FC2ブログ

2018-09-19

装束研修旅行第二段

京都研修ツアー2日目

10時に今出川で先生と参加者で待ち合わせ

朝食はコンビニでサラダとスモークチキンそして朝から出町ふたばの和菓子たち

福豆餅・豆餅・栗餅
IMG_3011_2018091923412984c.jpg
IMG_3012.jpg

近くの百日紅
IMG_3013.jpg
IMG_3014_20180919234205892.jpg
IMG_3015_20180919234212437.jpg

始めに井筒さんの織物工房で見学
勿論こちらは普段非公開、先生のお顔でフリーパス
井筒さんでは西陣の織物工房衰退の危機感から織物工房にも力を入れて職人さんの育成・織物の技術を後世に伝えられようとされています。コスパを求めがちな時代にとても勇気のいること。素晴らしい
DSC_0164(1)_201809192137431fe.jpg

生糸と練糸

織物の機械と糸、そして織物の見学そして江戸時代の貴重な生地見本
もう鼻血が出そうな

最後にてみやげまで!!!!しあわっせの時間
DSC_0253.jpg
DSC_0243(1).jpg

ランチは六堀さんでフルコース

DSC_0249.jpg

DSC_0245.jpg

さつまいものスープ
DSC_0246.jpg

さんまのカルパッチョ肝ソースそえ
DSC_0247.jpg

たんシチュー

DSC_0248.jpg

ティラミス

再興に美味しい以前から来たかったのだ!!!

ぜひ一度~~来店してみてください


お店の情報は【こちら】

幸せ第二段
DSC_0289.jpg

東山天皇さんの御大礼を再現されています。
DSC_0358(1).jpg
DSC_0353.jpg
DSC_0309.jpg
DSC_0278.jpg
DSC_0308.jpg
DSC_0322.jpg
DSC_0344.jpg
DSC_0346.jpg
DSC_0278.jpg
DSC_0309.jpg
DSC_0322.jpg
DSC_0278_20180919235958eae.jpg

最後にみやこメッセの京都の御大礼の搬入作業を見学
これもレア公開前にお邪魔しまくりでした。すみませんでした。

観光の情報は【こちら】
IMG_3016_20180919235824440.jpg

素晴らしい見学の後に十三やさんのつげの櫛を購入して研修旅行は終了

本当に素晴らしい二日間でした。
ヴィヴァ待賢殿
スポンサーサイト

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

2018-09-17

天津風 雲の通ひじ 吹き閉じよ をとめの姿しばしとどめむ

訳:天高く吹く風よ 雲が通おる道を 吹いて閉じてぇやぁ~~~乙女(の舞ってる)姿がもうちょっと(見たいから)留めてなぁぁ~~

来年の「天皇の退位と新天皇の即位」が行われるにあたり、いろんなイベントが開催しています。
京都でもこんなツアーが!!!

八條先生の引率で開催
本日待賢殿の京研修旅行


京都の御大礼即位礼・大嘗祭と宮廷文化のみやび

御大礼とは天皇の即位礼をいいます。一代で一回だけ来年の5月に今上天皇さんが譲位されて上皇さんに皇太子さんが即位され時代も平成から〇〇へ。


二条城にて集合

IMG_2802.jpg
IMG_2803_20180918213511d98.jpg
IMG_2804_20180918213519c93.jpg

説明不要な徳川将軍の在京時のお城
8時45分より受付開始、その後は二条城を自由散策
IMG_2805.jpg

休憩所でアイス
10:00~11:30トークショー&五節舞


トークショーは

司会は元日本テレビアナウンサー
日本テレビ「皇室日記」のキャスターで現在は皇室ジャーナリストとして活動している。
久能 靖氏

解説は京都産業大学に勤め、昨年から京都宮廷文化研究所の代表であり天皇の歴史と文化、皇室の法制と現状に精しい研究者
関西では「なんでもいって委員会のゲストとしてご存知の方ですね。」
所 功氏

鉄板のお二人

「新嘗祭や大嘗祭の豊明節会で舞われた 五節舞

平安中期
天武天皇の時代、吉野に天女が現れて袖を五度振って舞ったという逸話によるとされています。
五度、袖を振るのは呪術的だといわれているそうです。

『年中行事秘抄』
「乙女ども乙女さびすも唐玉を袂に巻きて乙女さびすも」
この歌にあわせて舞われたもののようであるが詳細は不明。
奈良時代には五月節において皇太子の阿倍内親王が舞ったと記紀にあります。

平安時代には帳台試・御前試・豊明節会の三度舞われて、普段人目にさらされない舞姫達が失神し、バタバタと倒れて殿上人に抱えられて退場するほどストレスな舞だったとか。

当時の貴族の姫君達は人目にさらされる事など絶対になかったお祭りも牛車の御簾越しで見ていました。

平安時代は物具装束で舞われた模様ですが、後土御門天皇大嘗祭を最後に五節舞も中絶、桃園天皇の宝暦三年十一月十七日の新嘗祭後の豊明節会で再興されたがすでに中絶されて多くの年月の為に完全に再現することは出来なかったようです。

今日の舞と装束も完全再現は不可能で大正の大礼で新たに構築さて復興されました。

今回の衣装は「大正天皇さんの御大礼」の際に実際お服上げされた装束
ほんまもんです。
IMG_2810_20180918213537520.jpg
IMG_2815.jpg
IMG_2817.jpg
IMG_2819_2018091821361578e.jpg
IMG_2827_20180918213632641.jpg
IMG_2831_20180918213640e09.jpg
IMG_2833_20180918213647095.jpg
IMG_2842_201809182137041f0.jpg
IMG_2837_20180918213715ece.jpg
IMG_2849_20180918213725e2a.jpg
IMG_2854_201809182137323da.jpg
IMG_2860_20180918213742f4b.jpg
IMG_2865_20180918213750588.jpg
IMG_2867_2018091821375917a.jpg
IMG_2868_201809182138081a8.jpg
IMG_2869_20180918213818591.jpg
IMG_2880_20180918213832d88.jpg

天つかぜ 雲の通ひ路吹きとぢよ  をとめの姿しばしとどめむ 僧正遍昭

作者:平安時代前期の天台宗の高僧(父良岑 安世 祖父桓武天皇の皇子祖母百済永継・母不詳?)

観光の情報は【こちら】

ANAクラウンホテルにて
IMG_2883_201809182142297fa.jpg
IMG_2884_201809182142390a6.jpg
IMG_2884_20180918214250b59.jpg
IMG_2885_20180918214307605.jpg
IMG_2886_201809182143181dd.jpg
京都の染屋さん吉岡さんの染付けで染められた飾り
IMG_2899_20180918214506fea.jpg
IMG_2908.jpg

御大礼おもてなし弁当
有職料理西陣 魚新のお弁当

完食の後は第二段

IMG_2913_20180918214534e9c.jpg
IMG_2916_20180918214558dbe.jpg
IMG_2926_201809182146154d3.jpg
IMG_2936_20180918214631286.jpg
鳥羽離宮
IMG_2947.jpg
初期平安京模型図
アスニー京都で平安京の勉強会
現在の展示は「平安時代の食事」

御所観光
IMG_2955.jpg
IMG_2957_20180918214711edc.jpg
レアな中が閉じられている紫寝殿
IMG_2961_2018091821472211e.jpg
前回の台風で枝がなぎたおされている橘
IMG_2962.jpg
IMG_2965_2018091821474471f.jpg
IMG_2972.jpg
IMG_2968_20180918214753f7d.jpg
IMG_2976.jpg
IMG_2977_20180918214847533.jpg
IMG_2979_20180918214908999.jpg
滝口
武士の控場
IMG_2982_20180918214928577.jpg
瀬田の唐橋
IMG_2985.jpg
IMG_2986_20180918214953ad1.jpg
亀の甲羅で占われた場所
IMG_3002_20180918215016d0c.jpg
IMG_2996.jpg
御内邸の庭


IMG_3006.jpg
「細見美術館」


博物館見学
明治150年・平成30年記念
京都の御大礼
即位礼・大嘗祭と宮廷文化のみやび-展

皇位継承に伴う祭祀として平安時代以来、京都で磨き上げられた宮廷文化

即位式図屛風と行幸図屛風

近世の即位式・近代の即位礼
絵図

近世近代の大嘗祭

即位式・大嘗会の調度


先生の解説付きなんぞ~~~きゃ~~~~100倍いとをかし


観光の情報は【こちら】

この後先生たちと離れて本日のお宿にチェックイン
IMG_3008.jpg

ゲストハウスケテ
四条と五条の東側にあります
ベットだけで十分です。

チェックイン後に四条の大丸裏にある居酒屋で先生を囲む会で打ち上げ


本日ホテルへ。いろいろ済ませて就寝



ビバ待賢殿!!翌日に続く

テーマ : 京都
ジャンル : 旅行

2018-09-15

とくゆかしきもの

訳:早く見たいもんわぁ~~(陶あんのオーダー煎茶急須)ですがまだ完成してへんねん

IMG_2762_20180915215445143.jpg
IMG_2763_20180915215458112.jpg

黒田装束店さんの体験を終えて錦市場で中の君(小君より昇格)に合流
陶あん錦市場店でチラ見~~~前回のオーダーはまだなので再視察です。
これからの注文の妄想とまだ特売コーナーがあるのか確認

鑑賞後は京都駅へ。
IMG_2781_20180915215707af7.jpg

今日のランチは一休で予約サルバトーレ クオモ ダイニング&バー
ランチ3800円が2482円で1ドリンク付き。
ここはロケーションもスタッフも感じがよくてお奨め。

初訪問の時はまあ前菜のビュフェがいまいちだったけど今はけっこう改善されていてよくなってると思う。
90分ガチでいただきます。

IMG_2769_20180915215433a4d.jpg
IMG_2767_20180915215512133.jpg
IMG_2780_20180915215525fac.jpg
ウエルカムドリンク!!乾杯~~~
IMG_2768_2018091521553549f.jpg
IMG_2770_20180915215545490.jpg
前菜
IMG_2772_20180915215554c9b.jpg
IMG_2773_20180915215608497.jpg

IMG_2774_201809152156199f0.jpg
IMG_2776_201809152156287a0.jpg

メイン
二人でいったのでシェアしました。

賞をとったDOCナポリピッツア
アンガス産牛肉
IMG_2777_20180915215640190.jpg
IMG_2779_2018091521565322d.jpg

デザート&カフェ

一休で予約して追加料金が無料なしのコースーなので全部しましたUP UP UP

はぁ~~~グルメってるわぁぁ~~~~

ぁ腹パンの後は東福寺の陶あん本店さんへ。


途中の道すがらまだ夏の景色
IMG_2652_201809152159392ba.jpg
IMG_2653_201809152159476a8.jpg
IMG_2651_20180915215956596.jpg
IMG_2654.jpg
IMG_2655_20180915220014064.jpg
IMG_2656_20180915220024275.jpg
IMG_2764.jpg
IMG_2765_20180915220050113.jpg
IMG_2766_201809152200597ac.jpg
IMG_2782_20180915220110f67.jpg
IMG_2783_2018091522012110d.jpg
IMG_2784_201809152201347bf.jpg
IMG_2785_20180915220147b94.jpg
IMG_2786_20180915220158288.jpg
IMG_2788.jpg
IMG_2789_20180915220219751.jpg

市バスで東福寺道下車入り組んだ路地を歩いてさすがの門構えです。
IMG_2790_2018091522022831d.jpg
IMG_2791_20180915220238aca.jpg
IMG_2792_20180915220247c5d.jpg
で陶あん本店で工房見学です。
土曜は見学できる日と出来ない日があるようで今回はGET出来ました。
まえから行きたいと思っていたので、中の君と楽しい工房見学~~~~

土をこねてろくろを廻す。
石膏の型で成形ではなく手仕事

土はいろんな産地の物を使って白絵で色付けされているそうです。

干してから成形

化粧掛けして素焼きします。
この段階では土器かな

下絵を描いてから釉薬を縫って本焼き12300度以上の火力で!

上絵を描いて完成です。

ほんま職人魂 
職人と芸術家の境目は?
ブランド力かな何々さんが創作した的なブランド力創造性

でも日本では古くから飛鳥時代から名のしれた職人たちが書物で記されています。
仏師鞍作止利、定朝鎌倉期の運慶・快慶絵師は黄書画師、巨勢金岡、百済河成、刀師波平行安、包平今昔物語でもただの職人の名が記述されていてこういうのも珍しいと思います。
狩野 永徳 野々村仁清 長谷川等伯 尾形乾山 挙げだしたらきりがない職人素敵~~~


観光の情報は【こちら】
IMG_2793_20180915220257b52.jpg

おみや~~~

テーマ : 京都
ジャンル : 旅行

2018-09-15

殿上人の、直衣脱ぎ垂れて、扇やなにやと拍子にして、

訳:(帝のいれはる内裏に上げれる)殿上人が直衣の袖を片方だけ脱いでなぁ~扇やほかのもんで拍子とってん

3月に予約していた黒田装束店の装束体験諸事情で9月に変更
本当は装束の生地を見たいのですが、まさか業者さんでもないのにそれは出来ない。
せめてふれる事が出来る体験はとても貴重です。

本日体験日
珍しい着付け拝見と今後のお勉強の為にやはりここははずせない!


事前に細かいお願いを事前にメールで相談済

今回は男子装束 衣冠OR直衣OR冠直衣

垂えん冠だと冠直衣
烏帽子だと直衣

お色は夏用と冬用の赤色と朽葉色の直衣の三種類を見てから選びます。
単は緋色

指貫は紫を外してもらい。
いくつか選べるようにしてもらいました。ネ包の色と合わせないとね。

そして今回は内着として衵
男子用衵はないので今回は女性物の単 萌黄色をお願いしました。


単と指貫
元々平安時代の指貫は下括り式で足首の中で紐を用いて括り、その紐の先をいろんな留め方で留めるのを本義としています。
現代では引上げ式が主流で黒田装束店さんも神社さんをメイン顧客とされているので引上げ式です。

実は平安時代当時下袴という束帯の大口袴に似た袴を装着していました。
近年では省かれて現在ではどの体験所でも下袴はありません。

すべて正絹なのでそれはそれは美しいです。

今回の直衣
直衣は表白色中が夏の二藍色が正式でこれは違うでしょう?
と思った方それはそれで正解

実は平安時代の中期頃紫式部や清少納言が活躍していた頃の直衣はさまざまな色の物があり、宮中でも天皇から勅許が与えられた者のみ限定で色目の直衣で参内できました。

薄色・桜色・柳色・紅梅色・紫・紫苑色等これに冠をつけて参内するのは最高のセレブリティーの証

初めの参内、春日の使いなどの晴れやかな時には特に衣出しをして華やかにお召しになって殿上しておられました。

衣を出すことは。

衣指貫を着たる上に綿入りたる衣にても打衣にても置きて。裏表の褄を指貫の前より前によく引き違へて帯をするなり。
後ろは高く引上げて。前の褄先は指貫の上に丈に三四寸(9.12CM)たらぬ程に上ぐべし。後ろは直衣にても袍にても着たらんに。襴の裾より縁を置きたる様に見ゆまじきなり

                                                    まさすけ装束抄より




出し衣は本来は袷ですが、今回は無理をお願いしたので女子の単です。
初夏にはひへぎして単もきたようなのでOK

IMG_2658_20180915212557c73.jpg
IMG_2659_20180915212606dd7.jpg

色はなやんだすえに「朽葉色」でも本来の重ね色目の朽葉色ではないようです。
淡いにびろに茶色と紫を足したいような色で着てみると高貴な色目になりました。

ネ包:朽葉色
固地綾織 紋三つ葉葵
 


単 緋色

指貫 無紋 濃浅葱色

衵 綾織 松葉色

指貫は本来紋有で色も紫色系統がいいのでしょうがそうなりと一気に暗くなるのでおもいきって濃い浅葱色にしました。
夏ならこれが瑠璃色になるんでしょうね。
有職故実的には×?
でもこれはこれで、全体のバランスは指貫の寸法が幅セマなのでちょいと悪いですが、平安時代の通りとはいきません。


出し衣は
後ろは壺装束の様にたくし上げて、前を道中着の要領で裾をはの字にとり、のこりを袴の中へずず^^^と入れ込みます。
その上から袍を着せておふくあげ

はぁ~~~いつになったらこんなに手際よくできるのでしょうか?こないかもいや頑張るぞ!!
IMG_2664.jpg
IMG_2671.jpg
IMG_2675_2018091521264594a.jpg
IMG_2678_20180915212657826.jpg
IMG_2692_2018091521270813d.jpg
IMG_2700_20180915212726a20.jpg
IMG_2706.jpg
IMG_2714_20180915212749bfa.jpg
IMG_2725_20180915212800242.jpg
IMG_2732.jpg

下のほうに両側にぎゃく三角に緑の衣が見えますか?
これが出し衣です
肩脱ぎしちゃいます。
IMG_2735.jpg
IMG_2742_20180915212832005.jpg
IMG_2749.jpg
DSC_0090.jpg
DSC_0094.jpg
DSC_0106_20180915212912b2e.jpg
DSC_0115.jpg
DSC_0117.jpg
DSC_0127.jpg
DSC_0127_20180915212957b2f.jpg
DSC_0129.jpg

上からの下賜品を手に
扇を手に
紅葉を手に
胡床に座ったり
美しいことこのうえなし~~~~
扇で煽いだり~~~
扇で拍子をとってみたり
文を手にしたり
酒を飲んで干果物をつまんでみたりと・・・・・

やりたい放題
片脱ぎして舞踏します。

脇息かわりの胡床でまどろんでみる感じ~~~

しとげなし~~~~~はぁ~~~~~

いつもムチャばかりお願いしている黒田装束店さんには感謝です。


次回は赤色・できれば恥ずかしいっですが外出??もかも失礼しました。

テーマ : *コスプレ*
ジャンル : サブカル

2018-09-14

パリの名残第三弾「バター食べ比べ」

5月に持ち帰ったバターの消費がようやく終わり食べ比べ終了

紹介は味の濃厚な物から軽い物の順で表記
美味しい順ではありません。

①BIOバターBIURRE CRU DE VACHE JERSIAIISE  DUOX
無塩 
色からして濃厚そうでも色は食べた牧草によって違いのだそうで味には影響ないとのこと
じゅわ~~~~と濃厚なバターがトースターにIN
地元n愛されているだけに濃いお味です。
IMG_2313 (1)
IMG_2314 (1)


②LE BEURRE BOREDIER YUZU
現地の三ツ星レストランでも人気のあるボルディエのバターのゆず味
そりゃ美味しい~~~わりと濃い味のバターだけどゆずをじゃましていないほどようい濃さ好き
IMG_2340 (1)
IMG_2342 (1)

③同じく 
A LA VANLLA DE MADAGASKACAR
IMG_2532 (1)
IMG_2533 (1)

貴重なマダガスカル産のバニラを贅沢に使用したバター
こんがり焼けたトーストに甘いバニラの香りが贅沢絶対お勧めの一品です。大好き

④ECHIRE DEMI SEL
ご存知エシレバター日本でも高級バターと名のしれた一品
上品な濃さに軽い切れ味なるほど定番の人気の味
IMG_2628_20180914085439303.jpg
IMG_2629_20180914085455a39.jpg

⑤BEILLEVAIRE DEMI SEL
IMG_2388_20180914090114612.jpg
IMG_2389_20180914090123e78.jpg

こちらも日本進出中のメユヴェールです。案外軽いバターなのでびっくり、固まりでトーストに乗せて食べられます。

⑥CHARNTES POITOU DEMI
IMG_2404_20180914090135dca.jpg
IMG_2405.jpg
スーパーで購入したバター やはり軽いこれも固まりでがっと食べられる。

⑦LSIGINY DSTE MERE BIO DOUX
IMG_2530_20180914090738243.jpg
IMG_2531_201809140907457a1.jpg

大手メーカーのシズリーBIOを購入してみました。
これも意外とあっさりしています。

やはり農産国フランスとてもおいしいバターは価格も良心的
トランクがいっぱいになったといえもっと買ってくればよかった。一年もたず無念です。

テーマ : 美味しくて、オススメ!
ジャンル : グルメ

フリーエリア

プロフィール

mai syonagon

Author:mai syonagon
京都好き、歴史好き、ショッピング好き、温泉好き、グルメ好き。
凝り性な乙女座、A型、金星人、六白金星なわたしです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
宮仕え中につきお願い
宮中出仕中につき、更新は不定期となります。ご理解ください。 又、過去の記事を記載している為に掲載している季節と月日が合っていません。 季節は題名、カテゴリー別の方を優先し、過去分の月日は無視してください。
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ