763f.jpg
IMG_9186.jpg
IMG_9187_20170805214059c73.jpg
IMG_9188_20170805214104fc2.jpg
宗像神社へ参拝後、梶の葉をGETして出水の小川で「平安王朝の七夕気分を満喫」
九州の宗像神社の分社今年世界遺産に登録された古代の信仰を今に残す貴重な文化遺産です。
IMG_9189.jpg
梶の木

梶の葉に願い事を書いて、川に流せば願いがかなうという。
京都御所にも梶の葉が沢山ありますので、雑木林で数枚分けていただきました。
IMG_9190_20170805214117d26.jpg
IMG_9191_20170805214122514.jpg
IMG_9192_2017080521412876c.jpg
IMG_9193_20170805214134050.jpg
IMG_9195_201708052141401b2.jpg
IMG_9196_201708052141467c1.jpg
IMG_9196_20170805214706846.jpg

願いがかなうといいなあ~~~
IMG_9200_20170805214721e28.jpg
この後、バードウォッチ

&梶の葉で七夕にお供えする梶の7糸を製作
IMG_9201_20170805214728ef4.jpg
IMG_9202_201708052147347aa.jpg

一旦烏丸御池へ行き亀末廣さんのきっこうでんのお菓子をGTE2日間だけの期間限定予約販売の一品
IMG_9387_20170805214745e2d.jpg
IMG_9388.jpg
IMG_9389_20170805214805863.jpg

山田香木店へ。
体験香道へ伽羅、沈香などの聞香ができます。

再び京都御所へ。
きっこうでんのお菓子をいただきます。
IMG_9380_201708052148133ef.jpg
IMG_9381.jpg
IMG_9382_2017080521483030b.jpg
IMG_9383_20170805214838c69.jpg

星のたむけ

天の川
願いの糸
索餅
梶の葉
ありの実

瓜つふり

見た感じおいしそうですが、おいしいですよ!!!

殿の上は、裳の上に小袿をぞ着たまへる

黒田装束店さんで汗衫を体験後、次の装束へ変身

晴れと褻の間の女房装束


重ね袿+裳
今回は袿+裳を体験
この装束で枕草子に登場する人物
IMG_6980.jpg
「高階貴子」もしくは高内侍・儀同三司母

平安時代は普段着に女房はこの姿ようだった事が源氏物語絵巻でかいまみえます。
十二単は女房装束で儀式、祝い事などに着用する晴れの装束です。
それとは違い褻の装束という女房の普段の装束かもしくは晴れと褻の間の装束でもありました。
ただ現在では一般的に知られていません。
この褻の装束は枕草子にこの姿で登場する人物がいます。
清少納言の主人だった中宮定子の生母 高階 貴子です。
彼女は円融天皇の後宮で高内侍という名で宮中に出仕していました。
和歌の知識だけでなく漢文にも精通し公卿の注目の中、彼女を見染めた藤原道隆との間に三男四女を生み中関白家の正室として栄耀栄華と没落を見た人物です。
関白道隆法興院積善寺一切経供養の様子
紅の御衣よろしからんや、中に唐綾の柳の御衣、葡萄染の五重の御衣に、赤色の唐の御衣、地摺の唐の羅に、象眼重ねたる御裳など奉りたり。
当日の中宮定子の着姿
女房あるかぎり、裳、唐衣、御匣殿まで著給へり
当日の女房と中宮定子の妹の姿
殿の上は、裳の上に小袿をぞ着たまへる。
「繪に書きたるやうなる御さまどもかな。今いらい今日はと申し給ひそ
三位の君、宮の御裳ぬがせ給へ。この中の主君には、わが君こそおはしませ。御桟敷の前に陣屋据ゑさせ給へる、おぼろけのことかは」
訳:関白様の奥方さんはぁ(三位の君)は裳の上になぁ~小袿だけ着てんねんなぁ(それを目撃した殿さま(関白道隆)は)怒って「まるで~絵に描いたような姿やなぁ~奥さん今日は若返って立派にみえんでぇ~~~(嫌味を言ってます)三位の君!(妻の官位を言ってわざと他人行儀に呼んでいる)中宮さんの御裳をお脱がせあそばさなぁ!ここの主君はこの中宮さんやでぇ~~御桟敷の前、近衛の陣を設ける(この法要の皆の中の主人は中宮さんであって)あんたでないんや!
上記の清少納言の記述はこの道隆の正妻にはああぁ~~~と思ってはいるものの表だっていっちゃもんつけれないが、ちょっとおかしいやんという意味で辛口コメントしています。
それがこんな事しはんねん。という意味で残しているんですね。貴子の方は私が中宮さんを生んだから~~~女房と一緒のかっこうなんか出来ひんわって感じで高飛車女子だったんですね。
「あなたは中宮さまの母上だからってなぁ~えらそぶってるみたいやけど・・・・。偉いのは中宮様だしあなたではないやんかぁ~~~そんなんはおかしんちがうん?」という事ですね。当時上位の者の装束は軽装が常識でした。十二単衣は別名女房装束そう女房が着る仕事着です。
うへは白き御衣ども、紅のはりたる二つばかり女房の裳なめり。引きかけておくによりて、東面におはすれば訳:殿の奥方さまは白色の表着に紅色のなぁ衣を(たった)2つくらい羽織ってなぁ~女房の裳をつけてはんねん。その姿もあんまり他の人に見られんように奥の東面に座ってはんねん。(なにさま???)

平安時代の宮中装束でよくみかけられるのが十二単衣いわゆる女房装束です。
なんども記述しますが、平安時代には女房(高級召使い)が着る衣装が十二単衣、女主人もしくは身分の高い女性はその場で一番身分の高い女性は軽装で重ね袿か小袿、細長を来ていました。
枕草子に記述されている。高階貴子の装束を出来るだけ再現してみます。


本当は小袿+裳をしたいのでが、本当の小袿は裾が短いのが正式で、それが出来るのは「平安装束体験所」「東京徳成大学伝統文化装束班の出張体験」です今のところ。
IMG_9301_20170805175516b93.jpg
IMG_9316_20170805175551846.jpg
IMG_9321 (2)
IMG_9327_20170805175639cf8.jpg

この袿+裳は平安時代には女房の晴れと褻の間の装束でした。
有名な源氏物語竹河に出てくる
中将など立ちたまひてのち、君たちは、打ちさしたまへる碁打ちたまふ。昔より争ひたまふ桜を賭物にて
三番に、数一つ勝ちたまはむ方には、なほ花を寄せてむ
と、戯れ交はし聞こえたまふ。 暗うなれば、端近うて打ち果てたまふ。御簾巻き上げて、人びと皆挑み念じきこゆ。折しも例の少将、侍従の君の御曹司に来たりけるを、 うち連れて出でたまひにければ、おほかた人少ななるに、廊の戸の開きたるに、やをら寄りてのぞきけり。
IMG_6487_20161128211833e41.jpg
原画
IMG_9310_20170805175535b5a.jpg

IMG_6491_2016112821185835e.jpg
IMG_6490_20161128211852053.jpg
復刻盤

人物図による再現
かう、うれしき折を見つけたるは、仏などの現れたまへらむに参りあひたらむ心地するも、 はかなき心になむ。夕暮の霞の紛れは、さやかならねど、つくづくと見れば、 桜色のあやめも、それと見分きつ。 げに、散りなむ後の形見にも 見まほしく、匂ひ多く見えたまふを、いとど 異ざまになりたまひなむこと、わびしく思ひまさらる。若き人びとのうちとけたる姿ども、夕映えをかしう見ゆ。 右勝たせたまひぬ。「 高麗の乱声、おそしや」など、はやりかに言ふもあり。
君達は、花の争ひをしつつ明かし暮らしたまふに、風荒らかに吹きたる夕つ方、乱れ落つるがいと口惜しうあたらしければ、負け方の姫君
「 桜ゆゑ風に心の騒ぐかな
   思ひぐまなき花と見る見る」
御方の宰相の君
「 咲くと見てかつは散りぬる花なれば
   負くるを深き恨みともせず」
と聞こえ助くれば、右の姫君
「 風に散ることは世の常枝ながら
   移ろふ花をただにしも見じ」
 この御方の大輔の君
「 心ありて池のみぎはに落つる花
   あわとなりてもわが方に寄れ」
勝ち方の童女おりて、花の下にありきて、散りたるをいと多く拾ひて、持て参れり。
 「 大空の風に散れども桜花
   おのがものとぞかきつめて見る」
左のなれき
「 桜花匂ひあまたに散らさじと
   おほふばかりの袖はありやは 」
心せばげにこそ見ゆめれ」など言ひ落とす。

この源氏物語絵巻は平安末期に描いたといわれる平安中期設定の大和絵です。
絵師は不明でおそらくは集団で描かれた物でその中に藤原 隆能がいたといわれている。
IMG_6488_201611282118411d3.jpg
IMG_6490_20161128211852053.jpg
この絵に描かれた姫君は碁を打っています。
この姫君の装束は袿か小袿と思われます。
IMG_6487_20161128211833e41.jpg

IMG_6491_2016112821185835e.jpg
IMG_6492_20161128211903b6b.jpg
IMG_6493_2016112821190874a.jpg
そして桜の向かい側に座る二人の女房の姿に注目
IMG_9310_20170805175535b5a.jpg

袿+裳ですね。
ここは玉鬘の邸宅です。
今上帝の伯父故髭黒大納言との間に生まれた三男二女特に大君と中の君の結婚に躍起していました。
3月の桜の盛りの夕暮れ時、二人の姫君は御簾をあげ、桜の木を賭け碁を打っています。
蔵人少将(夕霧と雲居の雁の5男)はその姿を垣間見て、大君への思いを募らせたのでした。
という場面を切り取った絵巻です。

舞少納言の「ルシピア・ボン・マルシュ詣でand難波詣で第十四段」

去年ルシピアでけっこうたくさん購入したのでルシピア会員になった舞。
毎月送られてくる試飲用のお茶2種と会誌と共にくるのですが今回は会員限定のフェスタが開催される通知がきて!
「ルシピアグランマルシュ2017」参加を申し込みました。

場所はインテックス大阪そう南港です。
事前に入場予約してから指定時間に会場入りが出来ます。

IMG_9390_201708102100122b9.jpg
IMG_9391_20170810210020dbe.jpg
IMG_9392_201708102100291af.jpg
会場のインテックスに入場は10時~11時

世界中のお茶から、お気に入りを見つけるをテーマに10周年を迎えるこのイベント


ザ入場~~~景品がもらえるのでGET

IMG_9394_201708102100375ee.jpg
IMG_9393_20170810210047b77.jpg
IMG_9395.jpg
IMG_9397_20170810210113657.jpg
IMG_9398_201708102101200ea.jpg
IMG_9399_201708102101281c1.jpg
IMG_9400_201708102101390f9.jpg
IMG_9401_20170810210147406.jpg
IMG_9403_20170810210203ff4.jpg
IMG_9404_20170810210212265.jpg
IMG_9408.jpg
IMG_9407_20170810210221c6a.jpg
そして絶対混むであろうボンマルシュでお買い得のいろいろを物色
季節限定茶や地域限定のお茶やこの会場だけで販売されるお茶

そして試飲コーナーで試飲の亡者とかす。

紅茶、日本茶、ノンカフェイン他お菓子なんかも置いていて
まさにお茶の祭典

ひゃ~~~~楽しい~~~~

楽しんだ後はニュートラムで弁天町へ。
意外と近い事で大阪ベイホテルの展望台のレストランで食事
楽天クーポンで2500円

IMG_9409.jpg
IMG_9410.jpg
最上階のラウンジでランチ開放的~~~UP
最上階から港を眺める風景最高~~~~仮想成功者になった気分~~~
IMG_9411_20170810210423131.jpg
IMG_9412_201708102104310ad.jpg
IMG_9413_20170810210438b3d.jpg
IMG_9414.jpg
IMG_9415.jpg
IMG_9416_201708102105003bd.jpg
まだまだ七夕の気分そういえば旧暦の七夕はまだまだ
IMG_9418_20170810210508dbb.jpg

そして料理の数数
その場でシェフが作る出来たての品もいくつかあります。


14:30に料理は撤収
その前にラストピックアップコールが出されます。

最後の最後に

展望台だけ考えると入場料が1000円くらい食事も悪くはないからCPいいかも~~~~

お店の情報は【こちら】

そして地下鉄経由で長田にある府立中央図書館へ。

巨大図書館ですが、南大阪在住の舞には足が遠すぎて過去2回くらいしかきた事がありません。
本日は時間的な制約で事前に本を予約済み~~~!!!


有職関連書籍を読みながら、頭に入れ書き写し、コピーしながら勉強しました。
食事後なのでどうかな私の脳は????
時間一杯の為急遽貸出をしてもらいました。

情報は【こちら】

で帰宅後のケーキ達
お腹にも知識にも大満足の一日でした。
帰宅後の戦利品
フリーエリア

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 京草子 雅な京都絵日記時々詣で All Rights Reserved.