あてなるもの 

訳:上品な物

大低気圧が日本を縦断していたその日京都へ行っていました。
京都の装束店さんが販売されている小物のポーチが入荷するとしりいてもいられずにGO

京都御苑南にある黒田装束店さんは京都の大規模神社さんの装束や葵祭りや時代祭りでお装束を扱っておられる江戸時代から続く幕末に岩倉家へ納品されていた老舗です。
現在の女将さんが新しい物に挑戦したいと望まれて「七平」さんという新ブランドを立ち上げられて装束で使用される反物の一部を使い小物を製作されたのがはじまりだそうです。
まさに「用と美」の精神
美しいからと言って保管するのではなく、用途に応じて現在でも使えるようにという精神は私の好きなローゼンタールの精神と同じです。
でこの子は
三角ポーチ意外と大きいですよ。
IMG_2478_2018070623375068e.jpg
IMG_2479_20180706233756078.jpg
IMG_2480_20180706233802cda.jpg
IMG_2481_2018070623380852a.jpg
IMG_2483_20180706233814324.jpg
正絹綾織薄色
二藍色
小葵文様 金糸伏蝶丸紋様

文様もしっかり合わさってます。完璧な美~~~~お仕事用ですよん。^^Vそれより技術さきでしょ!!!
ですよね~~~。

お店の情報は【こちら】

さて黒田さんからお別れして扇が壊れてしまったので、烏丸御池の「白竹堂はくちくどう」さんへ。
享保年間創業あの吉宗さんの時代です。
創業300年というので!!なんと偶然出会いました。
新作七平さんんとのコラボ有職生地で扇

扇 正絹 二藍色 米紗?小葵文様 竹の丸紋様
ちょっと織物の事はわからないですが、竹の文様が凹んで見えるのでちょっと珍しいさすがに黒田さんちの有職生地

正絹を片側だけ張ってあるので一見蝙蝠風です。
しかも紗なので超すけ感半端ない~~~~~
「私を連れ帰ってね」と呼ばれて即買いでした。
いい感じです。暑い夏乗り切れそうです。


お店の情報は【こちら】
スポンサーサイト

雨うち降りたるつとめてなどは、世になう心あるさまにをかし。

訳:雨が降ってる早朝なんか、他に比べようもうない情趣があってなぁ、じ~~~と趣深い感じやねんなぁ~~

前回に気になりつつお話しできなかった直衣の相談を兼ねていろいろ気になる者を探しに京へ。
しかし今日は天気が悪い~~~ジメジメじわ~~~ときます!!!湿度マックス

久しぶりで京都市役所の近くグランディーユへ。
気になるパンGET

京都御苑でプチ散歩

IMG_2406_20180705210427d66.jpg

IMG_2407.jpg
IMG_2408_20180705210439ed1.jpg
IMG_2409_201807052104441f8.jpg
IMG_2410_20180705210450148.jpg
IMG_2412.jpg
IMG_2413_20180705210510a8f.jpg
IMG_2414_20180705210515163.jpg
IMG_2415.jpg
IMG_2416.jpg
IMG_2417_20180705210534675.jpg
IMG_2418_20180705210539fcc.jpg
IMG_2419_201807052105451ec.jpg
IMG_2420_2018070521055158b.jpg
IMG_2422.jpg


黒田装束店さんへ
有職生地で販売されている「三角ポーチ」を購入にきました。
以前から目をつけていましが、在庫がなく。でもサイトで追加になっていたのでよし!!
事前に来店の申し出をしてから訪問しました。場所は体験時と同じです。

本当は装束がほしいですが・・・・・そんなの宝くじでもあたらないと無理だし・・・・・。小物のなかなかの人気で在庫も少なくてとHPを見ていたらあっ!!!
紅梅と悩んで淡い藤色にしました。

薄色 綾織り地小葵文様 伏蝶ノ丸紋

小葵が超あてなるものですね~~~でこの正絹の肌触り~~~~できれば黒田さんとこのお装束ほしいですが。
本物なので正絹・ねり仕立て、おめり仕立て・その他もろもろで超お高め~~~揃えたら1000万はいくだろ。
宝くじが当たって・・・・・・・夢のまた夢・・・・・・・・・

さてその後にアスニー京都へ。几帳と長袴の寸法を測りにきました。
後日なんちゃって几帳制作のためです。

IMG_2457_201807052106073bd.jpg
IMG_2458_20180705210616771.jpg

京都大丸でパンランチ

での烏丸御池へ。
マイ扇が破損してさすがに~~~~極暑の日本いるでしょ。
白竹堂の本店と宮脇宮脇賣扇庵へ。超近くに二軒ともあります。
どちらも老舗京町屋な雰囲気がさすが!!!両方のHPを見ていろいろあとは現品を見てどれにするか決めます。
はぁ~~~目移りしそうです。
IMG_2459_201807052106246c1.jpg

こちらは予算に合ったものから高級品まで幅広く提供されていますね。
普段使用をGETしよかなん。

IMG_2477_201807052107466bc.jpg
って思っていたら、黒田装束店さんのコラボ扇が!!!キュン死即お買い上げ
白竹堂
IMG_2461_20180705210631991.jpg
IMG_2472_20180705210729318.jpg
IMG_2475_20180705210736d63.jpg

宮脇賣扇庵
こちらは全国的に有名な名店
お店構えも老舗感にマックス圧多め~~~~
雲おみなえし・・・・あと童女の絵なんかので予算内の物があればいと嬉しなんですが!
蝙蝠で注文は出来ないのかな???なんて厚かましくも少しずつ寄せてみる。
雲おみなえしGET

直衣のご相談まで時間が出来たので近くの大極殿さんの茶房でプチ休み
IMG_2462_20180705210639f2e.jpg
IMG_2463_20180705210647640.jpg
IMG_2465_20180705210654731.jpg

梅酒氷

さて扇GETの後は近くにある「レリコ」さんへ。

ご主人のいらっしゃる日をあらかじめ確認しての訪問です。

個人的に直衣の相談

紅梅直衣か、夏用の二藍色若人をぜひと思っているのでお話を聞きました。


月一の勉強会だけではなかなか上達せず、もうこうなったら買うのが早い。
化繊で妥協し後は色目、どうしてもここはこだわりたい前回の奥様の話によると織から出来るというふうなお話もあったので。
気持ちがあるうちにと思い駆けつけました。

予算上やはり夏の直衣かなぁ~~~二藍色にはこだわりたいけど・・・・・・・出来るか・・・・できても予算が・・・・・。

若人の二藍色は紅が多く出るいわゆる赤紫色です。

設定でいうとだいたい元服後数年

源氏物語で源氏と頭の中将と取り巻きの殿上人が桐壺で女性論に興じる場面
源氏は近衛中将17歳でいきたいなと野望あり

第二帖 帚木
いでや、上の品と思ふにだに難げなる世を」と、君は思すべし 。 白き御衣どもの なよらかなるに、直衣ばかりを しどけなく着なしたまひて、紐なども うち捨てて、添ひ臥したまへる御火影、いとめでたく、 女にて見たてまつらまほし。 この御ためには上が上を選り出でても、なほ飽くまじく見えたまふ。

どのくらい再現できるか?もしくは出来ないか?できても予算もあるし・・・・・。
あと17歳頃なので三重襷紋は細やかになります。
どうなるか???
直衣はコメ織なのだけれど織元がなかなか今難しい。今他から赤紫色の御話が出ている所で見本織を相談中との事。
違い装束店さんでも織元や装束屋さんの廃業が多いと聞いてはいましたが、なるほど限られた分野でしかもこのご時世なかなか難しいようです。でも生地だけでも販売するとも言ってくださり、貴重な飾り太刀や几帳、羅陵王のお面まで見せてもらえて本当に来たかいがありました。
ありがたいです。御話が進めばという感じでよいといいのですが・・・・・・・。

最後は烏丸御池の国際まんがミュージアムへ。
IMG_2466_201807052107028b3.jpg
IMG_2468_2018070521070838a.jpg

漫画読み放題ですよん!!!ひさかたぶりに昔の漫画でも読みふける。

観光の情報は【こちら】

ひゃ~~~~あ忙し詣ででした。
IMG_2469_2018070521071653c.jpg
IMG_2470_20180705210723015.jpg

待賢殿「宮廷の雅展 開催のご案内」

待賢殿

是非クリックしてくださいませ!

2018年8月の下記日程にて待賢殿で装束・調度品・下賜品の展示会があります。
日程の合う方お友達とぜひにご来店くださいませ。

場所 早稲田駅 

169-0051 東京都 新宿区 西早稲田一丁目 9-1 B1

東西線で徒歩8分ほど早稲田大学のすぐそばです。

日程

8月3日(金)~6日(月) 13時~16時
  8日(水)13時~16時
10日(金)~13日(月)13時~16時
但11日(土曜)は10時から13時までです)




展示内容 「宮廷の雅

ネ圭を始め貴重な近代の装束


ご愛用品
下賜品 銀のボンボニエール 銀製の砂糖菓子入れ
皇室縁の品々等



目の保養間違いがありません。

是非遊びにきてくださいまし。

武蔵の国もうで衣紋道への道第十一段

さて今回は月に二度目の衣紋道への道出発

天王寺で夜行バスに乗り、いざ出発

翌日到着後は東京駅身支度を整えて駅構内の果実園東京店へ。
IMG_2395.jpg
IMG_2396_20180625213440590.jpg
IMG_2397_20180625213445426.jpg
IMG_2399_2018062521345231b.jpg

こちらは季節のパンケーキをGET

待賢殿での予習です。
本日は外部の御方をお迎えしての勉強会

また舞の登場はないでしょうが・・・・・・・・。一人衣紋を頑張りたいと思います。と・・・・・・思ってましたこの時点では

その前に朝食後は大丸東京店で升本のあなご弁当をGETしていろいろお土産を見てまわります。
ここはおみやげ物が充実していていいですね。

今日は雨なのでどこか雨宿りできるスペースで食事出来ればいいかと。。。
想ったら東京駅の反対側丸の内方面に「和田倉噴水公園」ありました。ここなら雨での十分お弁当が楽しめます。

今日は去年もいただいた季節限定のアナゴ弁当です。ウナギよりもアナゴが好き~~~~

これだ!!!
IMG_2400.jpg
IMG_2401_20180625213504fa4.jpg

美味しい~~~最高~~~アナゴたまんない!!!

で腹パンで来た道を戻り、東西線の大手町駅一本で早稲田へ。

でガ!!!・・・・・・と勉強会
それと保管用の装束本の追加を購入!サイン付きは保存版でこれはガン見用にGET

で今日は織元さんの会員さんもおいでになるのでいろいろ織物の事なんか教えてもらいます。
生絹?の事、源氏物語絵巻物にでてくる装束の再現とか、織物の有職の色・文様の事とか。
出来れば注文なんか嬉しいけど・・・・・予算もあるし・・・・・織元さんはご商売ですからそこも。

で衣冠・・・・・・やばい前回いけるかもと思ったが甘かった。装束超ナエまくっていて・・・・・再び撃沈

んなところで狩衣の前衣紋者の御指名が!!!!( ゚Д゚)
超緊張しいの私・・・・・あんの常・・・・・・。御方には本当に申し訳ありませんでした。。。。。
今日の御方は装束がとてもお似合いで特に最後の肩脱ぎなど素晴らしかったです。
しとげなきんん・・・・よき言葉なり

二人目の御方は5歳のお嬢様
すごくかわいらしい人見知りしないお嬢様で本当にかわいらしかったです。着袴の儀を再現されて濃色の小袖袴に細長がとてもお似合いさらさらの長い髪がきらきら!!!
本当にかわいらしい大きめの細長が「衣にうずもれているような」高貴な姫を見ているようでした。

まだまだ未熟なのに・・・・・・着付け代もいただきて・・・・・・すみません。
先生貴重な体験をありがとうございました。なんとか踏ん張ります。と思い充実嬉しさと憂いといろんな思いがまざった一日でした。


入手しました昨日発売「有職装束大全」ご紹介

昨日の勉強会で入手いたしました装束本!!!ご紹介
IMG_2373_20180614101916117.jpg
IMG_2374_2018061410192303d.jpg
IMG_2376.jpg

中身は写真でおみせできませんが、内容を紹介させていただきます。
IMG_2377_20180614101941c54.jpg

第一章
「装束の歴史」


古代から近代までの身分に応じた服~普段着に至るまでを時代別にカラー写真とイラストで紹介
前回の装束本と内容的にはほぼ同じですが、さらに詳しくきれいなお写真付きですごくいいです。

IMG_2378_20180614101949fa5.jpg

第二章
「装束の種類」

男子・女子・童子・神官・楽師・舞師の衣装などもしっかり全てのっています。
特に今回は来年の譲位が行われるために天皇さんの装束についての項目がありなかなか見ごたえあります。
IMG_2379_201806141019555a7.jpg

第三章
「装束の構成具」


各装束で使用される小物がそれぞれ詳しく掲載されていて非常に勉強になります。

IMG_2380.jpg

第四章
有職の色彩と文様


もう圧倒的な美しさにクラクラめまいが・・・・・・・・・。

この後
有職をささえた人たち
有職用語集
史料


と続きます。
最後の史料など!!!!!これこれ!!!絶対いります。超嬉しい

本当に素晴らしくて家宝にします。これからの装束製作になくてはならない、図書館に借りては戻しの連続作業にさようなら!!

ありがとうございます先生


ぜひ興味のある方内容的に十分に価格の価値以上CPの超高い御本でございま~~~~~す!

本の申し込み



フリーエリア

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 京草子 雅な京都絵日記時々詣で All Rights Reserved.